副業

【悲報】副業とは疲れるもの|疲れないための副業選びとは?

【悲報】副業とは疲れるもの|疲れないための副業選びとは?

こんにちは、働き方アドバイザーのラルク(@raruku_hataraku)です。

副業をずっとやってると疲れる。。。
本業もあるのに副業までしてたら、自分の休む時間がほとんどなくなっちゃった。こんなはずじゃなかったのに。。。

今回はこんなお悩みを解決していこうと思います。

本記事を見てわかること
  • 副業とは疲れるもの
  • 疲れないための副業選び

副業をしている人の中には「副業ばかりしていて疲れてしまった」という人もいるかと思います。

そんな僕も本業を片手間に副業をしていきながらフリーランスとなっていきましたが、最初の1年目というのはかなり大変でした。

副業のことを何も知らないまま始めたということもあって、日々疲労がたまっていったんですね。。。(詳しくはプロフィールをご覧ください)

ただ今となっては色んな副業を経験してきたということもあって、自分でも疲れない副業を選んでいくことができるようになりました。

※実際に実践したおすすめ副業は、以下の記事にまとめてますので参考にしてみてください。
【実践済】副業は何をするべきか?おすすめ9選とおすすめしない副業

そんなさまざまな副業を経験してきた僕ですが、全体的に見て副業とは「疲れる副業」と「疲れない副業」に分類することができるということが判明したのです。

ラルク
ラルク
最近副業が疲れてきたという方は、もしかしたら自ら疲れる副業を選んでいるのかもしれませんよ?

なので本記事では、副業で疲れてしまう原因と疲れないようにするための副業の選び方を分かりやすくまとめました。

「少し副業で疲れを感じ始めている人」や「疲れない副業を選びたい人」などは、ぜひ参考にしてみてください。

副業とは疲れるもの

副業とは疲れるもの

基本的に副業は疲れるものです。
よく「気軽に30万円」とか「ボタンを押すだけで副収入」なんて広告もありますが、そんなに簡単なものではありません。

副業を始めてみて大変さに気付く人も多いのですが、副業で疲れる要因をまとめると、主には以下の3つが原因だったりします。

  • サラリーマンをしながらの副業は大変
  • 好きな副業じゃないと続かない
  • お金を稼ぐのは大変だと知る

この3つをクリアすれば疲れることはないんでしょうが、それがなかなか難しんですよね。

サラリーマンをしながらの副業は大変

サラリーマンをしながらの副業は大変

副業を始めようとする人は、本業があるサラリーマンの方がほとんど。
僕も実際サラリーマンとして活動していた時は、会社に行きながら副業を始めたものです。

ただ一日の流れを見ていくと分かるのですが、、、

朝早くに会社に行って

本業でバリバリ仕事をして

少しの空いた休憩時間にスマホとかで副業をして

また本業でバリバリ仕事して

家に帰ったらまた副業して

疲れ切ったまま寝る(※最初に戻る)

見ただけでもそうですが、そりゃあ大変ですよ( ;∀;)
こうなってくると、プライベートはいくつか削らないといけません。

ラルク
ラルク
いつ休むんだって話ですね。

副業を始めようとする人は、普段の収入に不満を抱えて始める人が多いっていうのもありますが、どこかしら「今の暮らしがよくなればいいな」と始めているはず。

しかし副業をして疲れた体にさらにムチをうって酷使するのは、果たして暮らしが良くなったと言えるのでしょうか?

副業は好きなものじゃないと続かない

副業は好きなものじゃないと続かない

副業は気軽に始める方もいますが、同じ副業はいつしか「飽き」がきます。

もちろん慣れれば大丈夫なんですが、副業は趣味とおなじで好きなものじゃないと続かないんですよね。

中には副業を楽しみにして始めようとする人もいるにもかかわらず、そのまま挫折してしまうっていう人が後を絶ちません。

ラルク
ラルク
よく副業は難しいよって意見が出るのは、始めたけど面白くないって意見が出てきているからなんだ。
マルもくん
マルもくん
確かに楽しくないと、副業って続かないかも。。。
マリア
マリア
問題は好きかどうかで副業を選べてるかどうかね。

本業は別に好きになる必要はないですが、自分の時間を削ってまで副業をするなら、好きなことを仕事にしたいところ。
そうすれば疲れていても楽しみながら副業をしていることになるので、疲れはそこまで感じないはずです。

なので普段から疲れを感じる副業をしている人は、好きな副業を選べているのかを確認してみてはいかがでしょうか。

(※好きを仕事にする方法はあるので、「好きなことを仕事にしたい人」は以下の記事も参考にどうぞ。)

【好きなことを仕事にする】本当の意味を知ってる?【方法と現実】
【好きなことを仕事にする】本当の意味を知ってる?【方法と現実】「好きなことを仕事にする」の本当の意味を知っていますか?大半の人は本当の意味を理解せず、憧れを持つ傾向にあります。本記事では、「好きなことを仕事に」の本当の意味や方法についてまとめています。本気で好きなことを仕事にしたい人だけ読んでみてください。...

