フリーランス

フリーランス?起業家?メリットデメリットから働き方の違いを知ろう

フリーランスと起業家の違いとは?

どうも、複業家のラルク(@raruku_hataraku)です。

さて。

こちらのサイトを見ている人のほとんどは、フリーランスや起業家という働き方に興味を持っている人でしょう。

フリーランスを目指そうと思った人。
起業家を目指そうと思った人。

どちらも新しいことをしていこうと夢を持った、素晴らしい考えを持った人たちばかりだと思います。

ラルク
ラルク
僕は今フリーランスですが、起業を目指したこともあるのでどちらも応援しています!

ただそんな中で、こんなことを感じたことはないですか?

  • フリーランスと起業家って何が違うの?
  • フリーランスと起業家におけるメリットデメリットって何?
  • 今の時代、どちらを選んだほうが成功しやすいの?
  • フリーランスと起業家、選んでいるのはどちらのほうが多いの?
  • どんな人がフリーランスや起業家に向いているの?

僕がまさにフリーランスという働き方知ったときに、起業家という道も考えました。

僕は悩みに悩んでフリーランスという道を選びましたが、そこにはそれぞれの違いを理解してメリットやデメリットをふまえたから選んだという理由があったのです。

マルもくん
マルもくん
僕はどっちなんだろう。。。
マリア
マリア
私はだんぜん、起業家ですわ!
ラルク
ラルク
今後のビジョンや、将来的にしていきたい生き方によって変わってくるから、当てはまる方向に進んでいこう。

今回はそんなフリーランスや起業家の違いや、メリット・デメリット、向いている人の特徴についてお話していこうと思います。

フリーランスと起業家の決定的な違いとは?

フリーランスを目指そうと考えている人の中には、起業家の道を考える人がたくさんいらっしゃいます。

ではそもそも、フリーランスと起業家の決定的な違いとはどのような部分なのでしょうか?

順番にそれぞれの違いや、特徴について解説していきます。

フリーランスや起業家という働き方

まずはフリーランスと起業家の違いについてです。

そもそもフリーランスとは、企業から依頼された業務を全うしていく働き方を選んだ人のことを言います。(ちなみにフリーランスの働き方のことを、業務委託とも言います。)

ただサラリーマンやバイトと違って直接的に雇用契約を交わすわけではなく、どこにも属さない働き方なので、働く時間や場所を自分で決めていけるという特徴があるのです。

次に起業家は、新しい事業を自ら作り上げ、社会に新しい価値を見出すという意味合いが強い人のことを言います。

起業家は自分の事業を立ち上げるということになるので、比較的時間の縛りが多くなってしまいますが、規模の大きい仕事を企業として取り組むことが可能なのが特徴です。

フリーランスの始め方とは?初心者でも分かる【定義や仕事の探し方】
フリーランスの始め方とは?初心者でも分かる【定義や仕事の探し方】「フリーランスってどうやってなるの?」そんな疑問をよくお聞きします。今回はフリーランスになる方法をお伝えしつつ、現代の働き方について解説していきます。これからフリーランスを目指そうと考えている、フリーランスに興味があるという人は必見です。...

フリーランスは自由を叶え、起業家は夢を叶える

フリーランスの働き方とは、いわば企業にとらわれない働き方になるので比較的「自由」に働くことができる働き方と言えます。

今までの経験やスキルによって仕事を引き受けていくことができるので、複数の仕事を同時並行で行うことも可能です。

ラルク
ラルク
複数の仕事を自由に選んでいけるから、僕は複業家として動けているんだ。
マルもくん
マルもくん
持っているスキル次第で、自由に色んな仕事が選べれるってことですもんね。

逆に自分が叶えたい夢があった場合、叶えれる可能性を秘めているのが起業家です。

例えば

  • 「美味しい料理で人を笑顔にしたい」
  • 「自分の作った商品を色んな人に買ってもらいたい」
  • 「持っている技術で社会貢献したい」

などの夢も起業家になれば叶う可能性を秘めています。

ラルク
ラルク
やりたいこと次第では投資家から資金を支援してもらえるから、まさに夢を実現できる可能性を秘めているね。
マリア
マリア
ほら、マルも!私に投資しなさい!私の野望にあなたが支援するのよ!!
マルもくん
マルもくん
僕は投資家じゃないよ!!

