Webデザイナー

フリーランスWebデザイナーを目指すならスキルが必須|独立は大変

フリーランスWebデザイナーを目指すならスキルが必須|独立は大変

どうも、複業家のラルク(@raruku_hataraku)です。

フリーランスでWebデザイナーを目指そうと考えてるけど、どれだけ大変なんだろう。
結構大変って噂も聞くし。。。
フリーランスとして活躍している人の実情を少しでも知ってから独立を考えたいなあ。

今回はこんな疑問にお答えしていこうと思います。

本記事を見て分かること

・フリーランスWebデザイナーがスキルが必須な理由

・フリーランスWebデザイナーに向いている人

・Webデザイナーになるために必要なスキル

・本気でWebデザイナーになりたい人がやるべきこと

複業家としてWebライターやブロガーとして活動していると、自然とWebデザイナーになりたい人という人の声を聞きます。

実際に僕もデザイナーになりたいと思い、約1年間ほど独学で勉強をしてきましたが。。。

結論を先に行ってしまって申し訳ないですが、フリーランスWebデザイナーはものすごく大変です。

企業に勤めている状態なら会社が守ってくれている状態なので問題ないでしょうが、フリーランスともなるとすべてを自分でしていかなくてはいけません。

そのためにも独立に向けてスキルを身につけておくことが重要なのです。

そんなWebデザイナーのリアルな実情を、今回は詳しくていねいに解説していきます。

もし先にWebデザイナーの仕事内容を詳しく知りたいという方は、先に「Webデザイナーの仕事内容や将来性とは?」を見てからご覧ください。

フリーランスWebデザイナーがスキル必須な理由

フリーランスWebデザイナーがスキル必須な理由

どの職種のフリーランスにも言えることなのですが、スキルが全くない状態での独立はとても危険だということをお伝えしておきます。まずはその理由を順番に見ていきましょう。

スキルがないと給料が低い状態が続く

先に申し上げていくと、Webデザイナーは決して給料が高い職種とは言い難いのが現状です。

ざっとフリーランスWebデザイナーの給料を見ても、月に15万円~30万円ぐらい。
年収でいうと、多くても200万円から400万円ぐらいになります。

マリア
マリア
結構低いですわね。

ただしこれはWebデザイナーとしてのスキルがない人の場合であり、会社に勤めている状態でしたらもう少し給料が増えます。

どれだけスキルがあるかによって依頼される案件も異なるので、給料が大きく変化してしまうんです。

ラルク
ラルク
ちなみにWebデザイナーとしてのスキルがある人となると月80万円ぐらいは稼ぐんだとか。スキルがあるのとないのとでは大きく違いますね。

労働時間が長くなってしまう

スキルがないということは作業の効率化が図れないので、自然と労働時間が増えてしまいがち。

例えばおなじ案件をスキルがあるWebデザイナーとない人が取り組んだ場合、圧倒的にスキルがある人のほうが分かるでしょう。

どれだけ経験を積んでいるかによっても変わってきますが、フリーランスWebデザイナーは1つの仕事にどれだけの時間をかけていくかで、給料だけでなく労働時間も変わっていくのです。

スキルがない人はその分1つの案件に時間をかけてしまうので、労働時間が長くなってしまう傾向があります。

修正依頼に臨機応変に対応できない

クライアントによっては、一度の納品では納得せず修正依頼をお願いされることが多いです。

例えばスキルが全くない状態だとしたら、対応力がないので臨機応変に対応ができないという状態に陥りかねません。

どれだけ臨機応変に答えれるかでクライアントからの評価も変わってくるので、信頼が大事となるフリーランスWebデザイナーにとっては早めの修正対応ができないのは、大きな恥明だとなってしまうのです。

それでもフリーランスWebデザイナーになりたい人へ

それでもフリーランスWebデザイナーになりたい人へ
マリア
マリア
それでも私はフリーランスWebデザイナーになりたいんです!
どうしたらいいですか?
ラルク
ラルク
スキルがない人こそ、まずは自分がWebデザイナーに向いているかを確認しておくことをおすすめするよ。以下にはフリーランスWebデザイナーに向いている人の一例を示しているから、よかったら参考にしてみてね。

