フリーランス

フリーランスは食えない・食えると言われる本当の理由【本質です】

フリーランスは食えない・食えると言われる本当の理由【本質です】

こんにちは、働き方アドバイザーのラルク(@raruku_hataraku)です。

フリーランスは食えないとか食えるとかいろいろ意見があるけど、結局どっちが正しいの?
なんでこんなに意見が分かれるのか知りたい。

今回はこんな疑問にお答えしていこうと思います。

本記事を見てわかること
  • フリーランスは食えない・食えると言われる理由
  • フリーランスで食えない人の特徴
  • フリーランスで食えない人がすべき行動

フリーランスとして働くとなる際に、ネット上でよく見かけるのが「フリーランスは食えない・食える」問題です。

実際に僕は最初食えないと思っていた側でしたが、今となっては毎月安定して食えていけている状態になっています。

ラルク
ラルク
食える状態になるまでは大変でしたが、頑張りました。

今となっては6社と契約を交わしている複業家としても働いているのですが、そもそもなぜ食えない・食えるという両方の意見が出るようになったのでしょうか?

そこで本記事では、実際に「フリーランスは食えない」「フリーランスは食える」という両方の意見が出る理由について解説しつつ、それぞれの特徴をまとめていきました。

最後には食えない人がすべき行動についてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください(^^)

「フリーランスは食えない」と言われる理由

「フリーランスで食えない」と言われる理由

先にまとめていくと、「フリーランスは食えない」と言われている理由として以下の意見があります。

  • フリーランスとしてうまくいかなかった人が「食えない」と言っている
  • フリーランスという働き方に不満を持っている
  • フリーランスのデメリットを理解している
  • フリーランスという働き方自体を否定している
  • サラリーマンという選択肢を選んでいる人の妬み

こんな感じ。

これらの意見は、以下のようなSNSの声を参考にまとめていきました。

フリーランスという働き方は、自由で選択肢の幅が広がる分、毎月安定した働き方になるまでに大変な時間がかかります。
なのでフリーランスで成功した人から警告じみた言葉を発せられることがあるのです。

ラルク
ラルク
その中で生まれてきた言葉が、「フリーランスは食えない」という言葉となります。

さらにサラリーマンからしてみると、フリーランスという働き方は理想的でもありますが、逆に「仕事を舐めるな!」という考えを持ってしまってもおかしくありません。

常に会社に通勤しているサラリーマンや、フリーランスという働き方で食えなかった人が「フリーランスは食えない」という言葉を作っていったのです。

「フリーランスは食える」と言われる理由

「フリーランスは食える」と言われる理由

次にフリーランスは食えると言われる理由についてですが、以下のようになっています。

  • 実際にフリーランスとして食っていけている
  • 苦労を乗り越えればなんとかなる、ということを理解している
  • フリーランスという働き方を選択肢として入れてほしい
  • 働き方が変わってきていることを伝えたい
  • フリーターをフリーランスとして勘違いしている

上記の通り。

これらの意見も、以下のようなSNSの声を参考にまとめていきました。

「フリーランスは食える」という意見は、実際にフリーランスとして活動している人の意見が多いので信憑性が高いのが特徴的。

ただ中にはフリーランスという働き方とフリーターという働き方が一緒だと思って、「フリーランスは食える」と思っている人もいます。

ラルク
ラルク
何を隠そう、僕がフリーランスとフリーターが一緒だと思っていました。

他にもフリーランスは今後日本で増えていくことが予想できるので、もっと仲間を増やしたいという想いで「フリーランスは食えるよ!」と発信しているのです。

なので「フリーランスは食える」と言われるのは、常にフリーランスとして成功を収めている人が「僕にでもできたんだから、みんなもできるよ!」という意味が込められた言葉になるというわけです。

フリーランスで食えない人の特徴

フリーランスで食えない人の特徴

そんなフリーランスにおいて「食えない」という人の特徴とは、いったい何になるのでしょうか?

