30代の働き方

30代は仕事の悩みがつきない【男性・女性が抱える悩みと解決法】

こんにちは、働き方アドバイザーのラルクです。

30代ともなると仕事にも慣れてくる頃でしょうが、中には仕事の悩みを抱えたまま毎日働いているという人もいるのではないでしょうか?

今となってはほぼ悩みはない僕ですが、実際僕も30代なりたての頃はよく仕事のことで悩んでいました。30ちょうどの時はフリーランスになりたての頃なので、サラリーマンとフリーランスと両方の仕事の悩みはよくわかります。

ただずっと仕事の悩みを抱えたまま過ごしていくと、ストレスなどを溜めこんでしまいプライベートにおいても精神的にも疲れてしまうことが多いんです。

人それぞれ悩みは異なるもの。
そんな30代の仕事をする男女によくある悩みの種類と、僕がどのようにして悩みを解決していったか具体的にお話していきます。

※5~6分ぐらいで読めるものなので、ぜひ気軽に読んでみてください。

30代が抱える仕事の悩みと解決方法【男女共通】

給料が安い

30代が抱える仕事の悩みと解決方法【男女共通】

30代ともなると20代の頃より仕事にも慣れてきてプライベートに余裕を持てる頃なので、様々なことにお金を使いたいという気持ちになることでしょう。

でもそんな中給料が昔と変わらず昇給がなかった場合、「将来的に大丈夫なのだろうか?」などを考えて頭を抱えてしまいがちです。

ラルク
ラルク
ちなみに僕の30代になっての最低月収は5万円です。フリーランスになりたての頃は正直きつかったですね。。。

▼以下はTwitter内であげている仕事の悩みになります。

企業に勤めるかフリーランスになるかでも給料は変わってくるので、多くの人の悩みの種であることは間違いないでしょう。

解決方法

結論として、給料が安いという悩みを解決するには以下の方法が効果的です。

  • 自分の価値を上げる
  • 企業に貢献して実績をつける

まずは自分の価値をあげていき、企業から依頼されるような存在になっていけば自ずと給料は上がっていきます。

時給計算にすると分かりやすいのですが、今までの自分の価値が1時間1,000円だったのなら、時給を2倍の2,000円になるように行動していけば問題ありません。

さらに企業に勤めているなら、企業に貢献していき実績を積み上げていきましょう。給料は何も業績だけでなく、周りからの評価も大事だったりしますよ。

ちなみに自分の価値を上げたいという方は、以下のサイトが読みやすいので参考にどうぞ。(⇒参考:自分の価値を上げるために、社会人が覚えておくべき「5つのコト」

部下が思ったように育たない

部下が思ったように育たない

30代にもなると部下ができて、育成やマネジメントを行っていく人が増えてくることでしょう。

しかし営業トップの成績を持っていたとしても、中には人に教える能力がなくうまく育たないという意見をよく聞きます。

実際に人事採用のコンサルを行っていた時も、よく相談を受けたのが「部下を育てる方法」だったのです。

さらに20代と30代とでは世代が異なるので、話がかみ合わないということが多々あるとのこと。どのジャンルにおいても部下が思ったように育たないというのは、30代特有の悩みと言えるでしょう。

解決方法

結論として、解決方法は以下の通りです。

  • 部下とのコミュニケーションを密に取る
  • 部下が抱えている悩みの解決策を一緒に考える
  • 褒めるときはみんなの前で。叱るときは2人きりで。

まずは部下とのコミュニケーションを取っていく必要があります。
なぜなら部下が育たないのは、お互いの意思疎通が図れておらず部下が抱えている悩みであったり状況であったりを理解できていないことがほとんどだからです。

まずはお互いにコミュニケーションを取っていき、仕事のことで悩んでいる部下の相談にのってみてはいかがでしょうか。

ただ実際に相談にのっていったあとに、対策が練れたら全力で褒めてあげることも重要です。

ラルク
ラルク
今どきの若い子は、とにかく褒めてあげること。褒められると成績が伸びるっていうのは実際にあるからね。

ただしもし部下がミスをしたときは、みんなの前で叱るのだけはやめておきましょう。醜態をさらしてしまったと感じてしまい、その後もミスが続いてしまうことがあるからです。

ミスを指摘する際には、2人きりになりなぜミスをしたかを一緒に考えてあげれば、部下から信頼されること間違いありません。

ちなみにもしゆとり世代でもある部下とコミュニケーションを取りたいなら、以下のサイトが読みやすいのでおススメですよ。
⇒参考:部下とのコミュニケーションの取り方|ゆとり世代の特徴と育成のコツ

出世が他の同期に比べて遅い

出世が他の同期に比べて遅い

一緒に会社に入った同期の中で、自分だけが出世が遅れてしまっているということはありませんか?

