複業

【複業の始め方】初心者から複業家になろう【仕事の探し方教えます】

【複業の始め方】初心者から複業家になろう【仕事の探し方教えます】

どうも、複業家のラルク(@raruku_hataraku)です。

複業を始めてみたいと思っているけど、どうやって仕事を得ていくの、始め方から仕事の探し方まで分からないよ。。。
どうやって始めていけばいいでしょうか?

今回はこんな疑問にお答えしていこうと思います。

本記事を見て分かること

・複業の始め方

・複業における仕事の探し方

・複業を始める前に今からしておくべきこと

僕は複業家としていま、複数の仕事を請け負っています。

契約しているクライアント様は6社を超えており、今でも継続的に仕事を引き受けるようになっている状態です。

そんな僕が今回、複業家として活動していくにあたっての始め方や探し方。
そして複業を始める前にしておくべきことなども合わせて、分かりやすくていねいに解説していきます。

複業の始め方とは?

複業の始め方はいたってシンプルです

結論から先に申し上げると、複業の始め方はいたってシンプルです。
1つの本業とは別に、他にも得意なことや好きなことができる仕事を見つけて働いていけばいい。

ただそれだけです。

複業の基本的な始め方

複業と言っても働き方は様々で、主に3種類の働き方があります。

  • フリーランスとして複数の仕事をこなす 
  • 会社に勤めながら複数の仕事をこなす
  • 複数の企業に勤めて仕事をこなす
マルもくん
マルもくん
複数の企業に勤めることってできるんですか!?
ラルク
ラルク
主に都心部で多いけど、実際に活動されている方はいるね。ただそれぞれの会社の勤務時間が異なるから、日々仕事のバランス調整に追われるね。
マルもくん
マルもくん
複数の企業に勤めるのは上級者向けってことですね。
ラルク
ラルク
そうだね。ただ一番収入が安定するし仕事のやりがいや成長具合を考えると、複数の企業に勤めるのは一番いいだろうね。
複業の始め方
  • フリーランスの人や会社員の人は1個ずつ仕事を増やすイメージで
  • 自分に自信がある人は、複数の企業に勤める方法がおすすめ

複業は「本業を分散させて働く」という働き方

複業とは、その名の通り複数の仕事を請け負っていくことを表します。世間ではパラレルワークとも言われており、日本でも定着しつつある働き方です。

好きなことや得意なこと、もしくは興味があることを仕事にしていくことが多く「複数の本業を掛けもちする」というイメージを持っておくとよいでしょう。

本業がいくつもあると聞くと大変そうなイメージですが、仕事のバランスを調整して日数を絞ればバランスよく働いていくことが可能です。

複業家の働き方例

ラルク
ラルク
ここで複業家でもある僕の1週間のスケジュールを紹介します。

(一週間のスケジュール例)

月:Webライター(人事系)&ブログ
火:ブログ
水:Webライター(不動産系)&ブログ
木:コンサルティング運営&ブログ
金:テレビ電話にて就活・転職におけるアドバイス
土:休み
日:お花の仕事(教室運営)&ブログ

毎日働いているように見えますが、1日8時間働くこともあれば3時間だけの時もあります。
あくまでバランスよく仕事をしていくことが複業家には求められる、ということを知っておいてほしいですね。

複業を始める前にしておくべきこと

複業の始め方を知った後に今から準備しておくべきこと

複業の始め方が分かったところで、次は始める前にしておくべきことです。

複業として始めるべき仕事を知る

複業として仕事を新しく始めようとしている人の中には、以下の仕事を選ぶ人が多いようです。

  • 在宅でもできるWeb系の仕事
  • 専門性の高い仕事(コンサル、弁理士、不動産、FPなど)
  • 接客など人と接することが多い仕事(営業、販売など)
  • 自分のお店を持つ

働く時間が常に固定されている仕事ではなく、働く時間が自分で調整しやすい仕事が選ばれる傾向にあります。

複業をするにはどれだけ臨機応変に対応できるかが求められるので、必然的に上記の仕事内容となってしまうのでしょう。

仕事の選び方

もちろん気になるジャンルを選んでいくことも重要ですが、今後のことを考えて選んでいくことが重要と言えます。

複業とは、収入UPも1つの目的ですが何より自分のスキルアップも見込める働き方です。

なので今後の生き方や働き方を考えて、自分に合った仕事を選んでいくことが大切になります。

もし仕事の選び方で迷ったら、以下のサイトも参考にしてみてください。今後の働き方についての記事を書いています。⇓⇓⇓

【要チェック】今後の働き方は変化する|これからの【新しい働き方】いま日本は働き方が大きく変化してきていますが、今後どのような働き方が求められると思いますか?現代において働き方は多様化し、今後も仕事という概念に大きな変化を与え続けていくことでしょう。今回はそんな日本における、今後の働き方について解説していきます。...