それが以下の通り。

  • 自分の単価が安い
  • 自分から仕事を取りにいっていない
  • 自己管理ができない

上記の通り。

ラルク
ラルク
実は僕も昔、1か月無収入だったという経験を積んだ食えないフリーランスでした。

そんな実体験をもとに、詳しい特徴をお話させていただきます。

自分の単価が安い

フリーランスで食えない人の特徴として、自分の単価が安いという部分があります。

単価が安かった場合、いくら仕事をこなしてもほとんど収益につながりません。

フリーランスの仕事の場合、ほとんどが成果給の仕事が多く、どれだけ仕事をしていったかによって毎月の給料が変わってくるのです。

しかし自分の単価が安いままだと、作業量が多すぎて次のステップに進むまでの一歩が踏み出せないという問題も起きてきます。

ただ自分の単価を上げていくことで、短い時間でも十分な収入源を得られるようになっていきます。

フリーランスとして動き始めた際に、必死にやって15万円前後の給料しかもらえないようなら、クライアントは変えた方が賢明でしょう。

単価が安い ⇒ いくら仕事してもお金が増えない ⇒ 食えない

自分から仕事を取りにいっていない

自分から仕事を取りにいっていない

仕事を取りにいっていない。
つまりは、営業をまったくしていないということも1つの食えない原因です。

フリーランスとして生きていこうと思うと、もちろんながら仕事が勝手に舞い込んでくるわけもなく、どれだけ営業していけるかで収益が変化していくのです。

しかしフリーランスで食えない人は、最初の頃は仕事を取っていこうと努力しても、だんだんと嫌になってきて営業をしなくなっていきます。

ラルク
ラルク
僕も、最初の頃は営業に苦労したなあ。

さらにフリーランス始めたてのほとんどは営業のスキルがなく、どうやって仕事を取ってきたらいいのか分からないという人がいるのです。

なので「フリーランスは食えない」というよりかは、「営業力がないとフリーランスでは食えない」という言いかたのほうが正解かもしれませんね。

自己管理ができない

フリーランスで食えない人の最大の特徴は、自己管理ができないという点です。

何より自由な時間にどこでも働けるとあって、自分の管理をしていかなくては毎月の収益が確保できなくなってしまいます。

例えばフリーランスとなると仕事をしていく以外にも、時間の管理やお金の見積もり出し、クライアントとのやり取りなどをすべて自分でしていく必要があります。

他にもスケジュールを管理したり、仕事の予定を組んだりと会社員だったらすべて会社が請け負っていた作業を、すべて自分でしなくてはいけません。

ラルク
ラルク
ただ残念ながら、僕も自己管理が苦手で仕事がまったく終わらなかったという経験があります。

スキルやノウハウではなく自分の気持ちが大切になってくるのです。

なので自己管理ができていない人が、フリーランスで食えないという事態に陥っていると言えます。

※ちなみに自己管理・時間管理に関する対策は、以下の記事に詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事で時間管理ができない人の特徴と5つの原因【対策法も公開】
仕事で時間管理ができない人の特徴と5つの原因【対策法も公開】仕事の中で時間管理ができないという方はいませんか?本記事では時間の管理ができない人の特徴や原因を解説しつつ、時間管理が「できない人」から「できる人」になるための対策法を解説しています。時間管理をしたことがない未経験者におすすめですよ。...

フリーランスで食えない人がやるべき行動

フリーランスで食えない人がやるべき行動

ではそんなフリーランスで食えないと嘆いている人は、どのような行動をしていくべきなのでしょうか?

それが以下の通り。

  • 毎日の収益を管理していく
  • 自分の持っているスキルを再認識する
  • 低価格の仕事を受けない
  • 積極的な営業をする
  • 複業をしていく

上記の通り。

順番に見ていきましょう。

毎日の収益を管理していく

毎日の収益を管理していく

常に自己管理が重要なフリーランスにおいて、毎日の収益の確認はとても重要です。

なぜなら自分の今の実力を知ることができ、今後の対策をうつことができるからになります。

例えば収入が少ないときは数字として目に見ることができ、どれぐらいの収入が今月必要なのかを自分で確認していくことができますね。

ラルク
ラルク
増えたときの喜びは、半端ないですよ!

もちろん収益が下がっていくのを見るのが嫌になる人もいるでしょうが、自分の悪い部分を見つけない限り食えないフリーランスになったままになってしまいかねません。

なので少しずつでも収益が増えていくと、自分の自信にも繋がるので収益の確認はおススメです。

自分の持っているスキルを再認識する

自分の持っているスキルを再認識する

フリーランスは自分のスキルを売って、スキルの良し悪しで高案件がもらえるかが変わってきます。

なのでまずは自分が持っているスキルを再確認していきましょう。

ただスキルの確認の仕方は様々ですが、人によってスキルに気づかないという人もいます。

そんな時は、このように確認してみてはいかがでしょうか?

  • ライティング能力がある
    ⇒Webライター
  • コミュニケーション能力がある
    ⇒アドバイザー
  • 知識や経営ノウハウがある
    ⇒コンサルティング
  • C言語などのプログラミング用語を知っている
    ⇒エンジニアorプログラマー
  • 人に知識を教えていくのが好き
    ⇒ブロガー

こんな感じ。

ラルク
ラルク
人によってスキルは様々!
自分のスキルを確認していきましょう。

ただ自分のスキルとは自分で気づかないこともあります。

まずは自分のスキルが何になるのか分からないという場合は、人に聞いて客観的意見を聞いてみてはいかがでしょうか。

ちなみにフリーランスになったら持っておきたいスキルについては、以下の記事にまとめているのでぜひ参考にしてみてください。

フリーランスでスキルがないのは厳しい?不足スキルを補う資格を紹介フリーランスはスキルがないと、正直働いていくのが難しいというのが現実。まずはどんな技術や知識が必要なのかを理解していく必要があるでしょう。今回はそんな必須スキルを解説しながら、フリーランスにおすすめの資格を紹介していきます。...