  • 「自分だけなんで出世できないんだろう」
  • 「もしかして会社に嫌われているのかな」

僕もサラリーマン時代、こんな風に感じていたものです。

ただ出世できない理由は自分では分からず、常に頭の中にもやもやした気持ちだけが残っています。

プライドが高い人だと同期にも相談することも恥ずかしいと感じてしまい、1人で抱え込みがちになってしまうんですよね。

解決方法

そんな出世できない人にはある共通点があります。

結論として解決方法は、

  • 自分の上司や他の出世している人のまねをする
  • 企業に貢献するための行動をとる

この2つに限ります。

今の上司や出世している人は、ただ何もせず出世していったわけではありません。

まずは普段の行動から言動、周りへの配慮などまねできる部分は徹底的にまねしてみましょう。

そして出世するための普段の行動が分かってきたら、その後は企業のために何ができるかを考えていく必要があります。

ラルク
ラルク
企業のことを愛しているか。仕事を愛しているか。。。

企業のことを本気で好きなら、自然と行動していくことができるでしょう。

もし上司のマネをして出世をしていきたいと考えた方がいたなら、以下のサイトが読みやすいのでおススメです。
⇒参考:【新社会人・会社員】上司の真似で出世する方法とは!?【必見】

人間関係がうまくいっていない

人間関係がうまくいっていない

仕事はうまくいっていなくても、人間関係がうまくいっていないことによって頭を悩ませる、という人も後を絶ちません。

実際相談を受けることが多いのが、「人間関係が上手くいかない」という相談を受けることが多々あります。

これは上司だけでなく同期や後輩などとの人間関係もあてはまり、仲良くできないことから仕事への支障もきたしてしまうことがあるのです。

本当なら仲良くしたいのに、なかなかうまくいかない。
人にはそれぞれ相性があるので、致し方ありませんね。。。

解決方法

そんな人間関係における悩みの解決方法は以下の通りです。

  • 相手を知ろうと努力する
  • 全員と仲良くなろうと思わない

よく人間関係が上手くいかない人は、相手のことをよくしろうとせず嫌う傾向にあります。

ラルク
ラルク
しかしそれではいつまでたっても仲良くなれません。

少しでも人間関係を良くしていきたいと考えるなら、まずは相手のことを知ろうとする努力が大切になってくるのです。

ただし何も全員を好きになる必要はありません。
企業に勤めていると上司と仲良くなっておくべきと考えるでしょうが、本当に好きになれない人は社交辞令として仲良くする感覚でOKです。

人間関係における悩みを消していく方法なので、無理に仲良くしてストレスを溜めても意味がないのです。

もし職場の人間関係に悩みを持っている方は、以下のサイトが参考になると思うので参考にどうぞ。
⇒参考:「職場の人間関係・改善術」苦しみ続けた私に効果があった24の方法

上司からのパワハラや強制過剰労働

上司からのパワハラや強制過剰労働

仕事をしていく上で最も問題視されているのが、上司からのパワハラや強制的に行われる過剰労働ではないでしょうか?

今となっては労働基準法が定められたのでパワハラや長時間の残業は減ってきたものの、まだまだブラック企業は存在します。

執拗なパワハラや残業を強制させられたりすることで、過剰なストレスと疲労がたまっていき悩みを抱えてしまうのです。

ラルク
ラルク
実際に上司のパワハラは今でも問題視されているよね

こればかりは企業で仕事をしていくにあたって、必ず通る道といっても過言ではないでしょう。

解決方法

この解決方法はいたってシンプルです。

  • 労働組合に相談する
  • 社長に相談する
  • 会社を辞める

まず労働組合にどれだけ過剰労働をしているかを訴えましょう。

労働基準法に従って仕事量をおさえなくてはいけないので、無理やり残業させられるのは違反となってしまいます。なのでしっかりと残業の記録などを残しておき、いつでも訴えれる準備をしておきましょう。

もし労働組合に連絡をしようと思ったら、以下の日本労働組合総合連合会の「なんでも労働相談ホットライン」に電話すればOKです。
⇒参考:連合|労働相談

そしてパワハラに関しては社長に直談判するのが最も手っ取り早いです。

ラルク
ラルク
実際に僕も社長に直談判して解決したことがあるよ!

