30代の働き方

30代で転職が怖いと感じるのは当然|転職に向けた【考え方と行動】

30代で転職が怖いと感じるのは当然|転職に向けた【考え方と行動】

どうも、複業家のラルク(@raruku_hataraku)です

30代男性
30代男性
いま30代なのですが、正直これからの転職が怖いって感じています。。。
でも転職はしたいと考えています。今後どのような行動をとっていくべきなのでしょうか?

今回はこんな疑問にお答えしていこうと思います。

本記事を見て分かること

・30代での転職が怖いと感じる理由

・30代が考えるべき転職における考え方

・転職に向けてすべき行動

僕は過去に5回ほど転職を経験してきました。その時一度だけ30代で転職を決意したことがありますが、正直「30代での転職は怖い」と感じていたことを今でも覚えていますね。

しかしそんな中でも僕はどうしても転職したいという想いを胸に転職を決意したのです。結果30代でも無事お花関係の会社から人事コンサルティング会社への転職に成功したのです。

今回は僕がしてきた行動や考え方も踏まえながら、転職に向けて持つべき考え方やすべき行動について解説していきます。

30代での転職が怖いと感じるのは当然です

30代での転職が怖いと感じるのは当然です

結論からして、30代で転職が怖いと感じるのは当然です。

よく30代のサラリーマンの方に相談を受けるのですが、誰しもが「今からの転職は怖い」と口をそろえて言います。

マルもくん
マルもくん
30代からの転職。。。
怖い!!

怖いと感じる理由は人それぞれですが、20代の頃に比べると転職に対してのリスクを感じてしまうものなんです。ちなみに、30代の転職が怖いと感じる主な理由が以下になります。

  • 「仕事を1からまた覚えなくてはいけない」
  • 「会社になじめなかったらどうしよう」
  • 「人間関係がうまくいかないかもしれない」
  • 「せっかくの人脈を無くしてしまう」
  • 「自分の持っているスキルが認められなかったらどうしよう」
  • 「転職してもすぐにまた転職したいと感じてしまうかもしれない」
  • 「40代50代になっても続けていける仕事が見つかるだろうか」
  • 「自分より年齢が下の人にバカにされたらどうしよう」

このような悩みが頭の中をかけめぐり、転職することを怖がってしまうんですね。さらにその中でも30代後半ともなると、今後の生活に関わってくるまさに一生を決める行為とも言えるでしょう。

ですから怖いと感じるのは当然で、誰も30代からの転職に自信を持っているひとなんていないんです。

【転職話】30代『スキルなし・資格なし』でも転職できた時の体験談
【転職話】30代『スキルなし・資格なし』でも転職できた時の体験談30代で転職を考えても「スキルも資格も何もないから無理だ」と言って、転職を諦めてしまうということはありませんか?本記事では、実際にスキルも資格も何もない30代の男が転職を成功させた体験談についてまとめました。30代で転職希望者の人は必見です。...

30代の人が考えるべき転職への考え方

30代の人が考えるべき転職への考え方
マルもくん
マルもくん
正直30代の転職は怖いです。。。
どうしたらいいですか?
ラルク
ラルク
まずは考え方を見つめなおしていこう。20代のころの転職とは状況が違うから、考え方を見直す必要があるんだ。

はたして30代で転職を考える人は、どのような考え方を持っておくべきなのでしょうか?

1.なぜ転職したいかをもう一度考え直そう

「なぜ転職をしたいのですか?」

30代の会社員の方が相談に来られる時には、いつもこの質問をさせてもらっています。なぜなら理由がはっきりしているほど、転職をしたいという想いが強いという証拠になるからです。

転職したい人は少なからず会社に対して不満を抱えていたり、人間関係がうまくいっていなかったりと毎日の仕事環境に嫌気がさしていることが大半となっています。

もし30代で転職を考えるなら、しっかりと転職したいという理由を明確にしておきましょう。

2.今いる職場で働く未来の自分の姿を想定してみる

理由が明確になってきたら、これから先の10年後20年後を考えてみましょう。今の職場環境で未来を考えた場合、自分の姿がどうなっているか、会社自体がどうなっているかを何となくでもいいので想定してみてください。

ここでは「転職したほうがよかったのではないか?」「この時転職の決断をしておけば、もっと楽しい毎日が待っていたのではないか?」などの後悔が出てくるかどうかを見ていくのです。

転職を考えたときに最も大事なのは、理想的な未来を描きどうやったら近づいていけるかを考えることが重要になります。

今の職場環境で理想的な姿が実現できるかを見極めていきましょう。

3.今いる会社が自分のことを守ってくれるかを考える

今いる会社が自分のことを守ってくれるかを考える

30代で転職を逃すと、次は40代50代となっていき転職がもっと厳しいものとなってきます。しかしいざ会社が倒産してしまったり、クビ同然の処分を受けてしまうような事態が起きたとき、会社が自分のことを守ってくれるかを考えましょう。

会社が自分のことを守ってくれるかどうかは、社内体制であったり福利厚生であったり、はたまた社長や上司の社員への対応によっても見極めていくことができます。

普段から自分のことを守ってくれているなら問題ありませんが、転職を考えているということは会社に対して何かしらの不満を抱えているはず。そうなると、会社に対して不信感を抱いている人ばかりでしょう。

もし転職をせずに今の職場で働き続けた際に、どのような対応をされるかを考えていきましょう。自分自身を守れるのは、自分だけです。

4.周りの意見より自分の意思を尊重する

30代の転職を考えたときに周りに相談をする人もいますが、たいていの場合は反対されます。批判の言葉というのは悩んでいる人には痛みでしかなく、余計に転職が怖いものだという考えになってしまうことでしょう。