低価格の仕事を受けない

低価格の仕事を受けない

低価格の仕事を受けないのも、フリーランスにとっては必要な行動です。

低価格の仕事ばかりしていると、お金は増えないし疲労だけが貯まっていきますしね。

よく「なんでもいいから仕事を引き受ける!」と考えている人もいますが、それはフリーランスなりたての考え方です。

ラルク
ラルク
僕も最初のころは何でも引き受けていましたが、それではほとんど給料が上がりませんでした。

低価格の仕事ばかりを受けていくと、収入を得られないのはもちろんのこと、大量に仕事をこなしていくことで心労共に疲れてしまいます。

なのでできる限り高単価の仕事を引き受けて、自分の価値を高めていくことが重要ですよ。

※ちなみに、自分の価値の高め方に関して分かりやすい記事があったので共有します。
⇒参考:オンリーワンになる自分の価値を高める4つの方法

積極的な営業をする

積極的な営業をする

自分のことを知ってもらうという意味でも、積極的に営業をしていくことが重要です。

積極的に営業をしていくことでクライアントに認識され、企業側から仕事を依頼されることも増えていきます。

例えば自分のスキルを理解して、活かせる企業にオファーをかけるのが一番の近道です。

ラルク
ラルク
フリーランスはとにかく人脈が重要になる世界。営業をしていく中で思わぬ出会いがあったりもしますよ!

実際に僕は営業をしていく中で、今となっては1年以上お付き合いしている企業様もいるほどです。

営業は侮れませんね。。。

なので普段自分から営業をしていない人達は、積極的に行動していくことで食えないフリーランスを卒業していくことができますよ。

※ちなみに実際にWebライターとして活動している僕の営業方法が書いている記事があります。こちらもよければ参考にどうぞ。

Webライターは営業が命!7つの営業方法で仕事を獲得しよう!Webライターを目指そうとしている人の中には、営業を経験したことがないという人がほとんどでしょう。しかしWebライターにとって、営業は命と言っても過言ではありません。そんな営業が必要な理由とおすすめの営業方法を7つ紹介していきます。...

複業をしていく

複業をしていく

1つの仕事にこだわる必要はなく、フリーランスは複数の仕事をしていくのもおすすめです。

なぜなら複数の仕事をすれば収入減が増えることになるので、自分の可能性をさらに広げることができるからになります。

ラルク
ラルク
例えば僕の場合だと、Webライターと一緒にブログやアドバイザー。土日には、お花の生け込みなんかを複業としているよ。

収入源を2つに増やせば収益も2倍。
3つなら3倍になる可能性を秘めているんですね。

もちろん最初はすぐには収益が2倍に増えることはないでしょうが、自分に合っている仕事が見つかれば御の字。

そこから収益が上がる仕事に変更したっていいんです。
もしくは、バランスよく収益を得られるように仕事をしていくのだって1つの方法になります。

フリーランスはその名の通り自由な働き方。
どんな仕事をしていくかは、自分次第なのです。

なので自分の可能性を高めるという意味や、収益源を増やすという意味でも複数の仕事をしてみてはいかがでしょうか。

※ちなみに複業家として活動してみたいと思った方には、まず始め方があるので以下の記事を参考にしてみてください。

【複業の始め方】初心者から複業家になろう【仕事の探し方教えます】
【複業の始め方】初心者から複業家になろう【仕事の探し方教えます】複業(パラレルワーク)の始め方や、やり方が分からないという方はいませんか?本記事では、複業の始め方や始める前に知っておくこと、仕事の探し方までを複業家(パラレルワーカー)が解説しています。複業家(パラレルワーカー)になりたい方はぜひ参考にどうぞ。...

フリーランスで食えない・食える理由を理解して行動してみよう

フリーランスで食えない・食える理由を理解して行動してみよう

フリーランスの世界では、どれだけ仕事をこなしていけるか、自分の自己管理がどれだけできるかが重要になってくる世界になります。

「フリーランスは食えない」という人はもちろんいますが、「十分食っていけるようになった」という人がいるのも事実です。

持っているスキル次第にはなりますが、十分な収入を得れる可能性を秘めているのがフリーランスです。

もしフリーランスを目指そうと考えている人がいましたら、まずは自分が持ち合わせているスキルを探してみてはいかがでしょうか?

ぜひ自分のスキルを見つけていき、十分な収入を得られるフリーランスを目指してください。