『はたらく』を変えよう。
本サイト『はたらくPRO』は
「副業」「在宅ワーク」「ブログ」など、
日々の仕事に役立つ情報をまとめたサイトになります。
お金

【実例紹介】クラウドファンディングは個人的な理由の挑戦でも成功可能

【実例紹介】クラウドファンディングは個人的な理由の挑戦でも成功可能
クラウドファンディングは、個人的な理由のプロジェクトでも成功できるんでしょうか?
私利私欲なクラウドファンディングでも、支援金が集まるのか知りたい。もし挑戦するとなったら、何に気をつけたらいいかを教えてほしいな。

今回はこんな疑問にお答えしていきます。

本記事を見てわかること
  • クラウドファンディングは個人的な理由の挑戦でも成功可能と言える訳
  • 個人的な理由で始めたクラウドファンディングでトラブルが起きなかった理由
  • 個人的な理由でクラウドファンディングに挑戦する際の注意点

クラウドファンディングに挑戦しようと思っている人の中には、「個人的な理由で始めたプロジェクトでも成功できるの?」と思う方もいるかと思います。

実際に僕も、クラウドファンディングに挑戦をするまでは、私利私欲なプロジェクトは成功できないと感じていました。

ただ結論を言うと、クラウドファンディングは個人的な理由の挑戦でも成功可能です。

実際に僕は『SILKHAT』にて、私利私欲なプロジェクトにもかかわらず、見事クラウドファンディングを成功に収めました。

ラルク
ラルク
【ニシノコンサル】スナックCandyママを務める『ききちゃん』に会いに行きたい!』にて、プロジェクトの詳細を見ることができるよ!

特にトラブルが起きることもなく成功できたので、やり方さえ間違わなければ誰でもクラウドファンディングに挑戦することができると確信しました。

そこで今回の記事にて、個人的な理由で挑戦したクラウドファンディングが成功した裏側や、トラブルを避ける方法についてまとめていきます。

最後には、個人的な理由でクラウドファンディングに挑戦をする際の注意点もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

※僕がクラウドファンディングを成功させた秘話をまとめた記事もありますので、これから挑戦をされる方はこちらもチェックしてみてください。

参照:【クラウドファンディング成功秘話】オンラインコミュニティと文章術を使った『お金の生み出し方』【知名度0・自己SNS宣伝0でOK】

クラウドファンディングは個人的な理由の挑戦でも成功可能

クラウドファンディングは個人的な理由の挑戦でも成功可能

冒頭やタイトルでも書きましたが、クラウドファンディングは個人的な理由の挑戦でも成功可能です。

実際に僕は、完全に私利私欲なプロジェクトを立ち上げたにもかかわらず、成功を納めることができました。

ここでは、そんなクラウドファンディングの裏側をお話していこうと思います。

私利私欲なプロジェクトでも成功できた

僕が立ち上げたプロジェクトは、ただただ「人に会いに行きたい!」という私利私欲なプロジェクトでした。

目標金額は、わずか30,000円。
その当時は滋賀に住んでいて、東京にいる人に会いに行くための新幹線費用を支援してもらいたくて、プロジェクトを立ち上げました。

ラルク
ラルク
正直言って、「10人ぐらいから集まればいいな〜」ぐらいな感覚で立ち上げたのを今でも覚えています。

ただ蓋を開けてみたら、びっくり。
なんと支援者数は、「226人」。さらに支援金額は、「113,000円」を達成しました。

ラルク
ラルク
この時は、さすがに驚いたものです。

なのでこの時に改めて、「個人的な理由で始めたクラウドファンディングでも成功はできるんだ」と理解することができました。

周囲の人がたくさん応援してくれた

ただ僕が立ち上げたクラウドファンディングは、何もせずに成功したわけではありません。僕が成功できた裏側には、周囲の人がたくさん応援してくれたという背景があります。

実際に支援をしてくれた人からは、以下のようなコメントをいただきました。

【コメント例】

  • 「おもしろい報告待っています!」
  • 「応援してますー!!」
  • 「その行動力を尊敬します!」
ラルク
ラルク
応援をしてくれた人たちがいたからこそ成功できたと思っています。

