『はたらく』を変えよう。
本サイト『はたらくPRO』は
「副業」「在宅ワーク」「ブログ」など、
日々の仕事に役立つ情報をまとめたサイトになります。
お金

難しいクラウドファンディングを成功に導く対策法5つ【行動しよう】

難しいクラウドファンディングを成功に導く対策法5つ【行動しよう】
クラウドファンディングって難しい。。。
どうやったらクラウドファンディングを成功させることができるんだろう?
詳しい対策法を知りたいな。

今回は、こんなお悩みにお答えしていきます。

本記事を見てわかること
  • 難しいクラウドファンディングを成功に導く対策法5つ
  • クラウドファンディングは想像以上に難しいという事実
  • 難しいクラウドファンディングを成功させるために取るべき行動

僕は過去に2回ほど、独自でクラウドファンディングを立ち上げました。

1回目のクラウドファンディングは見事に失敗し、かなりの難しさを感じたものです。(失敗プロジェクト名:

ラルク
ラルク
しかし2度目のプロジェクトは、見事に成功をおさめました!

難しいと感じていたクラウドファンディングに成功したことで、ある対策法に気づくことができました。(成功プロジェクト名:『スナックCandyママを務める『ききちゃん』に会いに行きたい!』

そこで本記事では、実際に成功をおさめたことで分かった、難しいクラウドファンディングを成功に導くための対策法を紹介していきます。

d本記事を読むことでクラウドファンディングが難しいのが分かるだけでなく、成功させるためにはどんな行動を取るべきなのかがわかりますよ。

難しいクラウドファンディングを成功に導く対策法5つ

難しいクラウドファンディングを成功に導く対策法5つ

結論、以下の5つの対策法を実施すれば、クラウドファンディングを成功に導くことができます。

  1. 事前準備をしっかりとしておくこと
  2. 「面白い」「応援したい」「愛される」プロジェクトを作る
  3. 5人以上の協力者と一緒に挑戦をする
  4. 宣伝活動を惜しまない
  5. 資金が集まりやすいゴールデンタイムに勝負をかける

大きく分けると、上記の5つです。

事前準備をしっかりとしておくこと

まず大切なことは、事前準備をしっかりしておくこと。
事前準備がうまくできているかで、成功するかどうかの8割が決まると言っても過言ではありません。

クラウドファンディングで準備することは、豊富です。
実際に僕が行った事前準備だけでも、以下のことをしてきました。

  • クラウドファンディング専用のサイトを決める
  • プロジェクト概要を決める
  • 魅力あるリターンの作成をする
  • 宣伝用のSNSツールの作成
  • 支援してくれる人の割り出し
  • キックオフイベントの開催準備
  • 拡散に協力してくれる人を探す
  • プロジェクトスタート後にすべき宣伝活動の内容決め
ラルク
ラルク
あくまで上記は一部であり、細かい準備は他にもたくさんあります。

クラウドファンディングに向けた準備をスタート直前にする人もいますが、それじゃあちょっと遅いかな、と。

お金を支援してもらうワケなので、1〜2ヶ月前から準備をしておくようにしておきましょう。

「面白い」「応援したい」「愛される」プロジェクトを作る

成功するプロジェクトには、ある法則があります。
それが「面白い」「応援したい」「愛される」プロジェクトである、という法則です。

僕はクラウドファンディング挑戦前に、100件以上の成功プロジェクトを見てきました。
すると必ずと言っていいほど、「面白い!」「これは応援したくなる!」「みんなに愛されているなぁ。」と感じるプロジェクトばかりだったのです。

ラルク
ラルク
「人に注目されるプロジェクト」を作ることの大切さを学びました。

そんなプロジェクトを見てきたからこそ、自身のプロジェクトには面白みを与えつつ、応援したくなる・愛されるようなプロジェクトを作ることができました。

そのおかげで成功できているので、大切な対策法と言えますね。

4人以上の協力者と一緒に挑戦をする

4人以上の協力者と一緒に挑戦をする

クラウドファンディングは、1人の力では決して成功することはできません。
最低でも4人以上の協力者を募って、共に挑戦をしていくことで成功へと近づきます。

例えばクラウドファンディングを立ち上げるとなると、以下のメンバーを集めるのがオススメです。

  • ①リーダー(タスク管理、指示などがメイン)
  • ②プロジェクトページ制作ができる人
  • ③支援者リストへのアクションをする人
  • ④SNSなどのWEBで拡散する人
  • ⑤デザイン・動画編集する人

1つのプロジェクトを作るだけでも、作業すべきことはたくさんあります。
しかし協力者を募ることで、やるべき作業を分散することができるんですね。

ラルク
ラルク
できないことは、人に任せてしまえばいいってことだね!