フリーランスWebデザイナーに向いている人

どんな人がフリーランスWebデザイナーに向いているか、以下に簡単に示してみました。

  • 自分で企画・営業ができるかどうか
  • フリーランスとしての時間管理ができるかどうか
  • デザイン力を常に高めようとしているかどうか
  • 人脈を広めようとしているかどうか
  • 金銭面での管理が自分でできるかどうか
  • 常にWeb関連の情報を仕入れる努力ができるかどうか
  • 相性の悪いクライアントとは契約を解約できるかどうか
  • スキルをさらに伸ばそうと努力ができるかどうか

例えばいくら仕事がうまくいっていたとしても、フリーランスとして自分で時間管理ができなければ意味がありませんし、時間管理が上手くいっていても金銭面の管理ができていなければ収入面の確保も難しいでしょう。

なので最低でもこれらが当てはまっていないと、フリーランスWebデザイナーとして活躍していくことは難しいと言えます。

ラルク
ラルク
Webデザイナーとは関係なく、フリーランスの世界とはそれだけ大変ということです。
フリーランスは食えない・食えると言われる本当の理由【本質です】
フリーランスは食えない・食えると言われる本当の理由【本質です】「フリーランスは食えない」という言葉を聞くと、本当に食えないのか、という疑問を感じたことはありませんか?フリーランスという働き方を選んだ場合、どれだけ収益を得られるかが大変重要です。今回は、フリーランスが食えないといわれている理由や対策について解説していきます。...

フリーランスWebデザイナーに必要なスキル

フリーランスWebデザイナーに必要なスキル
マリア
マリア
じゃあそんな大変なフリーランスWebデザイナーになっていくには、どんなスキルが最低限必要なんでしょうか?
ラルク
ラルク
そうだね。それじゃあここでは、フリーランスWebデザイナーにとって必要なスキルについて解説していくね。

企画力やコミュニケーション能力

フリーランスは何と言っても、クライアントからの信用されているかどうかが大切となってくる働き方になります。

例えば、信用が全くない状態でWebデザイナーの活動をしても仕事をもらえることが少ないですが、信用が集まっているWebデザイナーの場合は再度の依頼をされることが多いのです。

信用を積み重ねていくためにも、新しい企画を提案する「企画力」や相手との要望を聞き取る「コミュニケーション能力」が必要となってくると言えるでしょう。

ちなみに企画力に合わせて、フリーランスにとっては自分を売り込んでいく営業も大切になってきます。職種は異なりますが、営業の方法について詳しく書いた記事があるので、ぜひご参照ください。

コーディング能力

Webサイトの仕上げをしていく際には、コーディングを行っていきます。

コーディング
プログラムを書くこと、もしくは、文字や画像、音声などのデータを特定のコードに置き換える(符号化する)こと。前者は、仕様書や流れ図(フローチャート)に沿って、ソースコードを記述していくことを指す。後者は、エンコードと呼ぶのが一般的。
引用元: ASCII.jpデジタル用語辞典

この際に、どれだけWebサイトを構成する言語(HTML、CSS、JavaScript)を理解しているかで仕上がりが劇的に変化します。

フリーランスWebデザイナーにとっては必須スキルとなるので、必ず理解し常に新しいコードを覚えながら仕事をしていきましょう。

未来性のあるデザイン力

Webデザイナーが作成していくのは、ユーザーに見られやすいサイトです。そのためには、今ではなく未来を想定したデザインを作っていく必要があります。

近年は様々な場所で情報を得るようになってきたので、どれだけ綺麗なWebデザインを作って将来性があるのかが求められているのです。

例えばGoogleで美味しい料理屋さんを検索をしたときに、ホームページに直接行くのではなく、ぐるなびやInstagramなどで情報を得ることが増えてきました。

つまりコンテンツ重視だった昔のサイト作りとは異なり、どれだけWebサイトを見たときにデザインが綺麗かで閲覧数が増えるかが判断されるようになったのです。

常にWeb関連のお仕事は未来性を求められるので、職種関係なくフリーランスになりたい人は覚えておくと良いでしょう。

本気でフリーランスWebデザイナーになりたいなら

本気でフリーランスWebデザイナーになりたいなら
マリア
マリア
私は本気でフリーランスWebデザイナーになりたいんです!
でも自信がないので、まずは何をしていくべきか知りたいです。
ラルク
ラルク
それじゃあここでは、これからフリーランスWebデザイナーを目指そうと考えている人に、おすすめの方法をお伝えするよ!

