30代の働き方

【実証済み】30代で仕事が「できない」から「できる」人になる方法

どうも、複業家のラルク(@raruku_hataraku)です。

30代 会社員
30代 会社員
30代にもなって全然仕事がうまくできないんだけど、今更仕事ができる人間になっていくのは無理かなぁ...。「仕事ができない人」から「仕事ができる人」になるコツってあるのかな?」

今回は、こんな疑問にお答えしていきます。

本記事の内容

・仕事ができない人の根本的理由の説明

・30代で「仕事ができない人」から「仕事ができる人」になるための方法

・30代で「ダメ会社員」から「優秀な会社員」になり信頼を得る方法

僕は昔仕事ができない、ただのしがないフラワーアーティストでした。


(※詳しいプロフィールはこちらを見てください。)

今だからこそ思いますが、「30代になった今こそ仕事ができる人間になっておけば将来的に安心」ということです。

そこで今回は「仕事ができない人からできる人になる方法」を、とてもわかりやすく解説していこうと思います。

30代で仕事ができない人は20代の頃の僕みたいな人

僕は正直、仕事ができない典型的なサラリーマンでした。

何をやってもミスはするし、すぐに自分が思ったような行動を起こしてしまって、上司から嫌われるような人間になってしまっていたのです。

そんな僕は、以下のようなことばかり考えていました。

  • 自分のミスを認めず、会社のせいでミスをしたと思っていた
  • 仕事が進まないことをいいことに、会社仲間に仕事を渡していた
  • 自分が仕事ができないことに何の悪びれも感じていなかった
  • 何がダメなのかを見極めようとせず、放置したままにしていた
  • 自分はダメなんだとマイナスに考え、落ち込んでばかりだった
  • 上司に怒られているときに「なんで俺ばっかり。。。」と感じていた
  • 後輩に向かって残業を要求し自分だけ先に帰っていた
  • ただただ支持を待ち続ける毎日
マリア
マリア
もし30代でもこんなふうに思っていたら、そりゃあ成長しないわよね。

仕事ができない人の典型的な例なのが、「自分はダメなんだ。」とマイナスに考えてしまうこと。しかしマイナスに考えて落ち込んだところで事態は改善していきません。

このまま30代後半となり40代ともなると、「仕事ができない人」から「会社にとって不必要な人」へと変わっていってしまうでしょう。

30代の僕が仕事が「できない」から「できる」に変わった理由

ラルク
ラルク
このままではダメだ!何か対策をうたなくてはいけない!

僕が30手前になろうとしていた頃、まさに今の「仕事ができない」という状況を打破するべく、まずはできない今の状態を変えよう!」という気持ちを持つことから始めていったのです。

結論を言うと、僕が「できない」から「できる」人間に変わっていった大きな要因は、たったこれだけのことです。

対処法を知る前に、「本気で変わりたい!変えたい!」という気持ちを持つこと!

よく似たような記事で多いのが、「仕事ができないことへの対処法は~です。」「仕事ができないならこのように対処しましょう。」などの記事を見ることがあるでしょう。

しかし結構な確率で多いのが、対処法だけ書いていてその後は「自分で頑張ってくださいね。」という投げやりな記事があるということ。

もちろん対処法としては素晴らしいものもありますが、最初の時点で「本気で変わりたい」という気持ちを持っていないと、それらの情報は宝の持ち腐れになってしまうのです。

なので僕はここで見ている人に選択肢を与えます。

  1. 30代で仕事ができないという状況を、いち早くどうにかしたい
  2. 特に焦ってもいないし、ある程度仕事ができるための方法が分かればいいや

もし➀を選んだ方は、ぜひこのまま読み進めてみてください。

もし②を選んだ人は、他のサイトでも十分できる方法について学ぶことができるので、「戻る」ボタンを押してください。

それぐらい覚悟を持った人に向けて、「仕事ができない人におすすめの対策方法」を次の項目でお送りしていきます。

仕事ができないなら変えればいい!30代におすすめの対策法

さてここでさらに分岐点が分かれます。
あなたはどちらですか?

