働き方を選ぶ

【理想の働き方を選ぶ方法】働き方アドバイザーが語る仕事の選び方

【理想の働き方を選ぶ方法】 働き方アドバイザーが語る仕事の選び方
理想の働き方ってなんだろう?これからの仕事の選び方がわからなくなってきたよ。。。
自分に合った働き方って何?そんなの見つけられるの??

はじめまして、「働き方アドバイザー」のラルク(@raruku_hataraku)です。
今回はこんな疑問にお答えしていこうと思います。

本記事を見て分かること
  • 理想の働き方を選ぶ方法
  • 時代を生き抜くための仕事の選び方
  • 日本の働き方はこれからも変化し続ける

普段仕事のことで悩んでいる人の中には、「理想の働き方って何?」と考える人がいるのではないでしょうか?

近年は働き方改革などが話題となっている一方で、自分の理想的な働き方が分からなくなった、と感じている人もいるようです。

ラルク
ラルク
働き方改革のおかげで働きやすくもなったし、不満を抱える人もでるようになりました。

そんな変わりゆく変化の中、理想の働き方を見つけていくことはとても重要で、今後のキャリアプランを形成していくことにも役立つのです。
そこで僕は理想的なキャリアプランを実現させるためにも、まずは「理想の働き方とは何か?」、という疑問を解消しなくてはいけないと考えました。

なので今回は理想の働き方にまつわる疑問を解決しつつ、仕事の選び方やこれからの働き方を見つけるためのポイントを紹介していきます。

理想的な働き方や仕事とは何か?

理想的な働き方や仕事とは何か?

まずは理想的な働き方や仕事を見つけるために、「人それぞれの理想的な働き方や仕事などを明確にしていかなくなてはいけません。

なのでまずは男性と女性とで分けていきましょう。
そこから、人それぞれの理想的な働き方や働く目的が見えてくるはずです。

男性にとっての理想的な働き方や仕事

男性にとって仕事とは、以下の3つの目的をもって働く人が多いです。

  • キャリアアップ
  • 経済的な安心感
  • 人との繋がり

男性は何より自分のキャリアアップを意識して働き、常に自己成長を優先的に考える人が多いと思います。
さらに経済的な安心感を得ることで日々の満足感を覚え、人との繋がりを何より大切にしていくのです。

よく飲み会などでお金を使って、「付き合いが大事!」と言っているサラリーマンが多いと思います。
これは「人との繋がりを大切に思っている人が多い」からなんですね。

もちろん人との繋がりの中で新たな出会いを見つけていくことも、1つのキャリアアップに繋がるので、男性には必要なイベントと言えるでしょう。

なので男性が理想的な働き方を見つけていく際には、仕事のスキルや金銭面、人間関係が満たせる働き方を選ぶのが1つのポイントと言えます。

女性にとっての理想的な働き方や仕事

女性の理想的な働き方や仕事とは、男性と違い、以下の3つ目的の上で働いています。

  • 転職しやすい・復職しやすい
  • 会社の制度が整っている
  • プライベートが優先できる環境

女性は特に仕事に対してキャリアアップを望んでいる人は少なく、臨機応変に転職しやすかったり、復職しやすい環境を好みます。
さらにプライベートを優先できるよう環境が整っていたり、会社の制度が整っている場所で働くことに憧れを持っている人が多いと言えるでしょう。

なぜなら女性は特にキャリアアップなどを望んでおらず、結婚をしたいという願望が強かったり、家庭を優先的にしたいと考えることが多くなってくるからです。

例えば、子供ができた日をきっかけに退職した場合、しばらくしてから仕事を探しますね。
そんな時に、復職しやすい職場」「働くお母さん歓迎の職場」は、女性としてはありがたい環境なのです。

もちろんキャリアアップを望むキャリアウーマンもいるでしょうが、圧倒的に多いのはプライベートを優先する女性になります

なので女性の場合は、家庭を優先したり自分のプライベートを満喫できる働き方を選ぶのが、理想的な働き方を見つけるポイントと言えるでしょう。

理想の働き方や仕事を見つける3つの方法

理想の働き方や仕事を見つける3つの方法

では男性と女性の理想的な働き方の違いを踏まえて、次は理想的な働き方を見つける方法についてまとめていきます。

どんなキャリアを形成していけばいいのか、どのような生活を過ごしていきたいのかを考えながら、3つの方法を試してみてください。

何のために仕事をするのかを考える

男性にも女性にも言えることなのですが、何のために仕事をしていくのかを考えていくことが大切です。

マジメに働いていくことももちろん大切ですが、何を目的として日々働いていくかを考えてから働き方を選んでいきましょう。

  • お金のためなのか
  • 自分の為なのか
  • 自分の大切な人のためなのか
  • 将来のスキルアップのためなのか
  • プライベートを満喫するためなのか

人それぞれ価値観が異なるので、目的もまったく違うはずです。

ラルク
ラルク
さらに言うと仕事の選び方ひとつで、何を得られるのかが変わってきます。

なのでまずは自分がいま大切にしていることや、仕事の関わりの中で得たいものを明確にしていくことで、理想的な働き方や仕事を見つけることにつながるでしょう。

将来的な未来像を想像して選ぶ

将来的な未来像を想像することも、理想的な働き方を見つけていくのには重要なことです。
なぜならどんな未来に向かっていきたいのかのゴール設定をしておかないと、どんどん理想的な働き方から遠ざかっていく可能性が出てくるからです。

