フリーランス

フリーランスによくある問題点7つ|仕事・孤独・年金など問題だらけ

フリーランスによくある問題点7つ|仕事・孤独・年金など問題だらけ

こんにちは、フリーランサーのラルクです。

フリーランスに興味がある人
フリーランスに興味がある人
フリーランスを目指しているけど、目指すにあたって何か問題点ってあるのかしら?せっかくなら問題点を理解してからフリーランスを目指したいかも。解決法とかも知りたいなぁ。

今回はこんな疑問にお答えしていこうと思います。

本記事を見てわかること
  • フリーランスによくある問題点7つ
  • フリーランスは仕事・孤独・年金など問題だらけ
  • 問題を解決するにはフリーランスという働き方に向き合うべき

僕はフリーランスとして働いており、Webライターとブログ、アドバイザーとして生計を立てています。
のんびり仕事をしているので、フリーランスという働き方はとても有意義だと思っているわけなのですが。

ただフリーランスには何の問題点もないかと言うと、そうではありません。

先日書いた【悲報】フリーランスは大変|独立するのは難しい理由【対策法あり】でも記述しましたが、フリーランスには問題がつきもので、常に問題点と向き合いながら日々を過ごしているのです。

ラルク
ラルク
フリーランスにはいいことだらけじゃなく、問題点が多いんですよね。

ただそんな悪い部分がありながらも、フリーランスを目指す人が多いのも事実。
それぞれの問題点に向き合うためには、考え方を変えていけば解決します。

なので本記事にてフリーランスの問題点をまとめつつ、解決法について紹介していきます。

フリーランスによくある問題点7つ

フリーランスによくある問題点7つ

結論を先に言うと、フリーランスになる時の問題点は7つです。
それが以下の通り。

  1. 実力主義
  2. 収入が不安定
  3. 自由すぎる
  4. 孤独感が強い
  5. 組織にいるという安心感がない
  6. 確定申告がめんどくさい
  7. もらえる年金が少なくなる

上記の通り。

それぞれ詳しく解説していきますね。

問題点➀実力主義

問題点➀実力主義

フリーランスは完全実力主義の世界。
どれだけ仕事面での実力が高いかによって、仕事が増えたり収入面が増えたりが変わってきます。

実際に僕はフリーランスのWebライターとして活動していますが、ライティング歴は2年ほど。時給1,500円~2,000円ぐらいの仕事をしていますが、中には時給5,000円ほど稼ぐ化け物級のWebライターもといます。

ラルク
ラルク
もちろん実力がなくても仕事が来ることはありますが、ほとんどが安い仕事ばかり。

なので実力がないと、収入面を増やしていくのが難しいという問題に発展していくんですね。

問題点②収入が不安定

問題点②収入が不安定

フリーランスは自分で仕事量を調整していけるとあって、収入が不安定になりがちです。
会社員と違って仕事を定期的にもらえるわけではないので、自分で仕事を探し続けない限り収入が不安定になってしまうという問題点があります。

例えば、僕がフリーランスなりたての頃は収入が月5万円というものを経験。
でもその翌月には、仕事をいただけて月15万円もらえたということも。

仕事が毎月もらえれば安定はしますが、クライアントによっては依頼人を変えたりすることもあるので安定とは言えませんね。

そんな収入が不安定という問題点と向き合いながら、フリーランスは頑張らなくてはいけないんですね。

問題点③自由すぎる

問題点③自由すぎる

フリーランスはあまりにも自由すぎます。
「自由だからいいんじゃない?」と思いがちですが、自由すぎると仕事をさぼってしまうという問題がでてきちゃうんですよね。

自由にも色々あります。

  • 仕事を受けるのも自由
  • 休むのも自由
  • スケジュールを組むのも自由
  • どんな職業を選ぶのも自由
  • 生き方を選ぶのも自由

自由が増えたことによって選択肢の幅が広がりすぎて、結局何がしたいんだって悩んでしまう問題が起きがち。

「自由すぎるのが悩みなんて贅沢」と思いがちですが、自由だからこそやりたいことが増えすぎて頭を抱えるなんてこともあるのです。

ラルク
ラルク
フリーランスは自由だからってなんでもできるかっていったら、そんなことはありませんよ。

問題点④孤独感が強い

問題点④孤独感が強い

何よりフリーランスは孤独感が強いです。
自分で仕事を取ったり今後の戦略を考えたりなど、全部1人で考えなくてはいけない場面が多くなってきます。

実際に仕事が終わった瞬間なんかに僕は「やっと終わった~!」とよく言うのですが、ただの独り言で終わってしまうことがほとんど。
もし会社にいるのなら「お疲れ様」なんてねぎらいの言葉もあるのでしょうが、そんなのもなかったり。

ラルク
ラルク
フリーランスになりたての人は、結構辛いものですよ。

もちろん人と交流が多い仕事を選んでいれば問題ありませんが、仕事内容の相談ができないというのが問題部分。

普段から孤独になれている人はいいですが、実際人と言うのは孤独を愛さない生き物なのです。

問題点⑤組織にいるという安心感がない

問題点⑤組織にいるという安心感がない

会社員を経験していると、どうしても組織に属しているという安心感があるもの。
しかしフリーランスにはそれがありません。

会社に入っているだけで仕事や収入面などの後ろ盾があるので、安心感を感じるんですね。

実際に僕は会社員の頃、毎月安定して仕事をもらえてましたし、賃貸なんかの契約も難なくクリアしていたものです。
ただフリーランスになっている今は、後ろ盾がないので安定した仕事がもらえないときもあれば、賃貸契約を断られることも増えました。

ラルク
ラルク
部屋借りれないって言われたときは「差別だ!」って思いましたね。
マルもくん
マルもくん
会社員は組織に守られているってことなんですね。

やっぱり会社というハコにいるだけでも大きな安心感を得られるもので、フリーランスは安心感がないという面でも問題なんですよね。

問題点⑥確定申告がめんどくさい

問題点⑥確定申告がめんどくさい

正直、確定申告がめんどくさいという部分も、フリーランスにとって大きな問題点です。
今まで会社がやってくれていたことを、全部自分で手続きしなきゃいけないんですから。そりゃあ嫌になります。

実際に僕は領収書などを貯めて確定申告に向けて準備をしているのですが、毎年お金の管理や税金対策なんて考えたくないのが本音。
税理士に依頼をしたら解決するのですが、結構お金がかかっちゃうんです。。。

ラルク
ラルク
また確定申告はやらないと市に通告を受けることもあるので、ちゃんとしないといけません。

またスムーズな確定申告には、定番の【会計ソフトfreee(フリー)】があれば解決できますが、自分でやらなくちゃいけないことには変わりありません。

フリーランスになったら、そんな手続きとの付き合いを永遠と繰り返す羽目になっちゃいます。まさに問題だらけですね。

問題点⑦もらえる年金が少なくなる

問題点⑦もらえる年金が少なくなる

フリーランスは、残念ながら会社員ほどの年金はもらえなくなります。
なぜならフリーランスになった瞬間に、国民年金に切り替える必要があり、自然ともらえる額が会社員に比べると少なくなってしまうからです。

年金に関して話し出すと長くなるので、ここではざっと説明します。
会社員とフリーランスのもらえる年金の違いは以下の通り。

(年金受取額の仕組み)

  • 会社員 = 厚生年金+国民年金
  • フリーランス = 国民年金のみ

上記の通り。

これだけでも、フリーランスは会社員よりもらえる年金額が少ないことが分かるのではないでしょうか?

ラルク
ラルク
会社員に比べると、フリーランスがもらえる年金受取金額が少ないことが分かるはず。

※フリーランスの年金基礎知識に関する詳しい記事は、以下の記事が分かりやすいので参考にしてみてください。
⇒参考:フリーランス必読。フリーランスと年金の基礎知識

ただ最近では年金が誰ももらえない未来が来るなんて噂になっていますが、どうなるかなんて誰にも分かりません。

とりあえずそんなお金問題を抱えながら、フリーランスとして生きていかなくてはいけなくなってしまうのです。

フリーランスは仕事・孤独・年金など問題だらけ。解決法は?

フリーランスは仕事・孤独・年金など問題だらけ。解決法は?

改めてフリーランスは、仕事や孤独・年金などにおいて問題点が多いことが分かりました。

ただ果たして問題が多いからといって、フリーランスを諦めるべきなのでしょうか?

ラルク
ラルク
答えは「No」です。

仕事が安定しないならスキルを上げるだけで解決

フリーランスの問題点は、とにかく仕事が実力主義で収入が安定しないというところ。
では解決策は1つ。自分のスキルを上げるしかありません。

スキルとして必要な能力が以下の通り。

  • 技術能力
  • コミュニケーション能力
  • 管理能力
  • 即戦力で活躍できる能力
  • 自律性能力

上記の通り。

技術能力はその名の通り、自分が持っている技術面での能力になります。そして他の能力はただ仕事をしているだけでは身につかない能力ですね。

※詳しい詳細は、【30代で身につけたいスキル5選】転職や独立に役立つ能力を紹介!でも書いているのでご覧ください。

とりあえずフリーランスになったら上記のスキルが必須なので、問題を解決するなら身につけておきたい部分かなと。

また仕事がないという人に向けて書いた記事も以下にあるので、こちらも参考にしてみてください。

フリーランスで仕事がない人が取るべき行動|失敗せず仕事をもらおう
フリーランスで仕事がない人が取るべき行動|失敗せず仕事をもらおうフリーランスになったはいいけど、仕事が増えないってことありませんか?本記事では、フリーランスで仕事が増えない人が最初に取るべき行動や、失敗をしないための方法について解説しています。フリーランスになったのに仕事が増えず苦労しているという人は、ぜひ参考にしてみてください。...

孤独が寂しいなら交流会に参加するのもあり

フリーランスは会社という居場所がないので孤独とありましたが、フリーランスだけの集まりがある交流会もあります。

中には仕事のマッチングサイト大手の「CrowdWorks」やクラウドソーシング「ランサーズ」が主催しているイベントなどもあるので、参加すれば同じ境遇の仲間に会える機会も充分にあるのです。

ラルク
ラルク
実際に行くと、色んなフリーランスの方に会えるよ。

フリーランスは孤独になりがちですが、色んな場所に行ってみて色んなフリーランスに会っていくのも1つの選択肢と言えるでしょう。

ちなみにフリーランスの人が交流会に参加するメリットを詳しく書いてあった記事があったので共有します。
⇒参考:交流会はフリーランスに重要?参加するメリット・参加前の準備

お金の問題はサポート体制が整っているサイトでカバー

正直フリーランスの大きな問題点は「お金」なのではないでしょうか?

実際のところ、僕も最初はフリーランスになろうと思っても動けなかったのは、お金の問題が大きかったです。

ただ確定申告や年金が少ないことに向けての対策は、サポート体制が整っているサイトを活用すれば対策できます。

例えば、めんどくさい確定申告で困ったら【会計ソフトfreee(フリー)】を使えばすぐに解決できますし、将来のお金を心配するならお金と保険のサービスでも有名な【FREENANCE】を使えばすぐに解決です。

ラルク
ラルク
みなさん意外と知らないだけで、今となってはフリーランスの方に向けて便利なサイトが溢れているのです。

ただ中には登録しても意味がないサイトがたくさんありますが、上記の2つのサイトは鉄板かなと。

フリーランスになったら登録しておくべきサイトは、何も求人サイトだけではないということを知っておくといいかもしれませんね。

(参考サイト)
【会計ソフトfreee(フリー)】
※確定申告するなら登録しておくべきサイト。めんどくさい手続きをひとまとめにしてくれる。
FREENANCEの無料口座開設はこちら
※2018年に話題になった「お金と保険」のサービス。お金の悩み解決に役立つサイト。

ちなみに登録はどちらも無料になります。
フリーランスは何事も主体性と行動力が大切なので、気になったサイトはとりあえず登録しておくのがいいですよ。

問題を解決するにはフリーランスという働き方に向き合うべき

問題を解決するにはフリーランスという働き方に向き合うべき

本記事のまとめです。

本記事のまとめ
  • フリーランスにおける問題点は大きく分けて7つ
  • 仕事・孤独・年金などの問題が多いが解決法はある
  • 一番の解決法はフリーランスという働き方にちゃんと向き合うこと

フリーランスという働き方は、まだ日本で認知されていない部分がありますが、ちゃんと向き合ってしまえば問題の解決方法はあります。

しっかりと問題点を理解して、自分が今足りていない部分や把握しきれていないところを確認すれば、フリーランスへの道も開けてくるものです。

ラルク
ラルク
実際に僕は、「フリーランス」という言葉を知らずに始めましたしね。

※僕のプロフィールはこちらからどうぞ。

どんな働き方を選ぶにしても、問題点はあります。
しかしちゃんと1個ずつ解決していき、フリーランスという働き方にちゃんと向き合ってみてはいかがでしょうか?

それでは以上です。
ありがとうございました(*´ω`)