  1. 仕事ができない人
  2. 仕事ができない人を変えてあげたい人(上司など)

この記事を見ている人の中には、「30代の自分が仕事ができない状況をどうにかしたい!」という人と、「職場に30代にも関わらず、仕事ができない人をどうにかしたい」と考えている人がいるでしょう。

なので自分にとってどちらを見るべきかをここでも見極めてくださいね。では改めて、以下に対策方法を明記していきます。

1.30代で仕事ができないと自覚している人の場合

30代で仕事ができないと自覚している人は、以下のことを試してみましょう。

自分がなぜミスをするのかを見返す

仕事ができない人はミスを見返さない場合がほとんどです。自分のミスを認め、改めてなぜミスをしているのかを見返していくことが大切になります。

これはどんな些細なことでも構いません。「ミスを受け止め改善する」という行為が非常に大切なのです。

自分の強みを探していく

仕事ができない人でも、何かしらの強みは必ず持っているはずです。例えばスキル面だけでなく「一緒にいると楽しい」「細かい所に気づく」「資料に少しでも違和感があったら手直しをする」などでも、十分強みになってきます。

何より大切なのは、できない仕事が多いことに嘆くのではなく、自分ができる仕事もあると感じることが重要なのです

自分の強みが伸びれば自身へと繋がり、今までできなかった仕事もできるようになっていくのです

常に仕事に向き合いスキル向上に励む

「仕事ができない」のではなく「仕事に向き合いたくない」という言い訳をしている人がよくいます。なのでまずは今の与えられた仕事に向き合い、スキル向上に励む必要があるでしょう。

仕事に向き合わない限りは、いつまでたっても仕事ができない人間のままで終わってしまうでしょう。

上司に何を改善していくべきか質問していく

よく上司に怒られた時に、そのまま怒られたまま終わってしまうという人が多数存在します。しかし怒っているということは、構ってくれている証拠。上司がかまってくれなくなったら、それこそ会社でいる存在意義を見失ってしまうでしょう。

なのでもし上司に怒られた場合は、何を改善していくべきかのアドバイスをもらうのがコツです。上司も相談されて嫌な気持ちになることはないので、快く質問の回答をくれることでしょう。

自分でもできる仕事がある職場に転職する

仕事ができないというの中には、そもそも自分のスキルが職場に合っていないというパターンが多いのです。(実際に僕がまさにこれでした。)

なので余計なことを考えずに、転職しましょう!

ただし自分のスキルを見極めて、何が得意かを判断してから辞めることをおすすめします。さらに転職ではなくフリーランスという手段もあるので検討してみてはいかがでしょうか。

2.30代にもなって仕事ができない人を変えたい人の場合

次に30代の仕事ができない人を変えたいと考えている人がすべき対策を紹介していきます。こちらはいたってシンプルなので、ぜひ参考にしてみてください。

社員みんなの前で怒らない

30代で仕事ができない人というのは、仕事ができないことを理解はしているがプライドが高く認めきれない人がいるのです。しかしそんな状態の人を社員みんなの前で怒ってしまうと、逆上を与える結果となってしまいます。

なのでもし怒るとしても、別の部屋に通してなぜできなかったかの理由を聞いていきましょう。

周りからの評価を直接伝える

仕事ができない人の中には、特に仕事ができないと感じていないのがやっかいなところですね。自己評価が甘く、自分は仕事ができると勘違いをしているところがあります。

そんな人に効果的なのは、他己評価です。

ただ中には他己評価を受け入れない人もいるので、分かりやすいアンケート結果を渡して本人に渡していくのが一番効果的でしょう。

まとめ|仕事が「できない」から「できる」30代になろう

30代で仕事ができない人の中には、「自分なんて・・・。」と感じている人も多いことでしょう。しかし一番大切なのは、本当に変わりたいのという気持ちが大切になってきます。

この気持ちを見つけていかない限り、いつまでたっても「仕事ができない人」というレッテルを貼られたままになってしまいます。ぜひ仕事が「できない」から「できる」人になって、周りから信頼される人物になっていきましょう。