30代の働き方

【30代で身につけたいスキル5選】転職や独立に役立つ能力を紹介!

【30代の必須スキル5選】転職や独立に役立つ能力を紹介!

こんにちは、働き方アドバイザーのラルク(@raruku_hataraku)です。

転職を考えてるんですが、30代の僕に必要なスキルってなんですか?やっぱり技術的スキルとか持っていないと厳しいのかな。。。

今回は、こんな疑問にお答えしていこうと思います。

本記事を見て分かること
  • 30代で身につけたいスキル5選
  • 技術的スキル以外の30代に求められる必須スキル
  • 転職や独立でも役立つスキル

5回ほど転職を経験して、今となっては独立し6社と契約を交わしている僕は、30代手前でまったく技術的スキルを持ち合わせていない状態でした。
(詳しくは”【転職話】30代『スキルなし・資格なし』でも転職できた時の体験談“に詳しく書いているので、お時間あるときにご覧ください。)

技術的スキル一例

  • TOEIC
  • プログラミングスキル
  • Webデザインスキル
  • FP
  • 簿記
    etc.

ただ転職や独立の両方を経験している僕だから言えるのですが、特に技術的なスキルを持っていなくても、転職や独立は成功する可能性が十分にあると感じたのです。

なぜなら企業側が30代の働く人に求めているのは、何も技術的スキルだけではないからになります。

ラルク
ラルク
もちろん技術的スキルを持っているに越したことはないですよ!

確かに技術的スキルも、面接や企業への自分のことをアピールする時に大変役立つスキルになります。

ただ企業側は、技術的スキルと同じように「30代の働く人が必ず持っていてほしいスキル」を求めていることが多い、ということに気づいたのです。

そこで本記事では、技術的スキルとは違った「30代の働く人が必ず持っていてほしいスキル5選」を紹介していきます。

これから転職や独立を考えている30代の方は、ぜひ役立てくれれば幸いです。

30代で身につけたいスキル5選

30代の転職や独立に役立つ必須スキル5選

30代ともなると、20代のころと比べて違ったスキルが求められるようになります。

具体的には以下の能力が必須です。

  1. コミュニケーション能力
  2. 管理能力(マネジメント能力)
  3. 即戦力で活躍できる能力
  4. リーダーシップ能力
  5. 自律性能力

30代の転職や独立を考えている人が持っておくべき、必須スキルとなります。
これだけ集まっていれば、転職にも独立時にも役立つはずです。

ではなぜこの5つなのか?
それぞれ具体的に見ていきましょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力

コミュニケーションとは、仕事をしていく上で必ず必須となる能力となります。
残念ながらコミュニケーション能力がない人とは、相手との意思疎通が取れないということになるので、転職や独立の時に失敗してしまう原因になりがちです。

仕事とは1人で行うものではなく、多人数で行うもの。
そんな時に

  • 自分が何の仕事をしているのか
  • 相手にどんな仕事をお願いしたいのか
  • 相手の意見をちゃんと聞いているのか

などを的確に伝えないと、仕事が効率的に進めることができず、みんなに迷惑をかけてしまう結果になるのです。

いくら優秀な技術的スキルを持っていたとしても、相手に自分が言いたいことや相手の意見を聞き入れる能力がないと、転職や独立は成功しません。

人と関わりのある仕事をしていくにあたって、最低限必要なスキルとも言えるので、しっかりと覚えておくとよいでしょう。

ちなみにコミュニケーション能力を向上させたいと考えるなら、以下の記事が読みやすかったので、参考にどうぞ。
⇒参考:コミュニケーション能力を向上させる簡単な4つの方法とは?