年々フリーランスが増えてきている

実はフリーランスの人口は、年々増加傾向にあります。

日本屈指のクラウドソーシング会社でもあるLancersが2018年に発表したデータによると、フリーランスの経済規模が20兆円を超え、人口が約1,119万人(人口に占める割合が17%)という結果となったのです。

他にも副業フリーランスとして働いている人も踏まえると、副業フリーランスの経済規模が7兆8,280億円、人口が744万人という結果となっています。

そしてフリーランスの報酬は、昨年の対比で112%という結果になっているので、これからも増え続けることが予想できるでしょう。

参考文献:Lancers ~フリーランス実態調査 2018年版を発表~

年収が高いのは起業家

ただ総合的なデータで見ていくと、起業家のほうが年収が高い傾向にあります。

2018年に厚生労働省によって発表された「フリーランス白書 2018」にて発表されたデータでは、フリーランスの年収が100~300万円が全体の25.6%と最も多いという結果になりました。

しかし起業家の場合、2018年に日本政策金融公庫によって発表された「2018年度新規開業実態調査」によると、予想月商を達成した43.1%の企業が月商(1ヶ月の売上)で100~500万円を叩き出したという結果をみせたのです。

一般的には年商(1年の売上)から社長の年収を計算していきますが、事業内容によっては年商がそのまま年収になることもあります。(社員を雇わない場合は、すべての売り上げが起業家に行きわたります。)

やはりそれらを差し引いたとしても、フリーランスより起業家のほうが多くのお金を得ることができる可能性を秘めている、というのが周知の事実です。

フリーランスにおけるメリット&デメリット

次にフリーランスにおけるメリットとデメリットについてです。

まずはどのようなメリットやデメリットがあるかで、自分に合っているか合っていないかを判断してみましょう。

フリーランスのメリット➀自由に働ける

何より自分の時間に合わせて、自由な時間や場所で働けることが大きなメリットです。

他にも同じ仕事をしなくても、他の仕事や自分で仕事を作っていくのも自由なのも利点と言えるでしょう。

フリーランスのメリット②スキルによって仕事が選べる

人によって持っているスキルは様々です。例えば以下のような形でも仕事ができます。

  • ライティング能力
    ⇒ ライター
  • 写真を撮るのが得意
    ⇒ カメラマン
  • コミュニケーション能力
    ⇒ アドバイザー
  • 知識やノウハウ
    ⇒ コンサルティング
  • SNSのフォロワー数が多い
    ⇒ インフルエンサー

自分の持っているスキルで、仕事をもらえるのがフリーランスのいいところです。

マルもくん
マルもくん
僕のスキルって何だろう?
ラルク
ラルク
なんでも仕事になる時代だから、自分の持っているスキルや知識を見直すといいかもね。

フリーランスのデメリット➀収入が不安定

ただ逆に仕事がなくては、フリーランスは収入を得ることができません。

なので企業から仕事をもらえなかったりする場合もあるので、毎月の収入が安定しないのが現実です。

収入を安定させるには、クライアントと継続的な付き合いを意識して常日頃の仕事をしていく必要があります。

フリーランスのデメリット②全部が自己責任

企業に給料をもらっていたサラリーマンとは異なり、お金の管理やスケジュールを自分で管理しなくてはいけません。

他にも確定申告の申請や、健康診断の受診などもすべて自分で行っていかなくてはいけないのです。

仕事やプライベートにおいてもすべてにおいて自己責任となるので、どれだけ自分を管理できるかが重要です。

起業家におけるメリット&デメリット

次に起業家におけるメリットとデメリットについてです。

順番に見ていき、フリーランスとの違いを見比べていきましょう。

起業家のメリット➀多くの収入を得れることも

何より事業が成功すると、多くの収入を得れるチャンスを秘めているのが起業の最大と言えるメリットです。

多くの収入を得れれば、更なる事業発展に資金を回すことも可能となり、新たな挑戦へと続いていきます。

起業家になる人のほとんどは新しいことに挑戦し続けているので、好奇心旺盛な人には最適でしょう。

起業家のメリット②規模の大きい事業を実現できる

フリーランスでは難しいとされていた事業も、起業して会社をもてば実現できる可能性があります。

フリーランスではどうしても店舗をもったり会社を持つことができませんが、起業家なら自分の店舗や会社を持つことが可能です。

どうしても実現したい大きい規模の事業があるという人には、起業家を選んだほうがいいと言えるでしょう。

マリア
マリア
私の夢は世界征服よ!
マルもくん
マルもくん
もはや夢じゃなくて野望だ!

起業家のデメリット➀リスクが高い

起業家の最大のデメリットは、何と言ってもリスクが高いということです。

事業が失敗に終わってしまっては、多額の資金をかけている分、多額の借金をしてしまう恐れもあります。

リスクを避けるためにも、事前の準備が大切になってくるでしょう。

起業家のデメリット②資金作りや手続きが大変

起業するデメリットとして、資金作りや手続きが大変という部分もあります。

資金を得るためには、投資家に支援してもらったり銀行にお金を借りるという方法がありますが、簡単に手に入るわけではありません。

さらに株式会社や有限会社として登記していくなら、様々な手続きをしなくてはいけないので比較的時間を取られてしまいます。

まずは資金の調達場所の確保や、手続きに必要な書類の整理や事業計画書の作成などを行い、起業の準備をしていきましょう。

フリーランスに向いている人の特徴

ここで、フリーランスに向いている人の特徴を以下に示していきます。

今までに会ってきたフリーランスの人達と僕自身の特徴から、以下に当てはまる人はフリーランスに向いていると言えるでしょう。

  • お金よりちょっとした自由が欲しい
  • 自分のスキルを活かした仕事をしたい
  • 企業に雇用されるのが嫌だ
  • 新しい働き方に興味がある
  • 家で仕事ができるようにしたい
  • 社員同士の人間関係が苦手
  • 旅行しながら仕事をしてみたい
  • 仕事より家族を大切にしていきたい
  • 自分の頑張りがそのまま給料に反映してほしい
マルもくん
マルもくん
僕はやっぱり縛られるのが苦手だから、フリーランスかな。
ラルク
ラルク
比較的自由に時間を使える働き方を望むならフリーランスがおすすめだね。

起業家に向いている人の特徴

次に起業家に向いている人の特徴について解説していきます。

今までに講演会に行ったりして、年間で1億円稼いでいる起業家さんと直接お話したことがありますが、以下のような特徴を持っていた方が起業家として活躍できると言えるでしょう。

  • どうしてもやりたい事業がある
  • 自由な時間はいらないから仕事に専念したい
  • 借金を背負うというリスクを恐れない
  • 常にポジティブ思考
  • 社員を増やして一緒に事業を盛り上げたい
  • 圧倒的な努力家
  • 論理的思考能力を兼ね備えている
  • 見た瞬間にオーラを感じる
  • ちょっと変わっているところがあるが、周りに好かれている
ラルク
ラルク
僕も起業家を目指したけど、比較的自由を捨てなくてはいけなかったから諦めたんだ。それぐらい起業って常に大変なんだよ。
マリア
マリア
ふふふ。私はオーラが常に出ているって言われているから問題ないわね!
マルもくん
マルもくん
(それは怖いって意味のオーラなんじゃ。。。)

フリーランスと起業家、最終的にどう決めるべき?

では最終的に、フリーランスと起業家で迷ったときにはどのようにして決めていくのがいいのでしょうか?

ここでは、自分の経験を踏まえた意見を述べさせていただきます。

価値観で決める

僕の場合、仕事に対しての価値観は「ほどほどの仕事量でいい」という価値観を持っています。

バリバリ仕事をしていく道も大変魅力的ではあったのですが、将来的に結婚をした場合、仕事ではなく家庭に力を注ぎたいと感じたのです。

ラルク
ラルク
僕にも彼女がいるんだけど、何より家庭を大事にしたいからね。
マルもくん
マルもくん
家庭や自分の時間を大切にしたいって人が増えましたもんね。

なので仕事を優先したいと思うなら起業家。
仕事ではなく、家庭や自分の時間を優先した働き方をしたいならフリーランス。

このような仕事に対する価値観を持っておけば、比較的決めやすくなってきます。

将来なりたい自分を想像して決める

将来的にどのような姿になっていたいかで決めていくのも、大変重要です。

例えば

  • お金持ちになって億ションに住みたいのか?
  • お金はそこそこでいいから、のんびりした生活を過ごしたいのか?
  • 何か大きな事業を立ち上げて注目を浴びたいのか?
  • 自由な時間を多く作って、家族と過ごす時間に変えていくのか?
  • 社会貢献をして、人々が豊かになるような取り組みをしていきたいのか?
  • 色んな仕事をしていき、自分の持っている能力を底上げしていきたいのか?

これだけで大きく将来的になりたい自分の姿は異なります。

まずは将来的なビジョンを考えて、「フリーランス」と「起業家」、どちらにするか決めてみてはいかがでしょうか?

フリーランスと起業家は己の価値観に合わせて選ぼう

人によって働き方とは大きく異なります。

しかし働き方とは、自分の将来的になりたい姿によって変えていくことができ、いくらでも挑戦していくことが可能です。

もしフリーランスと起業家、どちらにするか悩んでいる人は、まず自分の仕事に対する価値観を考えてみてはいかがでしょうか?

そこから自分に合った働き方を見つけて、そのまま突き進んでいけば必ずやりたいことが実現できるはずです。

どちらを選択したにせよ、一緒に新しい働き方を見つけていきましょう。

https://hatarakupuro.com/gendaiworking/