ただし協力者を募るときは、挑戦するクラウドファンディングを一緒に盛り上げてくれる人限定で探すべきです。

「頑張って成功させよう!」という熱い想いを持ってくれていた方が、成功確率はグンと上がりますからね。

宣伝活動を惜しまない

宣伝活動を惜しみなくやっていくことも、成功に向けた対策法です。
宣伝しない限り、クラウドファンディングに興味を持ってくれる人は出てきませんからね。

クラウドファンディングは常に宣伝活動をする必要がありますが、特に力を入れるタイミングは以下の通り。

  • プロジェクト開始の1〜2週間前
  • プロジェクトスタート直後
  • プロジェクト開催後の1〜2週間の間

宣伝活動としては、SNSなどでDMを送ってみたり。
あとは、YouTubeやFacebookLIVEで配信をしてみたり。

他にもイベントを開いて、支援候補者に対して直接アプローチするなどの方法があります。

ラルク
ラルク
僕の場合は、飲み屋などに行って直接アピールをしたこともありましたよ!

クラウドファンディングで本気で支援金を集めたいなら、ドブ板営業が大切です。

ドブ板営業を繰り返していき、宣伝を繰り返していくことで、初めて多額の資金を得ることができます。

資金が集まりやすいゴールデンタイムに勝負をかける

資金が集まりやすいゴールデンタイムを見極めて、一気に勝負を仕掛けることも成功に向けた対策の1つです。

クラウドファンディングは、資金が集まりやすい期間(ゴールデンタイム)というものがあります。

実際に大手クラウドファンディングサイト『Readyfor』では、以下のような回答をしていました。

クラウドファンディングで、資金が集まりやすい1つ目の期間は、プロジェクト公開から5日間です。

これまで成功したプロジェクトを分析したところ、成功するプロジェクトの90%は、公開後5日間である一定の割合、支援を集めていることが分かりました。

引用先:クラウドファンディングを成功させるために押さえておきたい3つのポイント〜Readyfor〜

プロジェクト公開から5日間は1番注目されるタイミングでして、成功しているプロジェクトの9割が5日間のうちに支援金を集めていたのです。

ラルク
ラルク
実際に僕が立ち上げたクラウドファンディングは、立ち上げてわずか1日で達成することができました。

もちろんただプロジェクトを立ち上げただけでは、ゴールデンタイムでも支援は集まりません。

『クラウドファンディング当日までの宣伝活動』と『事前準備』が重要なので、いつでも勝負を仕掛けれる準備を進めておきましょう。

クラウドファンディングは想像以上に難しい

クラウドファンディングは想像以上に難しい

ここまでクラウドファンディング成功に向けた、対策法をまとめていきました。

しかし全てを実践したからと言っても、必ず成功する保証はありません。
実際にクラウドファンディングをやってみたら分かりますが、思った以上に難しく感じるはずです。

ただそれもそのはずで、クラウドファンディングは一種のビジネスに該当します。なので、ビジネス初心者がいきなり成功できる代物ではないんですね。

クラウドファンディングの仕組みはビジネスと一緒

クラウドファンディングの仕組みは、至ってシンプルです。

【クラウドファンディングの仕組み】

  1. 自分で作ったプロジェクトをサイトにて発表(宣伝)する
  2. 売り出したい商品・サービスをリターンとして出す
  3. 支援者が商品・サービスの購入(もしくは支援、投資)をする

上記の流れでクラウドファンディングは執り行われますが、ビジネスの仕組みも基本的には一緒です。

【ビジネスの仕組み】

  1. 自分の商品・サービスを広告などを使って宣伝する
  2. 売り出したい商品・サービスをお店やネット上で販売する
  3. 消費者が商品・サービスを購入する

至ってシンプルな流れですが、これらを成立するためには『マーケティング力(集客力)』と『セールス力(販売力)』を身につけなくてはいけません。

クラウドファンディング成功の鍵は「ビジネスを学ぶこと」にあり

僕はフリーランスとして動いていて、Webマーケティングとセールスに関する知識は持ち合わせていました。

ラルク
ラルク
だからこそ、難しいと感じたクラウドファンディングでも成功できたと確信しています。

ただビジネス初心者からすると知らない知識なので、難しく感じてしまうものです。

なので、「クラウドファンディングを成功させたいならビジネスを学びましょう。」というのが結論になります。

ビジネスの基本を学び、商品やサービスをネット上で売ることの大変さを学べば、クラウドファンディングを難しく感じることはなくなるはずです。

難しいクラウドファンディングを成功させるために取るべき行動

難しいクラウドファンディングを成功させるために取るべき行動

では実際に、難しいとされるクラウドファンディングを成功させるために、今取るべき行動はなんなのでしょうか?