何より動き出さないことにはこの負の連鎖は収まりません。

もしここまでのことをしてみて特に変化がなかったら、いっそのこと会社を辞めるという方法も選ぶ必要があるでしょう。

仕事が楽しくないなら会社を辞めるのもアリ|楽しく仕事をする働き方
仕事が楽しくないなら会社を辞めるのもアリ|楽しく仕事をする働き方仕事をしていても、毎日が楽しくないと感じてしまうことはありませんか?本記事では、仕事が楽しくない理由や仕事をいっそ辞めたほうがいい理由を解説しつつ、毎日を楽しく過ごすための3つの選択肢を用意しました。仕事が楽しくないと感じている人は、ぜひご覧ください。...

結婚からの子育てと仕事との両立

結婚からの子育てと仕事との両立

これは女性に当てはまることだと考える人が多いですが、近年は男性にも当てはまる項目となってきました。

最近の傾向として共働き世代が圧倒的に増えてきており、主夫として家に残る男性も増えてきたのです。

そんな中で

  • 「子育てしながらでも仕事をしていきたい」
  • 「子育てが終わっても社会復帰できるか心配」

などの悩みを抱える人が増えてきたのです。

昔では旦那が家にいるということがあり得なかったですが、それだけ子供を育てていくことへの概念が変化してきた証拠ですね。

解決方法

この解決方法もいたってシンプルです。

  • 在宅でも仕事ができるスキルを身につけておく
  • 子育てに寛容な会社に就職・転職する

今後は個々のスキルによって、仕事の幅が大きく広がっていきます。

副業解禁となった今となっては、在宅で仕事をしていくことができるようになっているので、今のうちに少しでもスキルを身につけておくと良いでしょう。

さらに社会復帰した際にも、すぐに自分の居場所がある企業に勤めるのもいいですね。子育てに寛容な企業こそ今後は従業員から愛されることが多いのは、事例が出て分かっています。

例えばサイボウズなどの「100人100通りの働き方」という取り組みがいい例です。
⇒参考:初公開! サイボウズの自由すぎる働き方はこんなやり方で管理されていた

このような企業に勤めれば、安心して子育てをしていくことができますね。

※ちなみに以下には在宅ワークに関する記事をまとめていますので、もしよければ参考にどうぞ。

【必見】リモートワークという働き方の今後は?職種別導入事例を紹介リモートワークという働き方が近年増加傾向になっていることはご存知でしょうか?働き方が多様化してきている現代において、家で仕事をしていくということは育休をしたい主婦や、家で仕事をしていきたい人にとってありがたい働き方です。今回はそんなリモートワークの今後や実際に導入している企業や職種について解説していきます。...

自分のしたい仕事が分からない

自分のしたい仕事が分からない

30代ともなると仕事をしていく中で、「今している仕事が本当にしたい仕事なのか?」という疑問を抱くようになっていきます。

当たり前のようにしている仕事でも、もしかしたら他にも自分に合った仕事があるのではないかと考えてしまうのです。

ラルク
ラルク
僕もこの悩みに行きついて、「理想的な働き方は何か?」という部分を考えるようになったんだ。

これは30代特有で、さらに転職経験のない人に起こりがちな悩みになります。

人生は100年時代と言われている中で、残りの人生をすべて同じ企業にささげていくというのはなかなか考えものです。

解決方法

この悩みを解決するには、以下の解決方法が一番ですね。

  • 転職する
  • 自分の価値観を知る
  • 自分の将来的なビジョンを知る
  • 天職を見つける

自分のしたい仕事が分からないという人は、まだ自分の理想となる仕事を見つけ切れていない可能性が高いです。

ただ1つだけ言えるのが、1つの企業で自分がしたい仕事が分かることなんてありえません。

なぜなら今となっては仕事は星の数ほどあるといわれているのに、たった1つの企業で自分が本当にしたい仕事なんて分かるはずないからです。

もし本当に自分がしたい仕事が見つからないということなら、
転職をして探していくのもよし。
働きながら、自分の価値観や将来的なビジョンを想像するもよし。
自分の天職を探すもよし。

まずは自分のしていきたいことを見つけていくところから始めてみてはいかがでしょうか?

※ちなみに天職の探し方に関する記事を以下にまとめていますので、参考にどうぞ。

|1つの成功体験と周りからの声で天職は分かる
天職の見つけ方は2つ|1つの成功体験と周りからの声で天職は分かる天職の見つけ方が分からないという方はいませんか?本記事では、天職の見つけ方を2つ紹介しつつ、天職を見つけるための行動の仕方についてまとめました。自分に合った天職の見つけ方を知りたいという人は、ぜひ参考にしてみてください。...

30代男性の僕が仕事に対する悩みを無くした話

30代男性の僕が仕事に対する悩みを無くした話

ここまでの話をまとめると、悩みとは「行動を起こせば解決できる」という結論になります。

しかしほとんどの人は、なかなか行動に移せないのではないでしょうか?

ラルク
ラルク
なぜなら今まで行動に移せれなかった分、どうしても新しい行動を起こしていくのは困難なものですよね。

ただ1つ言えるのは、行動とはある1つの気づきで簡単に行動を移せることが可能です。「そんなこと無理だよ!」と言う人もいるでしょうが、これにははっきりできると言い切れる確固たる理由があります。

それは今となっては積極的に行動を起こしてきている僕が、まさに行動に移せれない人間だったからです。

30代になるとなかなか行動が移せれないもの

ラルク
ラルク
僕も昔は仕事をしていくにあたって、悩みを常に持っている人間でした。

ただこのままではいけないと感じ、僕は「そもそも悩みとは何か?」「仕事に対して悩みを持つのはなぜか?」と自問自答をしていったのです。

そして1つの結論として、「僕は周りの目ばかりを気にしている」という結論に至ったのです。

  • 給料が低いのも
  • 昇進できなくて悩んでいるのも
  • 人間関係がうまくいかなくて悩んでいるのも
  • パワハラを受けても何も言い返せなかったことも
  • 自分のしたい仕事が見つからないのも

すべて行動に移して解決方法を探していれば何ら問題なかったのに、周りの目を気にして動けなかったのです。
行動を起こしても、「もし失敗したら」「もし何か言われたら」「もし周りから何か言われたら」などの声を気にしていたのです。

ただ周りは言うほど自分のことを見ていない

ラルク
ラルク
しかしそんな風に思っているのは自分だけ。周りは誰も僕のことを見ていないから悩みを持つ必要なんかない!

そう思ったんです。

そして誰も見ていないという思い込みのまま、現在に至ります。
まさに自分をだましていますね。

でもそんなものです。
誰も自分のことを見ていませんし、逆に自分のことしか興味がないものだったりします。

ラルク
ラルク
以下はサッカーで有名な本田圭佑さんの名言です。

何で他人が俺の進む道を決めんねん、自分の道は自分で決める。

引用元:本田圭佑の名言【何で他人が俺の進む道を決めんねん、自分の道は自分で決める。】

自分の道は自分で決める。
いい言葉ですね。

なのでまずは、周りの目を気にせず自分が思うがままに仕事に対する悩みを解決していってみてはいかがでしょうか。

あまりにも仕事の悩みが強い人は転職したほうがいい

ちなみにあまりにも仕事の悩みが強すぎて、毎日頭を抱えているようでしたら今の職場に合っていない可能性が高いのでさっさと転職したほうがマシです。

「転職」という1つの行動は、大きな一歩となります。
自分が思うままに行動してみませんか?

以下には実際に僕が活用した中でも使い勝手のいい転職サイトを用意しました。すべて無料で登録可能なので、まずは一歩踏み出してみましょう。

ちなみに「後で動き出せばいいや」と考えている人ほど、転職に向けての具体的な行動をしません。(実際に僕がそうだったので。。。)

もし本記事を見て「仕事に悩み続ける毎日を変えたい!」と感じたなら、転職サイトを利用して自分の悩みを解決できる場所へ転職するのも1つの方法ですよ。

まとめ|30代の男女は仕事の悩みを早めに解決すべき

30代の男女は仕事の悩みを早めに解決すべき

30代の仕事における悩みとは、なかなか解決できないという人もいますが、僕はそうは思いません。

仕事の悩みとはつきものでしょうが、問題はその悩みと真摯に向き合うかが問われるのです。

まずは今の悩みが何かをしっかりと理解し、悩みを解決する方法を実証していくことをおすすめします。