自分の価値を高めよう

つまりは常に自分の「付加価値」をつけていこう、という意味になります。
付加価値をつけていくことで、価値があがっていき自分自身の希少性が高くなっていくのです。

例えば

  • Webデザイナー×SEO
  • Webデザイナー×コーディング
  • Webデザイナー×マーケティング

などWebデザイナーとしてだけでなく、複数のスキルをかけ合わせていくことができます。

ここで大切なのは、「私は他の人と違ってこんな能力を持っているんですよ!」と伝えていくことが重要となってくるのです。

なのでまずは、複数のスキルを組み合わせていき自分の価値を高めていきましょう。

仕事を安請け合いしないこと

フリーランスにとって大切なのは、安い仕事ばかりを引き受けないということです。

仕事をもらえることはフリーランスにとっていいことなのですが、安請け合いばかりしていると仕事の量に比べて収入を得ることができず、自分の首を絞めてしまう結果に。

なのでフリーランスに求められるのは、常に収入を見込んだ依頼を引き受けていくことが重要です。

ラルク
ラルク
「1日どれぐらいの金額を稼ぎたいのか?」などを明確にしていくことで、どんな案件を引き受ければいいのかが分かります。ちなみに僕の場合は最初のころは、1日1万円稼げるように仕事を引き受けていました。

しっかりとスキルを磨いてからフリーランスを目指す

フリーランスになりたい人の中には、「今すぐにでも独立したい!」という人が多いのですが、スキルがない状態はかなり厳しいのが現実です。

必ず自分が独立しても問題ないと感じれるスキルを身につけてからフリーランスを目指すことをおすすめします。(下記の記事を参考にしてみてください。)

フリーランスでスキルがないのは厳しい?不足スキルを補う資格を紹介フリーランスはスキルがないと、正直働いていくのが難しいというのが現実。まずはどんな技術や知識が必要なのかを理解していく必要があるでしょう。今回はそんな必須スキルを解説しながら、フリーランスにおすすめの資格を紹介していきます。...

さらにWebデザイナーのスキルとは独学でも学んでいけるスキルばかりです。
本気でWebデザイナーを目指そうと考えている人は、まずはスキルを身につけてからフリーランスを目指してみてくださいね。

独学で学べるおすすめのWebデザイナースクールはこちら
デザインで自分らしい人生を手に入れる。【TECH::CAMPデザイナーコース】

まとめ|フリーランスWebデザイナーは大変だけど将来性はある

フリーランスWebデザイナーは大変だけど将来性はある

フリーランスでWebデザイナーを目指していこうとなると、大変な努力が必要となります。

ただ将来的な目線でお話をさせていただくと、IT化が盛んとなっていく未来において、Webデザイナーの仕事は将来性が十分にあります。

Webデザイナーの仕事内容や将来性とは?初心者に分かりやすく解説
Webデザイナーの仕事内容や将来性とは?初心者に分かりやすく解説Webデザイナーとは、どんな仕事内容か気になる人はいませんか?本記事では、Webデザイナーの仕事内容や将来性だけでなく、実際にデザイナーになるまでの流れについて解説しています。転職、フリーランス、副業として仕事をしていきたい人はぜひ参考にしてみてください。...

もしこれから本気でWebデザイナーを目指そうと考えている人がいるなら、将来的に職に困らないようにするためにも1つのスキルとしてもっておくと良いでしょう。

これからもし取得を志そうとしている人は、ぜひプロのWebデザイナー目指して頑張ってくださいね。