管理能力(マネジメント能力)

管理能力(マネジメント能力)

管理能力(マネジメント能力)とは、仕事の管理や部下たちの管理をしていく際に必要な能力です。

例えば、30代ともなると今まで仕事の経験が豊富とあって、転職をしてもいつかは管理職を任されることが増えてきます。
そして部下や自分のチームができたときに、それぞれの進捗管理や目標管理、人材管理が求められるのです。

今までにマネジメント経験がある人は、新しい社員を次々に入れて規模を大きくしていきたい企業において、必要不可欠な人材と言えるでしょう。

ラルク
ラルク
さらに言うと、独立時にも管理能力は必須です。

独立したとき、管理するのは仕事や仕事仲間だけでなく、自分の管理(自己管理)も必須となります。

例えば体調管理や時間管理、仕事の調整管理などが独立した際には求められるのです。

転職は採用されるかどうかの戦いですが、独立とは自分との戦いでもあります。
まずは今までの経験から、どんなマネジメント管理を行ってきたかを洗い出してみましょう。

ちなみにマネジメント能力を高めたい方は、以下の記事が分かりやすかったので参考にどうぞ。
⇒参考:マネジメント能力とは?構成スキルや向上させるための方法を解説

即戦力で活躍できる能力

即戦力で活躍できる能力

企業が転職希望者を求めるときや、新しい人に仕事を依頼したいと考えるときは即戦力となる人材を求めます。

そうなった時に30代とは経験が豊富とあって、20代の人より採用されやすい傾向にあるのです。

しかし即戦力として活躍できないという人は、企業側から見向きもされないことが多く、書類選考の時点で落とされてしまうことがあります。

例えばWeb系の会社にて、新しいプログラマーを求めている場合

  1. パソコンは初心者だけど、企業のことが大好きでやる気だけはある30代
  2. パソコンは毎日のようにさわっていて、2年間ほどプログラミング経験がある30代

少し極端ではありますが、2つを見比べたときに企業側が採用したいのは、明らかに後者と言えるでしょう。

それだけ、30代において即戦力で活躍できる能力は必須なのです。

なのでもしこれから転職や独立を考えている人は、今までどんな経験をしてきて、どんな分野で即戦力として活躍できるかを割り出しておくとよいでしょう。

ちなみに即戦力人材に関する分かりやすい記事があったので共有します。参考にどうぞ。
⇒参考:30代から40代の即戦力人材が求めていることは?【前編】

リーダーシップ能力

リーダーシップ能力

リーダーシップ能力とは、管理能力(マネジメント能力)と似ている部分があります。

企業側は転職希望者でもある30代には、今までの経験や実績から若手を引っ張ってくれるリーダーをいつかは務めてほしいと考えています。

なぜなら若手社員において30代というのは、人生の先輩でもありながら今後の目標になりうる存在でもあるからです。
まったくリーダーシップがない人だと、若手社員は落胆し、誰も一緒に仕事をしたいと思わないでしょう。

  • 若手に対して的確なるアドバイスをしてくれるのか
  • チームをまとめられるだけの能力があるのか
  • 一緒に働くメンバーのモチベーションを上げることができるのか
ラルク
ラルク
リーダーシップを発揮していくことで、周りから信頼をされ評価は高くなっていきます。

なので30代転職希望者は面接のとき、独立希望者は営業で自分をアピールするとき、過去にどんなことをしてきたのかを伝えていくとよいでしょう。

ちなみにリーダーシップ能力を高めたい方は、以下の記事が分かりやすかったので参考にどうぞ。
⇒参考:リーダーシップとは~組織を高め導くリーダーに必要な3つの能力とスキル

自律性能力

自律性能力

自律性能力とは、自分から行動していき結果を出していく能力となります。

仕事をしていくにあたって、指示待ち人間ではいつまでたっても成長は見込めません。
転職の時に採用する企業側からしても、まったく行動しない人や工夫などをおこわない人は採用したいと思わないはずです。

