現代の働き方

働き方を変えたい人がすべき7つの行動【理想的なワークスタイルへ】

こんにちは、働き方アドバイザーのラルク(@raruku_hataraku)です。

働き方を変えたいけど何をしていけばいいのか分かりません。今の環境を変えていくためにはどんな行動をすればいいんだろうか?

今回はこんな疑問にお答えしていこうと思います。

本記事を見て分かること
  • 働き方を変えたい人がすべき7つの行動
  • 働き方を変えたい人におすすめの本

僕自身ももともとサラリーマンだった頃があり、今となっては複数の仕事をこなす複業家という働き方に変えていきました。

その中の1つの肩書でもある「働き方アドバイザー」として、色んな悩みを抱える人の話を聞く機会が多いのですが。

ほとんどの悩みが「働き方を変えたいけど何をしたらいいのか分からない」という悩みがほとんどだということに気づきました。

そこで本記事では、実際に働き方を変えたい人にいつもお伝えしている、「最初にすべき7つの行動」をお伝えしていきます。

最後には、僕が働き方を変えたきっかけにもなったおすすめの本も載せておきましたので、ぜひ参考にしてみてください。

働き方を変えたい人がすべき7つの行動

働き方を変えたい人がすべき7つの行動

結論として、働き方を変えたい人がすべき行動は以下の7つです。

  1. 世の中にある働き方を調べる
  2. 将来的になりたい姿を想像する
  3. 今の会社に勤め続けた場合の未来を考える
  4. 自分の価値を高める
  5. 人に頼ることを知る
  6. 常に疑問をもつこと
  7. 信頼できる人に相談する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

世の中にある働き方を調べる

世の中にある働き方を調べる

働き方を変えたいなら、まずは世の中にある働き方を知りましょう。
なぜなら働き方を変えたいと思っていても動き出せない人は、今の環境でしか働けないと感じているからです。

今は働き方が変化し、さまざまな働き方が増えてきています。
例えば、

  • フリーランス
  • ブロガー
  • YouTuber
  • 複業家
  • 週末起業家

など探せばいくらでも出てきます。

もちろんどの働き方が合っているかは、自分で調べて試してみないことには分かりません。
しかし無知ほど怖いものはないと言っていいでしょう。

なのでまずは世の中の働き方を知ってから、今の環境をどのように変えていくか考えてみてはいかがでしょうか。

将来的になりたい姿を想像する

将来的になりたい姿を想像する

人には必ず「こうなりたい」という理想的な未来があるはずです。
なので将来的になりたい姿を想像していきましょう。

将来的になりたい姿を考えることで、目標に向かっての行動の仕方が変化していきます。

例えばブラック企業で働いている人の中には、辞めたくても辞めれないという人が多いことをご存知でしょうか?
辞めれない理由としては、「特に目標がないから」「特に辞めてもやりたいことがないから」が主な理由なのです。

もちろんブラック企業でも、好きなことを仕事にできているから、という人もいるでしょうが。
あくまで何かしらの目標がないと、仕事は続かないものです。

なので働き方を変えたい人は、将来の本当になりたい姿を考えてみるのもいいのではないでしょうか。

今の会社に勤め続けた場合の未来を考える

今の会社に勤め続けた場合の未来を考える

今の会社に勤め続けた場合の未来を考えることも重要です。
なぜなら、会社が将来的に自分のことを守ってくれる保証があるなら、無理に働き方を変える必要がないからです。

実際に僕が体験した話なのですが。
サラリーマン時代の決起大会で、社長が「今年は現状維持で頑張りましょう!」と高らかに宣言した会がありました。

ラルク
ラルク
現状維持?いやいや、常に成長していくのが会社ってもんじゃないの?

僕はこんな疑問を感じ、未来性がないと感じてすぐに会社を辞めました。(案の定、その会社は倒産してしまいました。)

今勤めている会社に未来性があるなら、そのまま働き続けてもいいと思います。

しかし働いている人が明らかに苦しそうな顔をしていたら、危険信号の前触れなので、働き方を変えていくほうがいいかもしれませんね。

自分の価値を高める

自分の価値を高める

働き方を変えたいと言っても、いきなり変えれるものではありません。
なぜなら自分の価値が低い場合は、働き方を変えても仕事がうまくいく可能性が低いからです。

例えばフリーランスの世界は、スキルがあってなんぼの世界です。
詳しくは「フリーランスでスキルがないのは厳しい?不足スキルを補う資格を紹介」という記事にも書いていますが、スキルがないと仕事がもらえることがありません。

もちろん、ただ転職をするだけなら、そこまでのスキルはいらないかもしれませんが。
年齢が上がっていくほど、働く企業から求められる価値というものは高くなっていくことが予想されます。

ラルク
ラルク
それだけ企業は、優秀な人材を求めているということです。

ちなみに価値とは

  • 自律性
  • 生産性
  • 独自性

などを高めることです。

働き方を変えたいと考えるなら、今から少しでも自分の強みを見つけて高めていくのはいかがでしょうか。

人に頼ることを知る

人に頼ることを知る

人に頼っていくことを覚えていくことも、働き方を変えていく際に大きなきっかけ作りになります。
働き方を変えたいと感じている人の中には、「誰も仕事を手伝ってくれないから働き方を変えたい」という人が多いからです。

例えば大量の仕事があったとしても、誰にも頼らず自分ですべてを終わらせようとします。
しかし他の人が先に会社から帰ってしまうと

なんで私だけこんな目に。。。

と感じてしまい、「働き方を変えたい」と感じるようになるのです。

ここだけ切り取ると一生懸命働いている人のほうが可哀そうに見えますが、「手伝ってほしい」という人に頼る言葉を言えば、手伝ってくれる可能性もあります。
そうすると「働き方を変えたい」という言葉もなくなってくるはずです。

もちろん「手伝ってもらっても頼りにならない」と言えばそこまでですが、すべてを自分で抱え込みすぎて自分を追い込むのもよくありません。

少しでも働く環境を変えていきたいと考えるなら、人に頼っていくのも1つの手段と言えるでしょう。

常に疑問をもつこと

常に疑問をもつこと

働き方を変えていく際にもそうですが、何事も疑問を持つことが大切になります。
なぜなら疑問を持たなければ間違った仕事を選択し続ける可能性があり、さらには他の働き方に視野を広げることができなくなってしまうからです。

例えば、働き方を変えようと動き出したとしましょう。
今は色んな働き方があるので、1つの選択肢が必ずしも正しいとは言い切れません。
しかし疑問を持ち続ければ、今の環境に違和感を感じるようになり、また違った働き方を目指せれるようになるのです。

もちろんすぐに諦めて働き方を変えてしまうのはよくありません。
しかし疑問がなければ気づきも遅くなる可能性もあり、早めの対策を立てるきっかけにもなるのです。

何事も疑問を持ち続けなければ、今の環境から変わることはできないということを覚えておいてください(*´ω`)

信頼できる人に相談する

信頼できる人に相談する

最後は信頼できる人に相談することが最も重要になります。
なぜなら、働き方を変えていくことを1人で決めてしまうのは、精神的負担になってしまうからです。

働き方を変えていくということは、プレッシャーを感じたり不安を感じたりと精神に不具合を生じてしまいがちになります。
しかし、そんな時に信頼できる人がそばにいたり相談をできるようにしておけば、少しでも負担を減らすことに繋がるのです。

もちろん働き方を変える前に、今の職場の環境について相談するのも問題ありません。

ラルク
ラルク
少しでも相談できる信頼できる人がいることは、働き方を変えるときに大きな励みになりますよ。

働き方を変えたい人におすすめの本

働き方を変えたい人におすすめの本

今までの慣れた働き方を変えていこうとしている人の中には、相当な覚悟をもって動き出そうとしている人もいることでしょう。

そんな働き方を変えようとしている人には以下の3冊の本がおススメです。

created by Rinker
¥1,540
(2019/11/23 05:09:44時点 楽天市場調べ-詳細)

この2冊は働き方を変えようと思っている人には、今後の将来性や自分のしたいことを見つけるきっかけを作ってくれる本だと思います。

レビューを見ていただければ、評価が高いことが分かるはずです。

「パラレルキャリア」は、僕が複業家になったきっかけになった本なので、働き方を大きく変えたいと感じた人は参考になるかと。

ただ働き方を学べる本は他にもあり、「本で働き方を学ぶべき理由とおすすめ書籍6選【本当の働き方改革】」におススメの本をまとめています。

まずは本を参考にして、働き方を変えてみようと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

まとめ|働き方を変えたいなら行動しよう

働き方を変えたいなら行動しよう

働き方を変えたい人がすべき7つの行動と、おススメの本について解説してきました。

ただ結論としては、働き方を変えていくには本を読むにも何をするにも行動をしなくては変化がありません。

ただこればかりは強制ではないので、自分の気持ちで動き出さなくては意味がないのです。

ラルク
ラルク
ぜひ本記事を読んで、働き方を変えるための行動をしていくれると幸いに思います。

もし働き方を変えたいけど相談できる人がいないということなら、いつでもコメントしていただいてもかまいません。

少しでも今の環境を変えるきっかけになることを願って、以上とさせていただきます。
ありがとうございました。