『はたらく』を変えよう。
働き方を変えて、
お金にも時間にも縛られない生活を
スタートさせてみませんか?
ビジネス談義

ランサーズの「#採用やめよう」の真意|自分らしい【働き方】とは?

どうも、複業家のラルク(@raruku_hataraku)です

突然ですが、2019年6月1日付で日本経済新聞にて、こんな内容の広告が出されたことをご存知でしょうか?

この広告はクラウドソーシングサービスを行っているランサーズ(Lancers)が発表したプロジェクトで、一面広告として新聞に掲載された内容になります。

マルもくん
マルもくん
「採用やめよう」って、なんだかすごいキャッチフレーズだね。
マリア
マリア
でもこの言葉だけだと色んな意見が出そうだわ。
ラルク
ラルク
この発表によってフリーランスという働き方に注目されるようにはなったんだけど、賛否両論の意見が出て話題になったんだ。

この広告から働き方に対して大きな変化を世間に与えましたが、果たして働く人たちはどのような選択をしていくべきなのでしょうか?

今回はそんな働き方について考えさせられる、ランサーズが発表した「#採用やめよう」について言及していこうと思います。

参考文献:「#採用やめよう で本当に伝えたいこと(ランサーズ)」

ランサーズの「#採用やめよう」の真意

ランサーズの「#採用やめよう」とは?

ランサーズとは、日本でも最大級を誇るクラウドソーシングで、仕事を依頼したい企業と仕事を引き受けたい人とをオンラインでマッチングする取り組みをしています。

働く人の中にはフリーランスとして登録している人が多く、ランサーズ自体もフリーランスという働き方を推奨している企業です。

これからの多様化していく働き方において、フリーランスという存在は企業に取って必要不可欠で、年々仕事の依頼やフリーランスの数も増加傾向を辿ってきています。

ラルク
ラルク
そんな中「#採用やめよう」という言葉は、SNS上でも話題になり大きな反響を受けたんだ。

これまでに多くのフリーランスと関わってきたランサーズだからこそ、それぞれが持ち合わせたスキルが発揮できる環境を整えたい。

このような想いを胸に、2019年6月1日。
世間が就活解禁となったと同時に、ランサーズは「#採用やめよう」という広告を打ちだしたのです。

正社員という固定概念の払拭

このランサーズが発表した「#採用やめよう」という言葉の裏には、「正社員だけが人材であるという価値観をアップデートする」という想いが込められているそうです。

確かに今までは会社で必要な人材を集めようと考えた場合、正社員として就活生を採用するか、転職希望の人を採用するしかありませんでした。

しかし現代において働き方は多様化し、新たなスキルを持ち合わせた人材をインターネット上で見つけることも容易になってきています。

そのおかげで正社員を採用しなくても、フリーランスや副業として働いている人に仕事を依頼する、という新たな働き方が目立ってきたのです。

これからもどんどん働き方が多様化してくることは時代の流れから見ても明確なので、ランサーズも正社員を雇うという固定概念を捨てて、違った繋がりを持ってほしいと考えたのでしょう。

日本に自分らしさを広めるための取り組み

さらにランサーズの創業者でもある秋好陽介代表取締役は、6月1日当日、Twitterにてこのようにつぶやいています。

もともとフリーランスとして働いていた秋好代表取締役は、才能を持ち合わせているのに活躍できていない人達がいることを知っていて、「#採用やめよう」という広告を打ちだしたのです。


自分らしさを見せようと思っても、環境が整っておらず光を見いだせない。
フリーランスとして動いている人や、これから新しい働き方を目指そうとしている人も何をしたらいいのか分からない。

そんな悩みを払拭し、自分らしく働いてほしいという思いで「#採用やめよう」という言葉を世間に認知させていったのでしょう。

ランサーズの「#採用やめよう」に賛否両論の意見

しかしこのランサーズが発表した「#採用やめよう」という言葉には、賛否両論となりました。

自分らしい働き方ができることに賛成する意見や、自由な働き方は若者に地獄を見せるきっかけとなる、と考える反対の意見も出てきたのです。

以下には、賛成の意見や反対の意見どちらも入れていき、両者の中立の立場から考え方を見つめなおしてみましょう。

賛成派の意見

マルもくん
マルもくん
結構肯定的な意見で、多様な働き方を受け入れてるって感じですね。
ラルク
ラルク
フリーランスのほうが、起業的にもコスパ的にもいいことがあるからね。固定概念を払拭するには強烈な広告だったんだ。
マリア
マリア
これが本当の働き方改革になるんですのね。
ラルク
ラルク
ただ間違ってはいけないのが、何も正社員を否定していないということ。正社員もフリーランスも、両方がちゃんと働ける環境を作っていくことが、今後日本には求められているんだ。

反対派の意見

マルもくん
マルもくん
反対派の中には「フリーランスは難しい」という意見も出てますね。
ラルク
ラルク
確かにフリーランスとして動いていくのは、なかなか大変なのが事実。仕事がもらえなくて、低収入の時もあるからね。
マリア
マリア
じゃあどうしていけばいいんですの?
ラルク
ラルク
働き方は多様化してきているからこそ、自分に合った仕事を見つけていくことが一番なんだ。それについては以下で説明するね。

これからの働き方はどう選ぶべきなのか?

正社員でも副業でもフリーランスでも良い

今回の「#採用やめよう」という言葉は、特に正社員という働き方はよくないと伝えているわけではありません。

採用や就職、正社員を否定するつもりは一切ありません。ただ、企業が人材がほしいと思った時に「正社員だけが人材である」という考え方には強い疑問を抱えておりました。
(「採用やめよう」でランサーズが伝えたいこと)より引用

働き方は人それぞれで異なり、正解不正解などないと僕は考えます。

なので今自分が持っているスキルや知識を考慮して、自分が正しいと思う働き方を選んでいくことが一番です。

実際僕は正社員も副業もフリーランスも経験している自分だからこそ言えますが、考え方や生き方によっても自分に合った雇用形態は変化していきます。

例えばある女性が仕事に力を注ごうとしても、結婚を機に在宅で仕事を行っていく主婦もいることでしょう。

http://hatarakupuro.com/profile/

どれだけ今の環境に合わせて働き方を選んでいくかで、「働く」という概念に正面から向き合っていけるかが変わっていくのです。

これからのビジョンやキャリア構成によって選ぶ

現代の人は、必ずしもやりたい仕事ができているわけではありません。

しかしながら、これから生きていくにあたっての未来的なビジョンや、キャリア構成によって働き方を変えていくことは可能です。

  • 正社員から脱却したいならフリーランスを目指すのもいいでしょう。
  • フリーランスという働き方が厳しいなら、正社員に戻ってもいいでしょう。
  • 副収入が欲しいなら、正社員のまま副業をしてもいいでしょう。

僕は、働き方にルールなんてないと考えています。

まずは自分の今後を考えて、働き方を選んでみてはいかがでしょうか?

「#採用やめよう」は働き方を考えさせる重要な言葉

実際のところ「#採用やめよう」で、働き方に関して本気で考えるようになった人が増えたのは事実です。

それだけ秋好代表取締役も働き方を見つめなおしてほしいと考えており、日本の未来をさらに活性化させようと動いています。

個が輝き、企業が輝き、もう一度日本が輝く日々へ。
(「採用やめよう」でランサーズが伝えたいこと)より引用

この言葉をどう受け止めていくかは、あなた次第です。

ぜひ前向きに「働く」ことに関して考えてみて、自分らしい働き方を見つけていってくださいね!

https://hatarakupuro.com/gendaiworking/

ABOUT ME
堺 彬(WorkLifeスタイリスト)
28歳まで冠婚葬祭の会社にてお花を生ける仕事をするも、未来に不安を感じ東京に上京。未経験のままWebライターを志し、約6ヶ月で月20万円を稼ぐまでになる。 30歳を期に独立。現在は『WorkLifeスタイリスト』として、人の理想的な働き方や生き方を見つけてもらいつつ、後悔のない生涯を過ごしてもらうためのサポートをする毎日。

仕事をしたくない・働きたくないと感じている方へ朗報です。

パソコンが苦手で、20代で転職を5回も繰り返し、ダメダメ人生だったサラリーマンだった僕でも自動で月10〜20万円の副収入をPC1代で得られるようになった方法をメルマガにて紹介しています。

  • 毎日『やりたくもない仕事』をしていて辛い
  • 今の会社で、ずっと働き続けることができるのか不安
  • お金のためにも、嫌な仕事を我慢しながら働いていて辛い
  • 会社に縛られている今の生活に、不満を感じている
  • 将来に向けて、手に職を持てるようにしておきたい
  • 今の時代、外での仕事は怖いから在宅で働けるようになりたい
  • 働き方や生き方を変えて、今までの自分を変えたい

もし上記に当てはまるという方は、メルマガを読むことで未来を変えるきっかけを掴めるかもしれません。

今なら期間限定で『アフィリエイトで5〜10万円の資金をわずか20分の作業ですぐ手に入れられる方法』をまとめたテキストなどを含めて、3つの無料特典をつけさせていただいています。

ぜひ以下のボタンからお受け取りください。

 

 

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です