  • 常に提案する能力があるか
  • 自分の頭で考えるクセがあるか
  • 自らが積極的に行動できるか

これらの自律性が30代には必須スキルと言えます。

もし自分から行動しないという人は、自ら考え何をしていけばいいのかを考えるクセ付けをしていくとよいでしょう。

ちなみに自律性能力を高めたい方は、以下の記事が分かりやすかったので参考にどうぞ。
⇒参考:自律性を高めるために—「思考を助ける」というコーチの役割

30代は2種類のスキルを身につけよう

30代は2種類のスキルを取得しておこう

ここまで紹介したのは、企業側が30代に求めている必須スキルになります。
ただ5つのスキルを取得したからと言って、転職や独立が上手くいくといったらそうではありません。

僕が思うに、30代が持っておくべきスキルとは

  • 技術的スキル(30代じゃなくても持っておきたい専門スキル)
  • 企業側が求めているスキル(働く30代に必要な必須スキル)

この2種類のスキルに分かれると考えます。

技術的スキルは人によって必要・不必要なスキルがある

企業によっては募集欄に「TOEIC700点以上保有者」「簿記検定1級保有者優遇」「プログラミング経験者必須」などを書いていることと思います。

もし30代が転職をしようと考えたり独立をしていこうと思ったときに、関係のない技術的スキルも持っていた人は、いくら優秀な経歴を持っていても見向きもされないでしょう。

マルもくん
マルもくん
技術がない30代が転職をしたり独立をしようと思うと、結構厳しいんだね。

なので自分が興味がある技術的スキルを身につけた状態で、転職活動や独立に向けての準備をしていかなくては、成功を収めることは難しいと言えるのです。

重要なのは、どんな技術的スキルを身につけるかどうか。
将来性がないスキルを身につけてしまっては、時間の無駄になってしまいます。

スキルの取得は計画的に

企業に求められるスキルと一緒に、技術的スキルを身につけようと考えたときは、必ず「今後の自分にとって必要だと思うスキル」を身につけておきましょう。

どんな分野に進みたいのか。
将来的にどんな仕事をしてみたいのか。

ラルク
ラルク
目標を明確にしてゴール設定をすれば、必要なスキルが見つかりやすいですよ。

30代の方は20代に比べて転職や独立が難しいと言われているので、しっかりと必要なスキルを明確化していくことをおススメします。

※また以下には、転職や独立に向けて動きたいと考える30代の方に向けて記事をまとめてみました。こちらも参考にどうぞ

30代の独立・転職はチャンス!男性・女性にもオススメする理由8選
30代の独立・転職はチャンス!男性・女性にもオススメする理由8選30代で独立か転職を選ぶのはチャンスだということを知ってますか?本記事では、30代の男性・女性が独立や転職すべきおすすめ理由の紹介とともに、どんな人が独立や転職を選ぶかをまとめています。転職や独立を考えている30代の男性女性は、ぜひ参考にそうぞ。...

30代は技術的スキルと企業が求めるスキルが必須

30代は技術的スキルと企業が求めるスキルが必須
本記事のまとめ
  • 30代で身につけたいスキルは5つの必須スキル
  • 30代は技術的スキルと企業が求めるスキルを身につけるべし
  • 将来性を考えて技術的スキルを身につけると効率的

あくまで今回お話したスキルは、30代が持っておくべき「企業が求める最低限必要なスキル」となります。

技術的スキルとなると、職種や将来やりたいことによって内容が変わってくるはずです。
なので

  • 技術的スキル
    ⇒将来を見通して必要だと思うスキル
  • 企業が30代に求めるスキル
    ⇒30代が必ず身につけておくべきスキル

このように分けて、今必要だと思うスキルを優先的に身につけてみてはいかがでしょうか。

ちなみに以下の記事には、フリーランスを目指す人が持っておくべきスキルを紹介しています。

転職希望者にも役立つ記事だと思うので、こちらの参考にしてみてください。
フリーランスでスキルがないのは厳しい?不足スキルを補う資格を紹介

転職や独立を考えている30代の方は、将来性を考えるとどれだけ効率的にスキルを身につけられるかが、仕事を成功させるかのカギになります。
今自分にとってどんなスキルが優先的に必要なのかを考えてから、スキル習得に励んでいってくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました!