もっと、自由な働き方を。
ブログで働き方が変わった男の物語
働き方改革NEWS

同一労働同一賃金で派遣切りが増える【2020年以降は派遣が危険】

同一労働同一賃金で派遣切りが増える【2020年以降は派遣が危険】

こんにちは、働き方アドバイザーのラルクです。

同一労働同一賃金によって派遣切りが噂されているけど、なんで派遣切りにあうんでしょうか?
現在、派遣として働いているので、詳しく知りたいです。
同一労働同一賃金によって派遣の人が危ないというのは本当なんでしょうか?
派遣切りに向けた対策とかって何かないかしら。。。

今回はこういった疑問にお答えいしていこうと思います。

本記事を見てわかること
  • 同一労働同一賃金で派遣切りが増える理由
  • 2020年以降は派遣が危険
  • 同一労働同一賃金による派遣切りを避けるためにすべき対策

2020年4月1日付で、不合理な待遇差をなくすために厚生労働省によって導入される、派遣法改正案の『同一労働同一賃金』。

実際に僕も派遣のコールスタッフとして働いてた経験があるのですが、派遣として働いている人の中には社員と同じ待遇になるから嬉しいと感じている人もいるのではないでしょうか。

しかし一度派遣を経験している僕としては、「同一労働同一賃金」が導入されると聞いたときは、大量の派遣切りが発生すると感じたものです。

ラルク
ラルク
というのも同一労働同一賃金における制度は、派遣で働く人には危険な制度でしかないんだ。

果たしてこれはどういった意味なのか。

本記事では実際に派遣として働いていた僕が、同一労働同一賃金によって派遣切りが発生してしまう理由や、派遣切りに合わないようにするための対策を解説していきます。

同一労働同一賃金で派遣切りが増える理由

同一労働同一賃金で派遣切りが増える理由

先にまとめると、同一労働同一賃金によって派遣切りが増えてしまう理由は以下の通りです。

  • 派遣会社に依頼する企業が減る
  • 仕事ができない人が浮き彫りになる
  • 制度導入による対応が大変

上記の通り。

同一労働同一賃金という制度は、簡単に言うと「派遣の人にも会社員と同じ給料を支給しましょう」という制度になります。

※ちなみに同一労働同一賃金の制度の仕組みを知らない方は、以下の記事が読みやすかったので参考にどうぞ。
⇒参考:同一労働同一賃金 | 働き方改革特設サイト | 厚生労働省

会社員と同じ待遇と聞くと派遣で働く人としては嬉しいでしょうが、派遣会社に依頼する企業からすると迷惑な制度でもあるんですね。

派遣会社に依頼する企業が減る

派遣切りが増える理由の1つとして、派遣会社に依頼をする企業が減る、という理由があります。

というのも基本的に派遣会社に依頼する企業というのは、人材不足を補うためや優秀な人材を低コストで採用したいと考えている企業がほとんど。

ただそんな中で、同一労働同一賃金によって会社員と同じ待遇の給料を支払わなくてはいけないとなった場合、せっかく低コストで人材を採用している意味がなくなってしまうんですね。

ラルク
ラルク
さらに言うと、派遣社員にかかってくる人件費が高くなってしまうと、企業側は多くの社員を雇えなくなってしまいます。

なので派遣会社を利用する企業も、正しい人材の選別を慎重にせざるを得なくなり、派遣切りを起こしてしまうことに繋がっていくのです。

※企業が派遣会社を利用する理由が明記されている記事があったので、こちらも参考にどうぞ。
⇒参考:【企業向け】なぜ派遣を使うのか?人材派遣を利用する理由100選

仕事ができない人が浮き彫りになる

同一労働同一賃金制度が導入されることによって、仕事ができない人が浮き彫りになってしまうという現象が起きてしまいます。

というのも同一労働同一賃金とは、正社員と同様の働きをしている派遣に対して同じ給料を支払うというもの。

そんな中、仕事ができない人に同じ給料を払うわけにはいかないので、仕事ができない人を中心に派遣切りが発生する、という流れになります。

ラルク
ラルク
もちろん仕事ができる人は問題ないですが、仕事ができない人は逆に目立つようになって企業側から要らない存在になってしまうんですね。

しっかりと仕事をしている人に対して、仕事ができない人に同じ給料を払いたいとは企業側も思いません。

そうなってくると仕事ができない人がどんどん派遣切りにあってしまう可能性が高くなっていくんですね。

制度導入による対応が大変

派遣切りが起こってしまう原因の1つとして、制度導入の対応がややこしいという理由があるんですね。

というのも同一労働同一賃金の仕組みとして、以下の2つの方法で待遇が決定します。

  • 派遣先均等・均衡方式
    ⇒人材派遣会社と派遣先企業が協力し、派遣先企業の正社員の待遇に合わせて「同一労働同一賃金」を実現しようとする方式
  • 労使協定方式
    ⇒人材派遣会社と労働者(派遣社員)などによる協議を経て、派遣社員とそのエリアで同種の業務に従事する一般労働者(正社員)の平均賃金と「同一労働同一賃金」を図る方式

※「派遣先均等・均衡方式」や「労使協定方式」について詳しく知りたい方は、以下の記事が分かりやすかったので参考にどうぞ。
⇒参考:【同一労働同一賃金】「派遣先均等・均衡方式」「労使協定方式」とは?ガイドラインに沿って適切な対策を|2020年派遣法改正

上記を見たら分かりますが、どちらを選んだにしても派遣会社や派遣先企業の導入に向けての対応が大変なのは明白。

そんな大変な思いをするぐらいなら、いっそのこと人材派遣会社との提携を無くしてしまったほうがよっぽど楽なんですね。

ラルク
ラルク
めんどくさい手続きなんかは避けたいと思うのが会社というものだしね。
マリア
マリア
なんだか切なくなりますわね。

なので勤める場所がなくなった派遣の人は、最終的に派遣切りという最悪な事態に直面するという流れとなっています。

2020年以降は派遣が危険

2020年以降は派遣が危険

同一労働同一賃金制度によって派遣切りが発生する理由が分かりました。

しかし2020年以降、派遣として働く人はさらに危険にさらされる状況が予想されます。

なぜなら先ほども説明しましたが、同一労働同一賃金制度は企業側に向けて「派遣社員にも正社員と同様の待遇をしましょうね」という意味合いが込められています。

しかし言い換えれば「正社員と同様の働きをしていない人には、それ相応の給料しか支払ってはいけない」という意味合いにもなってくるのです。

ラルク
ラルク
つまり優秀な派遣社員は正社員と同じ給料だけど、それ以外は高い給料を支払う価値がない存在と認識されてしまうんだ。
マリア
マリア
派遣は給料が高いイメージだけど、今後は実力に応じて給料が変わってくるということですわね。
マルもくん
マルもくん
今まで給料が高いというイメージで派遣を選んでいたけど、実力がない人は淘汰される時代になってしまうんだね。

もちろん自分の実力が会社に認められており、会社員並みに働いているという派遣社員は、同一労働同一賃金制度によって給料が増える可能性もあるので嬉しいかぎりでしょう。

しかし優秀とは言え、派遣社員は契約期間を設けられていることに変わりはないので、何が起こるか分からないというスタンスで仕事を選んでいく必要があります。

同一労働同一賃金による派遣切りを避けるためにすべき対策

同一労働同一賃金による派遣切りを避けるためにすべき対策

ではそんな同一労働同一賃金によって派遣切りに合わないためには、今すべきことは何になるのでしょうか?

先にまとめると、以下の対策がおすすめです。

  • 自分のスキルの底上げを図る
  • 正社員を目指す

上記の通り。

実際に僕が派遣から脱した方法でもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

自分のスキルの底上げを図る

派遣切りに合わないようにするためには、他の人との違いを明確にするためにも、自分のスキルをあげていく必要があります。

なので自分のスキルの底上げを図っていくことが、派遣切りに合わないための対策の1つとしてあげられるんですね。

例えばですが、僕はコールスタッフの派遣として働いていましたが、そこからコミュニケーションスキルをあげていきました。

その結果、コミュニケーションスキルだけで年収700万円のコンサルティング会社に転職ができたので、スキルの底上げは大変重要だと感じています。

※僕がコミュニケーションスキルをあげただけで、転職が成功したお話は以下の記事に書いているので、気になる方は参考にどうぞ。

【転職話】30代『スキルなし・資格なし』でも転職できた時の体験談
【転職話】30代『スキルなし・資格なし』でも転職できた時の体験談30代で転職を考えても「スキルも資格も何もないから無理だ」と言って、転職を諦めてしまうということはありませんか?本記事では、実際にスキルも資格も何もない30代の男が転職を成功させた体験談についてまとめました。30代で転職希望者の人は必見です。...

もちろん仕事内容によって、必要なスキルを自分で選ぶ必要が出てくるので注意が必要です。

企業側から必要だと思われる存在になっていくためにも、自分が必要だと感じるスキルの底上げを図っていきましょう。

在宅ワークに必須のスキル7選【スキルなし⇒稼げる人になる方法】
在宅ワークに必須のスキル7選【スキルなし⇒稼げる人になる方法】在宅ワークを始めたいけど、どんなスキルが必要なのか分からないという方はいませんか?本記事では、在宅ワークに必須なスキル7つを紹介しつつ、スキルなしでも稼げるようになるための方法を紹介しています。在宅ワークで稼げるスキルを身につけたい人は参考にどうぞ。...

正社員を目指す

同一労働同一賃金制度の導入によって派遣切れに合わないためには、正社員を目指すのも1つの対策法です。

というのも同一労働同一賃金制度は、正社員と同等の待遇を与えることを目的としています。

ラルク
ラルク
ただ派遣の人は契約期間が切れてしまうと、せっかく理想的な収入を得ていたとしても途中で契約解除を宣告される恐れがあるんですね。

もちろん色んな企業で働きたい人にとっては派遣の方がいいでしょうが、契約解除をされた後に職を失ってしまう可能性があるのが派遣という働き方になります。

なのでそんな不安を払しょくするなら、そのまま正社員を目指すのが一番理想的な流れになるのです。

派遣から正社員を目指す方法

また派遣の人が正社員を目指すなら、以下の2つの方法で目指すと良いでしょう。

  • 派遣として働いている会社に正社員採用できるか相談する
  • 派遣から正社員を目指せれる就職サイトを使う

上記のどちらかを選んで正社員を目指すのが、一番理想的な流れと言えます。

もし気になる会社で働いているならそのまま正社員を目指し、特に気になった企業がないなら就職サイトを活用すればスムーズですよ。

ラルク
ラルク
ちなみに以下のサイトは、僕が実際に利用した就職サイトの中でも特におすすめのサイトなので、ぜひ参考にしてみてください。

(おすすめ就職サイト)


就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!
⇒派遣やフリーター向け求人サイトの中でも、一番定番となっている転職サイト。「離職率が高い業界は紹介しない」を徹底しているのが特徴。



マイナビエージェント
⇒転職サイトの定番でもある大手マイナビですね。求人案件が多数存在するのが特徴的。

適性検査LP
MIIDAS(ミイダス)
⇒実際に自分にどんな適性があるのか、自分の強みを見つけることができるアプリですね。自分の理想的な仕事が分からない人ほどおススメのアプリ。

ちなみに、どのサイトも登録は無料です。

同一労働同一賃金制度の導入によって、派遣のままで働き続けることは派遣切りの対象になってしまう可能性が増えてきます。

ただいち早く現状を打破しようと行動した人ほど、今の状況を脱することができるので、将来に漠然とした不安を抱えている人は早めの行動をしていきましょう!

まとめ|同一労働同一賃金による派遣切りから逃れよう

同一労働同一賃金による派遣切りから逃れよう

同一労働同一賃金制度の導入によって、派遣切りにあう人はどんどん増えていくことが予想されます。

派遣会社や派遣を依頼する企業によっては対応策が施されているでしょうが、何より自分の身は自分で守らなくてはいけません。

なので派遣切りに合わないためにも、自分から行動を起こして現状を変えていくことに力を注いでいきましょう。

自ら行動する人ほど、被害を最小限に抑えることに繋がっていくものですよ(^^)

それでは以上となります。
ありがとうございました

(おすすめ就職サイト)


就職後も手厚いフォロー!就職後の定着率94.3%!就職ならジェイック!
⇒派遣やフリーター向け求人サイトの中でも、一番定番となっている転職サイト。「離職率が高い業界は紹介しない」を徹底しているのが特徴。



マイナビエージェント
⇒転職サイトの定番でもある大手マイナビですね。求人案件が多数存在するのが特徴的。

適性検査LP
MIIDAS(ミイダス)

⇒実際に自分にどんな適性があるのか、自分の強みを見つけることができるアプリですね。自分の理想的な仕事が分からない人ほどおススメのアプリ。

ブログ初心者でもブログのプロになれる【BLOG-PRO】

働き方を変えるきっかけ作りとして、ブログを始めてみませんか?

  • ブログの始める前の基礎知識
  • ブログの始め方
  • ブログでお金を稼ぐ方法
  • ブログで月1〜10万円をめざす方法
  • ブログを継続するための「100講座」

本サイト「はたらくPRO」を運営している僕が、ブログでお金を稼ぐまでの準備の仕方やブログ運営に役立つノウハウを、包み隠さずにかき記しているブログです。

 

ブログ初心者が「ブログのプロ」になることをモットーとしているので、わかりやすく丁寧にまとめました。

『副業』にも『転職』にも『独立』にも役立つブログを、ぜひ一緒に始めてみましょう!

 

公式サイト:「ブログのプロ(BLOG~PRO)」はこちら

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です