もし応援してくれる人がいなければ、本当の意味で私利私欲なプロジェクトに終わっていたかもしれません。

これも単に応援してくれたおかげだと感じたので、クラウドファンディングが終了後に、1人1人に感謝のメッセージを伝えました。

プロジェクトを面白がってくれれば支援は集まる

また個人的な理由で始めたクラウドファンディングでも、プロジェクト内容が面白ければ支援は集まるということもわかりました。

実際に支援をしてくれた人からは、以下のようなコメントをいただきました。

ラルク
ラルク
ただただ面白がってくれて、支援をしてくれた方もいらっしゃいました。

クラウドファンディングは、支援者に対して魅力的に感じられるプロジェクトかどうかで支援されるかが決まってきます。

ただそれでもプロジェクト内容が面白ければ、「応援したい!」という気持ちになってくれて、支援者が集まってくるのです。

この事実というのは、実際に僕が体験したことで判明しました。

個人的な理由で始めたクラウドファンディングでもトラブルが起きなかった理由

個人的な理由で始めたクラウドファンディングでもトラブルが起きなかった理由

ここまで個人的な理由でクラウドファンディングが成功できるという理由を、実体験を元にお話をしてきました。

ただ私利私欲なクラウドファンディングは、トラブルが起きる可能性も少なくありません。

過去には、個人的な理由でクラウドファンディングを立ち上げた結果、ネット上にて炎上した実例もあるほどです。以下の記事では、炎上している案件をまとめていたので気になる方はチェックしてみてください。

ではそんな実例があるにもかかわらず、なぜ僕のクラウドファンディングはトラブルが起きなかったのか。理由は以下の通りです。

  • 支援金の使い道を明確にしていた
  • 影響力のある人に後押しされた
  • 支援者に対しても意味のあるプロジェクトを立ち上げた

上記の通り。
順番に解説していきます。

支援金の使い道を明確にしていた

支援金の使い道を明確にしていたおかげか、トラブルが起きることはありませんでした。

というのもクラウドファンディングを立ち上げた人がなぜトラブルを起こすのか調べてみると、『支援金の使い道が不透明だったから』ということが分かりました。

なので僕は支援金を何に使い、達成した後はどういったことに使用していくのか。はっきりとプロジェクト内容に示しました。

ラルク
ラルク
ちなみに、僕はお金が集まったら、残りは全額、支援してくれた関係者各位のお店でお金を使うことを記していたよ。

そのおかげで私利私欲なプロジェクトにもかかわらず、ネット上で炎上することもなく、逆に応援されるまでになったのです。

支援者は支援金の使い道を知りたいものなので、はっきり示しておくことが大切になりますね。

影響力のある人に後押しされた

影響力のある人が後押しをされたというのも、トラブルを避けた1つの理由かもしれません。

僕は、『西野亮廣エンタメ研究所』というオンラインサロンに入っているのですが。
何を隠そう、僕が立ち上げたクラウドファンディングをキングコング・西野亮廣さんが応援してくれた、という背景があるのです。

ラルク
ラルク
西野亮廣さんは、クラウドファンディングの先駆者でも有名ですよね。

そしてサロン内で僕のクラウドファンディングの内容が拡散されたことで、一気に支援者を集めることに成功しました。

今となっては影響力を持っている西野亮廣さんが応援してくれたんだから、誰も反対する人はいませんでした。

だからこそトラブルもなく、プロジェクトを成功に収めたんだと感じています。

※西野亮廣さんとの詳しいお話は、「【爆笑】ニシノコンサルを終えて」にてまとめているので、興味のある方はチェックしてみてください。

支援者に対しても意味のあるプロジェクトを立ち上げた

支援者に対してちゃんと意味のあるプロジェクトを立ち上げた、というのもトラブルを避けるための対策です。

クラウドファンディングはいわば、起案者と支援者がいて初めて成り立ちます。
なのでクラウドファンディング成功のためには、起案者にメリットがあるだけではなく、支援者にも意味のある内容でなくてはいけません。

実際にクラウドファンディングサイト『CAMPFIRE』には、以下のような説明がありました。

中でも、「こんなモノやサービスを作りたい」「世の中の問題をこう解決したい」といったアイデアや想いを持つ人は誰でも“起案者”として発信でき、それに共感し「応援したい」「モノやサービスを試してみたい」と思った人は誰でも“支援者”として支援できる、双方にとっての手軽さがクラウドファンディング最大の特徴といえます。

引用先:クラウドファンディングとは?〜CAMPFIRE〜

ラルク
ラルク
つまり起案者と支援者、双方にとって意味のある内容でないと、そもそもクラウドファンディングは成り立たないということです。

個人的な理由で始めるクラウドファンディングでも、支援してくれた人にちゃんとしたお返しをしなくてはいけません。

そうすることで、初めて私利私欲なプロジェクトでも応援してくれるようになるのです。

個人的な理由でクラウドファンディングに挑戦する際の注意点

個人的な理由でクラウドファンディングに挑戦する際の注意点

ここまで個人的な理由で始めたクラウドファンディングにおいて、トラブルが起きなかった理由をまとめていきました。

あとは自身が考えるクラウドファンディングを立ち上げていくだけなのですが、ちょっとした注意点があります。

それが以下の通り。

  • 自分だけの利益になるようなプロジェクトは立てない
  • 事前準備をしっかりしよう
  • できないことはプロに任せてしまおう

順番に解説していきます。

自分だけの利益になるようなプロジェクトは立てない

言わずもがなですが、自分だけの利益になるようなクラウドファンディングは嫌われます。それこそ、トラブルを引き起こす可能性があるんですね。

例えばリターンの内容を豪華にして、支援したくなるようなプロジェクトを立てるのもいいでしょう。
それか僕の時のように、面白いストーリーを届けることで、支援者を満足させることも利益をもたらすことに繋がります。

もし個人的な理由でプロジェクトを立ち上げるにしても、支援してくれた人や第三者に利益をもたらさなくてはいけません。

全員が「Win-Win」の関係になって、初めてクラウドファンディングは成り立ちます。

事前準備をしっかりしよう

クラウドファンディングは、事前準備をしっかりするかどうかで成功するかどうかの8割が決まると言っても過言ではありません。

いざプロジェクトがスタートしても、準備をしているかしていないかでは、結果に雲泥の差が出てしまいます。

例えば、事前に準備すべき内容の例を言うと以下の通り。

  • SNSでの宣伝準備
  • 協力者の募集
  • プロジェクトの申請
  • プロジェクトに貼り付ける写真・動画の準備
  • リターンの準備
  • 支援してくれる人(ターゲット)の選定
ラルク
ラルク
事前に準備することは多いので、早めに手をつけておくのが得策です。

いざプロジェクトがスタートすると忙しくなることもあるので、できる限り早めに準備を終わらせておきましょう。

できないことはプロに任せてしまおう

クラウドファンディングは資金調達に便利なツールではありますが、素人がいきなり始めてもすぐに成功するほど甘いものではありません。

資金を集めるためには、魅力ある商品やサービスを作らなくてはいけませんし、たくさんの人に支援をしてもらうためには集客(マーケティング)を行う必要があります。

いわばクラウドファンディングは一種のビジネスでもあるので、不安な場合はプロに任せてしまう方が得策です。

ラルク
ラルク
ちなみに僕が成功できた理由は、仕事でWebライターやブログをやっていたから。もともとライティングやマーケティングには自信があったんだ。

例えば、クラウドファンディングのサポートをプロに依頼するというのは、以下のようなイメージです。

  • 写真を綺麗に載せるなら、写真のプロへ依頼する
  • 文章を綺麗に載せたいなら、ライティングのプロへ依頼する
  • たくさんの支援者を集めたいなら、マーケティングのプロへ依頼する

それぞれ任せる項目は異なってくるので、周囲を見渡してみて信頼できそうな人がいるなら、依頼することも検討してみましょう。

「クラウドファンディングサポートサービス」もやっています

もし「クラウドファンディングを成功させたい!」という強い思いがありましたら、一度ご相談ください。

個人サービスとして、『クラウドファンディングサポートサービス』を行っています。
以下のお問い合わせからご連絡いただければ、2営業日中に返答いたしますので、いつでもお気軽にご連絡ください。

まとめ

ここまで、クラウドファンディングは個人的な理由の挑戦でも成功できる理由を解説しつつ、トラブルを避ける方法や挑戦をする際の注意点をまとめました。

クラウドファンディングは個人なら誰でも挑戦できるとあって、これからも挑戦をしようと思う人が増えてくることでしょう。

個人的な理由で挑戦することに抵抗を持つ人もいるでしょうが、私利私欲なプロジェクトでも問題ないことが本記事を見てわかったと思います。

ぜひ本記事を参考にして、自身がやってみたいと思うクラウドファンディングを成功に導いてみてくださいね。

また僕がクラウドファンディングを成功させた秘話をまとめた記事もありますので、これから挑戦をされる方はこちらもチェックしてみてください。

ABOUT ME
堺 彬(WorkLifeスタイリスト)
28歳まで冠婚葬祭の会社にてお花を生ける仕事をするも、未来に不安を感じ東京に上京。未経験のままWebライターを志し、約6ヶ月で月20万円を稼ぐまでになる。 30歳を期に独立。現在は『WorkLifeスタイリスト』として、人の理想的な働き方や生き方を見つけてもらいつつ、後悔のない生涯を過ごしてもらうためのサポートをする毎日。
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です