しかし転職活動において大切なのは、自分の意思がとても重要となります。なぜなら転職を決意したのは自分自身で、周りの人は転職をしたいと思った経緯を知らないからです。

転職を決意するのは、相当の覚悟が必要でしょう。しかし転職を反対する人は30代で転職をすることに対してのリスクのことを前提に話を進めることが多く、本人の想いを尊重せずに反対してくれることが大半なのです。

なのであくまで他人の意見は参考程度にして、転職をしていくかどうかを決めるのは自分自身で決めていきましょう。

5.不安や不満は行動しないと解消できない

30代での転職活動は怖いものです。これは何度でも言えることでしょう。

ただ転職を考えた根本的な部分には、将来に対する不安や今の職場環境に対しての不満がつきものです。不安や不満を消し去っていくには、行動に移すしかありません。

あなたは今の環境に、どれだけの不安や不満を抱えていますか?転職したいほどの不安や不満はありますか?

30代男性の転職理由は「不満か成長」【理由から考える仕事選び】
30代男性の転職理由は「不満か成長」【理由から考える仕事選び】30代男性が転職を考える際、どのような理由で転職したいと考えるかご存知でしょうか?本記事では、30代の男性が転職する理由や選ぶべき職種・業種、理由から考える仕事選びの方法について解説しています。転職を考える30代男性は必見です。...

30代の転職は怖いもの。これからすべき行動は?

30代の転職は怖いもの。これからすべき行動は?
マルもくん
マルもくん
なんだか考え方が変わってきました!あとはこれからすべき行動ですね。
ラルク
ラルク
これからすべき行動は、転職に向けての行動内容だよ。転職の決意が固まってきた人はぜひ以下の行動を試してみてください。

転職したいと思ったら早めに決断しよう

転職の決意が固まってきたら、早めに行動を起こしていくことがとても重要です。

どうしても時間が経つにつれて、転職したいという想いは薄れてしまうもの。せっかく行動しようと思っても「忙しくてできない」「もう少し後でもいいか」などを理由に行動しなければ、なかなか今の状況を変えていくことができません。

なので転職を決意したら、リクルートエージェントに登録するか、求人サイトに登録していきましょう。登録していくだけでも転職に向けての大きな一歩となりますよ。

自分の強みを見つけだしておく

転職が怖いと感じている人の中には、「自分の能力が他で役に立つのか?」と不安を感じている人もいることでしょう。しかし職場によって必要なスキルは異なり、どんな強みを持っているかによって転職がうまくいくかどうかも変化していきます。

なのでまずは自分の持っているスキルや能力を洗い出し、強みを見つけておくことをおすすめします。

人それぞれ持っている強みは違えど、企業によっては必ず必要とする場所があるはずです。そのためにもまずは自分の強みを見つけて、企業にアピールできるポイントを明確にしておきましょう。

在職中に活動を行うこと

もし転職を決意したしても、決して退職してから転職活動をしてはいけません。実際に僕は先に退職をしてから転職活動をして、3か月ほど次の職場が決まらなかったという経験があります。

ラルク
ラルク
あの時は本当につらかった。。。

次の職場が決まらなかった時の怖さは在職中の比ではなく、毎日が不安にかられていたのを今でも覚えています。給料がもらえないことへの恐怖に加え、本当に次の職場が決まるのかどうかという不安しかありませんでした。

なのでそんな失敗を他の人にしてほしくないという想いも込めて、必ず在職中に転職活動をしていくようにしましょう。

独立という手段も考える

転職をしていくことを前提にお話を進めていましたが、何も選択肢が「転職」というわけではありません。

今は働き方が多様化しており、フリーランスなどを考える人が増えてきています。実際に大手のクラウドソーシング会社でもあるLancersでは、2018年においてフリーランスの人口が1,119万人、副業フリーランスの人口が744万人になったことを発表しています。

フリーランスになれば自分のスキルを活かすことができますし、今までの人脈を崩すことなく仕事を依頼してもらえる時があるのです。何より30代の方が20代に比べて仕事の依頼もくることが多く、スキル次第では仕事に困ることもないでしょう。

もし転職しか選択肢を考えていなかった人は、フリーランスという手段も考えてみるのもいいかもしれませんね。

参考文献:~ランサーズ、「フリーランス実態調査2018年版」を発表~

【2019年版】新しい働き方を見つけよう!多様化した働き方11選新しい働き方ってどんなものがあるかご存知でしょうか?近年の働き方はどんどん新しいものへと変化し、更なる変化を遂げようとしています。今回はそんな現代の新しい働き方の種類をご紹介していきます。...

まとめ|怖い転職を乗り切ろう

怖い転職を乗り切ろう

転職というものは30代に関係なく怖いものです。

しかし怖いという理由で転職活動をしなければ、今の環境は何も変わりません。ただ転職に向けて転職サイトに登録したり、今回の記事のような転職関係の記事を見ていることは大きな行動とも言えます。

つまり気づいていないだけで、すでに転職に向けて行動しているのです。あとは気持ちだけの問題と言えるでしょう。

30代で転職をするのは、とても勇気がいることでしょう。ただ僕も5回ほど転職を経験していますが、転職したこと自体を後悔したことはありません。むしろ前に進んだ気持ちになって辞める前より楽しい気持ちになったものです。

転職活動は大変でしょうが、それもほんの一瞬で終わります。転職活動を本格的に進めていけばあっという間です。ぜひ自分の理想的な職場を見つけてくださいね。応援しています。