結論、以下の活動をしていきましょう。

  • クラウドファンディングの構造を学ぶ
  • 支援者から応援されやすいプロジェクトを立ち上げる
  • 協力者を募る

上記の通り。
順番に解説していきます。

クラウドファンディングの構造を学ぶ

まずは、クラウドファンディングの構造を学んでおきましょう。
構造を理解しないことには、支援者が集まることはありません。

ヒントとして、以下の文章が的確だったので共有します。

一方で西野はクラウドファンディングは“金の成る木”ではなく、災害時の義援金やよほど革新的なプロダクトでない限り「支援していただく為の下地作り」が必要だと説く。「お金が無い! そうだ、クラファンだ!」「最近みんなやってるし!」と短絡的な考えで立ち上げたプロジェクトには、支援金は集まらないと述べている。

引用先:キンコン西野、クラウドファンディングは「金の成る木ではない」 「代わりにやってもらえませんか?」と依頼されて 〜ニコニコニュース〜

よくクラウドファンディングは『お金のなる木』と勘違いしている人もいますが、決して違います。

あくまで下地作りをしっかりとした人が、プロジェクトの成功を収めているのです。

なのでクラウドファンディングで支援が集まるまでの構造をしっかりと理解してから、プロジェクトを立ち上げるようにしましょう。

支援者から応援されやすいプロジェクトを立ち上げる

支援者から応援されやすいプロジェクトを考えましょう。

クラウドファンディングは支援してくれる人の気持ちを動かす必要があるので、支援者が応援してくれるプロジェクトを立てることが大切です。

ラルク
ラルク
実際に僕が立ち上げた『スナックCandyママを務める『ききちゃん』に会いに行きたい!』というプロジェクトは、支援者に応援されやすくするための工夫を凝らしました。

支援者に応援をしてもらうためには、

  • なぜこのプロジェクトを立ち上げたのか
  • 何をするつもりなのか
  • 支援をするとどんな恩恵があるのか

などを細かい部分を書くのがコツです。

「応援したい!」と感じるストーリーを書けば、人は支援をしてくれます。なのでまずは支援者の心理を理解しながら、応援されやすいプロジェクトを作ってみましょう。

以下の記事では、僕がどうやって支援金を集めることができたかの裏話をまとめていますので、どうしても成功を収めたい方はチェックしてみてください。

協力者を募る

プロジェクト成功のためには、協力者が必要不可欠です。

クラウドファンディングは1人で太刀打ちできるものではないので、一緒に協力してくれる人を探していきましょう。

ラルク
ラルク
身近に協力者がいるなら問題ないですが、もしいないならプロにお願いするのもアリです。

例えば、以下のイメージ。

  • 写真を綺麗に載せたいなら、写真のプロへ依頼する
  • 文章を綺麗に書きたいなら、ライティングのプロへ依頼する
  • たくさんの支援者を集めたいなら、マーケティングのプロへ依頼する

いわゆる「仕事を依頼しつつ、協力者を集める」という方法ですね。

ただここで大事なのは、実際にクラウドファンディングに関する仕事を請け負ったことがあるかが見極めるポイントになります。

信頼できる人に依頼をする方が、しっかりと仕事に取り組んでくれるはずですよ。

「クラウドファンディングサポートサービス」もやっています

もし「クラウドファンディングを成功させたい!」という強い思いがありましたら、一度ご相談ください。

個人サービスとして、『クラウドファンディングサポートサービス』を行っています。
以下のお問い合わせからご連絡いただければ、2営業日中に返答いたしますので、いつでもお気軽にご連絡ください。

まとめ

改めて、難しいとされるクラウドファンディングを成功させるための対策法をまとめます。

  1. 事前準備をしっかりとしておくこと
  2. 「面白い」「応援したい」「愛される」プロジェクトを作る
  3. 5人以上の協力者と一緒に挑戦をする
  4. 宣伝活動を惜しまない
  5. 資金が集まりやすいゴールデンタイムに勝負をかける

クラウドファンディングに挑戦をするなら、自身の情熱量も大切です。

ここまで小手先のテクニック論を語ってきましたが、最終的に大事なのはプロジェクトにかける発起人の想いだったりします。

なのでぜひ本記事を参考にしつつも、自分の成し遂げたい想いをクラウドファンディング上で表明していってくださいね。

ABOUT ME
堺 彬(WorkLifeスタイリスト)
28歳まで冠婚葬祭の会社にてお花を生ける仕事をするも、未来に不安を感じ東京に上京。未経験のままWebライターを志し、約6ヶ月で月20万円を稼ぐまでになる。 30歳を期に独立。現在は『WorkLifeスタイリスト』として、人の理想的な働き方や生き方を見つけてもらいつつ、後悔のない生涯を過ごしてもらうためのサポートをする毎日。
こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です