例えば「将来的にサッカー選手になりたい」と言っていた子供が、いきなり野球をやり始めてサッカーが上手くなるでしょうか?
サッカー選手になりたいのなら、サッカー選手になるための方法を実践していくほうが、「サッカー選手になる」というゴールに近づいていくことができるのです。

もちろん10年後などでもいいですし、1年後でも問題ありません。

ラルク
ラルク
大切なのは、なんとなくでも理想的な将来像を作ることです。

理想の将来像という「ゴール」を作ることで、今すべき選択肢も変わってきます。

なのでまずは、将来的になりたい未来像を明確にしてから、理想的な働き方や仕事を見つけていきましょう。

やりたくない仕事は徹底的にやらない

世の中には色んな仕事がありますが、その中でもやりたくない仕事をしていくのは非効率と言えます
なぜならやりたくない仕事は、理想的な仕事と真逆の働き方を選んでいて、何のメリットも生み出さないからです。

よくサラリーマンになりたての頃、
「嫌な仕事でも、まずはなんでもいいからやってみろ!」と言われた人も多いのではないでしょうか?
おそらく仕事を覚えさせるために言う言葉なのでしょうが。。。

ただやりたくない仕事をし続けても、スキルは伸びないし、ストレスも溜まり、仕事を辞めてしまう。せっかくの時間を、無駄にしてしまう可能性が出てくるのです。

ラルク
ラルク
ここで大切なのは「やりたいことを見つけるのではなく、やりたくないことを見つける」ということ。

理想的な働き方を実現していくには、とにかくやりたくないことはやらない。

そうすることでストレスも感じることなく、人に合った理想的な働き方を見つけるきっかけとなっていくのです。

【好きなことを仕事にする】本当の意味を知ってる?【方法と現実】
【好きなことを仕事にする】本当の意味を知ってる?【方法と現実】「好きなことを仕事にする」の本当の意味を知っていますか?大半の人は本当の意味を理解せず、憧れを持つ傾向にあります。本記事では、「好きなことを仕事に」の本当の意味や方法についてまとめています。本気で好きなことを仕事にしたい人だけ読んでみてください。...

これからは働き方や仕事の概念が常に変わり続ける

これからは働き方や仕事の概念が常に変わり続ける

少し余談ではありますが。
日本の働き方は大きく変わり続けていることをご存知でしょうか?

日本の働き方は常に変化している

日本の働き方は常に変化しています。
歴史から見ても、常に日本の働き方が一定であることはなく、常に変化してきているのです。

その中でも2019年は、さらに変革の時代だと感じています。
なぜなら、働き方の種類が一気に増えたからです。

日本は働き方の種類が増えた

僕は今30代なのですが、親世代と比べて働き方の種類が大きく変化し、増えてきました。

(働き方の種類)

  • 副業
  • フリーランス
  • 週末起業
  • プチ起業
  • YouTuber
  • インフルエンサー
  • なんでも屋
    etc.

あげだしたらキリがありませんが、昔みたいにサラリーマンや公務員といった決められた働き方は崩壊してきたのです。

なので、理想的な働き方を実現するための仕事も、選びやすい時代になってきました。

理想的な働き方を選ぶために必要なこと

今の時代は変わりつつあります。
その中で会社員だけでなく、もっと違った働き方も視野に入れていくことが大事です。

何が正解かは誰にもわかりませんが、正社員だけが正解とも限りません。

もちろん正社員を否定しているわけではなく、あくまで「選択肢を1つに絞るのはもったいないよ」ということをお伝えしたいのです。

まずは今後の生き方を考えていく上で、どんな働き方があるのかを調べてみてはいかがでしょうか?

以下には2019年においての、新しい働き方をまとめた記事を記しておきました。
こちらも参考にしてみてください。

【2019年版】新しい働き方を見つけよう!多様化した働き方11選新しい働き方ってどんなものがあるかご存知でしょうか?近年の働き方はどんどん新しいものへと変化し、更なる変化を遂げようとしています。今回はそんな現代の新しい働き方の種類をご紹介していきます。...

まとめ|理想的な働き方は昔より見つけやすい

理想的な働き方は昔より見つけやすい
本記事のまとめ
  • まずは男性・女性別で理想的な仕事や働き方を知ること
  • 何のために働き、将来はどうなりたいかを考えれば理想的な働き方は見つかる
  • やりたくない仕事はしなくていい
  • 日本の働き方が変化している今だからこそ、理想的な働き方を見つけるチャンス

昔はサラリーマンや公務員といった、ある程度レールがしかれた働き方しか選べませんでした。
そのせいで仕事の選択肢が少なかったのですが、今は働き方の選択肢も増えて自分で選べるようになってきています。

なのでまずは、「自分がどんな理想的な未来を過ごしていきたいのか?」

そこから考えてみてはいかがでしょうか?
そして見つかったら、理想を現実にするために行動していく。
ただそれだけで、理想的な働き方を実現するための一歩を踏み出せるでしょう。

本サイト(働くプロ)には、そんな「働き方」に関するコンテンツがたくさん書かれています。
もし他にも働き方に悩んだことがあれば、他の記事も参考にしてみてくださいね。

以上。ありがとうございました!