お金を稼ぐのは大変だと知る

お金を稼ぐのは大変だと知る

副業を始める人のほとんどは、ちょっとしたお小遣い稼ぎをイメージして始めることがほとんど。

ただ副業のことをよく知らない人は、以下のように諦めてしまいます。

「とりあえず副業始めてみるか」などの感覚で始めてもほとんどの人は続きません。
これが現実なんです。

よく分からず副業をしてみて稼げなかったら、そりゃあ疲れもたまっちゃいます。
お金を稼ぐのって大変だということを、副業を始めてから理解する人も多いはずです。

【悲報】お金を稼ぐのは大変|お金は簡単に稼げない【超初心者向け】お金を簡単に稼ぎたいけど、初心者は何を選んだらいいのかわからないということはありませんか?残念ながら、世の中に出ているお金を稼ぐ方法はほとんどが簡単に稼げません。本記事ではそんな稼げない理由を話しつつ、超初心者向けのお金の稼ぎ方をご紹介しています。本当の初心者の人だけご覧ください。...

疲れないための副業選び

疲れないための副業選び

先ほども説明しましたが、基本的にほとんどの副業は疲れるもの。
副業をしているほとんどの方は身体を酷使して頑張っているのです。

ただどうせなら疲れなんて感じずに副業をしたい、という人もいるかと思います。
なので少しでも楽して副業をしたいという人のために、疲れない副業をまとめました。

  • 喋るだけでお金がもらえる副業
  • スマホだけでできる副業
  • 趣味を仕事にする副業

それぞれどんな副業があるのか、分かりやすく説明していきますね。

喋るだけでお金がもらえる副業

喋るだけでお金がもらえる副業

世の中には、喋るだけでお金がもらえる副業があります。
基本的にしゃべっていれば大丈夫なので、疲れるといっても身体を動かす仕事よりかは、疲れ具合が異なるはずです。

喋るお仕事と聞くと最初に思いつくのが「声優」のお仕事でしょうが、他にも喋って収入を得る仕事があります。

例えば流行りの「YouTuber」なんかも、自分の知識をそのままカメラに向かってしゃべるだけで収益を獲得することも可能です。
「教育系YouTuber」とも言われている、オリエンタルラジオの中田敦彦さんやメンタリストDaiGoさんがいい例。

動画だけ見ると難しそうってイメージを持たれると思いますが、ここで知っていただきたいのは、「喋るだけでも副業として成り立つ」という事実です。

他にも女性ならチャットレディとして男性とお話したり、男性でもお悩み相談を受けるだけで収益を得られることができます。

話をするのが好きな人やコミュニケーションを取るのが上手い人なんかは、喋っていても比較的疲れないでしょう。

スマホだけでできる副業

スマホだけでできる副業

スマホだけでできる副業も、電車の中の移動中でも簡単にできるとあって比較的疲れません。(目は疲れるでしょうが。。。)

そしてスマホでできる、代表的な副業が以下の2つ。

  • 投資の副業
  • ポイントサイトでの副業

投資系も身体を酷使しないので疲れにくい副業ですが、副業初心者が始めるにはある程度の知識が必要です。

常にグラフを見たり、グラフの上げ下げで一喜一憂することもあるので、結構疲れちゃうんですよね。

ラルク
ラルク
ただこれは僕の一意見で、比較的労力はかけずに頭をつかえば投資系は稼げると思います。

さらにポイントサイトは、ちょっとしたお小遣い稼ぎにはもってこいの副業です。
ポイントを貯めていけば、商品券や電子マネーに交換することもできるので、お金として活用することができます。

少しでも楽をしたいなら、常に身につけているスマホで副業をすれば、いちいちパソコンを開かなくてもすんじゃいますよ。

趣味を仕事にする副業

趣味を仕事にする副業

副業が疲れる理由の中に「副業は趣味と同じ」と書きましたが、まさに趣味を仕事にしてしまえば、疲れを感じることはありません。

趣味の延長上みたいなものなので、副業だとも思わずに仕事をしていくことができるんですよね。

ラルク
ラルク
ただ趣味と言ってもいろいろあるので、考え方を変えながら副業に当てはめていくのが1つのコツになります。
マルもくん
マルもくん
どういうこと?

例えばですが、趣味が読書なら文章を読んだり書いたりするのが好きだったりする人も多いので、この場合だと「Webライター」や「ブロガー」がおすすめです。
なぜなら文章の構成法や言葉の選び方が素人よりも理解しており、何より自分の文章を読んでもらうことに喜びを感じる傾向があります。

他にもアクセサリー作りが得意だったり、似顔絵を描くのが趣味という人は、スキルシェアサイトを使って自分の商品やスキルを売るのもいいでしょう。

考え方次第で趣味を副業にすることもできるので、楽しく副業をしたいという人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

できる副業プレイヤーは「疲れる」って言わない

できる副業プレイヤーは「疲れる」って言わない

本記事のまとめです。

本記事のまとめ
  • 副業は疲れるもの
  • 疲れない副業を選ぶことが1つの対策方法
  • 「喋る」「スマホのみ」「趣味が仕事」などの副業が疲れない副業

人間とは必ず疲れるもの。
「副業は疲れるからやめる」という弱音をはいたって全然いいと思います。

ただそんな弱音を言いながらも頑張った人が、副業を続けていくことができるのです。

なのでもし疲れる副業を選んでいる方が本記事を見ているなら、一度疲れない副業を選んでみて楽しむところから始めてみてはいかがでしょうか。

そうすればだんだんと副業をする毎日にも慣れてきて、自分なりに「疲れない副業」見つけることができると思いますよ。

では以上です。
ありがとうございました!