資格やスキルをもっておくこと

いきなり資格も何も持っていないのに複業を始めようとすると、途中で諦めてしまうことがほとんど。

せっかく始めようと行動しても、何もスキルや資格がないからという理由で諦めてしまうのはもったいないですよね。

なのでもし複業を始めたはいいけど、少しでも安定的な収入を得たいと考えるならそれなりのスキルを身につけておくことが重要となります。

まずは、自分が興味のある職種のスキルを身につけるための勉強をしてくのが複業家としての第一歩と言えるでしょう。

サポート体制がばっちりの講座を紹介

もし資格やスキルを取っていきたいと思ったなら、以下にそれぞれの働き方に合わせたおススメ資格講座をご用意しました。

もしこれからのことを考えて資格を取っていこうと思ったら、以下のサイトも参考にしてみてください。

何よりサポートがしっかりしていないと、資格やスキルは身につきにくいもの。

まずは自分が興味のあることを探してみて、今後のことを考えてから資格を選んでみてはいかがでしょうか?

【好きなことを仕事にする】本当の意味を知ってる?【方法と現実】
【好きなことを仕事にする】本当の意味を知ってる?【方法と現実】「好きなことを仕事にする」の本当の意味を知っていますか?大半の人は本当の意味を理解せず、憧れを持つ傾向にあります。本記事では、「好きなことを仕事に」の本当の意味や方法についてまとめています。本気で好きなことを仕事にしたい人だけ読んでみてください。...

複業家がこっそり教える仕事の探し方

複業家がこっそり教える仕事の探し方

ここで複業家である僕も実施している、複業家になるための仕事の探し方をこっそり紹介します。(他言無用ですよ!)

スキルや資格を持っているという人は、以下の方法で探してみてください。

クラウドソーシングサイトを利用

クラウドソーシングサイトを利用して仕事をネット上でもらうようにしていけば、仕事を簡単に見つけることができます。

ちなみに、おすすめのクラウドソーシングサイトは以下の通りです。

これらに無料登録をして、まずは少しずつ仕事をもらうようにしていけば仕事に困ることはありません。

資格講座を受けた会社から仕事をもらう

資格講座を受けただけで終わってしまっては、ただの資格の持ち腐れになってしまいます。

なので資格を取っただけでなく、そのまま「こんな仕事がありますよ。」というサポート体制が整っている資格講座もあるのです。

ラルク
ラルク
ちなみに先ほど紹介した資格講座のいくつかは、資格取得後も仕事をもらいやすい講座を選んでいます。

もし仕事が欲しいということでしたら、資格取得後に相談してみてはいかがでしょうか?

SNS媒体やGoogle検索で募集を検索する

SNS(TwitterやFacebookなど)では、頻繁に仕事を募集しています。

例えば「デザイナー 募集」と検索するとこのような仕事が見つかりました。

こんな感じで探していけば、いくらでも仕事は見つけることができます。

他にもGoogleで「業務委託 募集」や「複業 募集」など、できるかぎり「複業」にまつわるワードを頭に持っていけば、簡単に見つけることができるのでおススメです。

契約する際は注意しよう

ただ1つ注意点としてもし契約になりそうなら、ちゃんと報酬のやり取りや契約内容の確認をしっかりしておきましょう。
中には仕事だけ押し付けて、そのまま報酬を支払わないという人もいるので。。。 (経験談)

契約書などを設けてしまえば、今後の契約も続く可能性があるので安心です。

まとめ|複業の始め方に決まりはない

複業の始め方に決まりはない
本記事のまとめ
  • 複業の始め方は1つの本業とは別に、他にも得意なことや好きなことができる仕事を見つけて働いていけばできる
  • 複業として選ばれる仕事を知っておくことが複業家になれるチャンス
  • 複業をするなら資格やスキルが必須
  • 仕事の探し方は3つの方法で簡単に見つけることができる

複業を始めるには何をしていけばいいのか、という質問をよく受け付けます。しかし特に決まりはなく、自分の興味がある仕事を始めてしまえば、十分複業を始めたことになるのです。

なのでもしスキルを持っていて自分に自信がある方は、そのまま気になる仕事を始めてみることをおすすめします。

逆にまったくスキルがないけど興味がある人は、まずスキルを得てから仕事を始めてみましょう。

働き方が多様化しているので、正直なかなかどんな仕事を選んだらいいか難しいもの。
だからこそ複数の仕事をしてみて、新しい働き方を見つけてみてはいかがですか?