おすすめ本

前田裕二が人気の理由|『メモの魔力』以外にある本人の魅力に迫る

前田裕二が人気の理由|『メモの魔力』以外にある本人の魅力に迫る

どうも、複業家のラルク(@raruku_hataraku)です。

最近になって前田裕二さんが一気に人気になってきているけど、なんで急に人気になってきたんだろう?
本人がどんな人なのかを詳しく知りたいなあ。

今回はこんな疑問にお答えしていこうと思います。

本記事を見て分かること
  • 前田裕二さんが人気の理由
  • 「メモの魔力」以外の魅力
  • 前田裕二さんが掲げている目標

もともと僕は「西野亮廣エンタメ研究所」というオンラインサロンに入会してから、前田裕二さんのことを知ったのですが。

僕もこれからの生き方や働き方を考えているときに、色んな人の生き方や働き方を真似するところから入ったんですね。

その中でも前田裕二さんが持つ「仕事をする上での考え方や人に対するやさしさ」には衝撃を覚えたのを今でも覚えています。

人生において師匠となる人物を何人か決めているのですが、「仕事をする上での考え方や人に対するやさしさ」に関しての師匠は前田裕二さん以外いないと断言できるほど。それぐらい尊敬しているのです。

そんな思いを抱きながら今回はまだ前田裕二さんのことを知らないという人に、本人に直接お会いしたことがある僕が(直接はお話していませんが・・・。)どんな人物なのか、なぜ人気なのかをていねいに解説していきます。

前田裕二さんの人気の理由や魅力

前田裕二さんの人気の理由や魅力
マルもくん
マルもくん
最近よく前田裕二さんの名前を、テレビや雑誌とかで見るようになったよね。
マリア
マリア
顔がイケメンで私の好みだわ。
ラルク
ラルク
なぜ急に有名になってきたのか。
それは前田さんのこれまでの生き方や、いま実際に行っている活動に理由があるんだ。以下には、前田さんが人気の理由を詳しく解説していくね。

メモの魔力で一気に注目の的に

「メモの魔力」とは前田裕二さんが出版されている本で、『一行のメモが一生を変える』と書いているぐらいメモの重要性について語られています。

今まではメモに対する認識は

  • メモを取るってめんどくさい
  • メモは言われたことをそのまま書き写すもの
  • 重要だと思われることをメモすればそれでいい

などの認識があったと思いますが、前田裕二さんの出した「メモの魔力」によってメモを取ることの認識が変化したのです。

なので「メモの魔力」のおかげで、前田裕二という名前が世に広まったきっかけになったのは間違いないでしょう。

なぜ前田裕二さんがメモに関してこだわるのかを知りたい方は、新R25で掲載された「前田裕二流メモ術ってめんどくさくない?」とツッコんだら、そのウラにある壮大な想いを知ったという内容に本人の想いが書いているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

西野亮廣さんやホリエモンとも仲がいい

実業家でもある西野亮廣さんやホリエモンとも仲がいいのが、一気に人気になった理由の1つと言えるでしょう。

西野亮廣さんは今となっては、絵本作家でもあり約2万3000人ものメンバーがあつまる国内最大のオンラインサロンを作り上げた実業家でもあります。(2019年4月時点)

abemaTVで放送されている『株式会社ニシノコンサル』でも、よく一緒にご出演されているんですよね。

また今では知らない人はいないであろう、ホリエモンこと堀江貴文さんと仲がいいという部分もあります。

最近では、YouTubeでも一緒に出演されているのを見ることが増えていきました。

日本が誇る実業家としても有名である2人に気に入られているわけですから、注目が集まるのは必然と言ってもいいでしょう。

コメンテーターとして主婦層や若者に人気

前田裕二さんはコメンテーターとしても注目を集めています。
代表的なのが、朝のニュース番組『スッキリ』でコメンテーターとして出ているのが有名でしょう。

また『世界一受けたい授業』では、メモの取り方についての講義をしたり、過去に経験してきたことからメモの重要性についてもたびたび語ってくれています。

他にも『深イイ話』や『メレンゲの気持ち』、『しゃべくり007』などにも出演されているので、主婦層や若者にも注目を集めるようになったのです。

マリア
マリア
あのカッコいい顔を見たら、テレビが大好きな主婦なんてイチコロよ!
ラルク
ラルク
だんだんと芸能人並みにテレビに出ているから、これからの活躍に期待ですね。

辛い経験を乗り越えてきたという過去がある

幼いころに両親を亡くして親戚の家に引き取られた前田裕二さんは、人に頼らずに生きていくためにギターの弾き語りを始めました。最初の頃は、なかなかお客が取れず大変だったそうな。

マルもくん
マルもくん
今では有名な前田裕二さんも、辛い過去があったんですね。。。

しかし『世界一受けたい授業』でも言っていたのですが、1人の女性がある曲を弾いてほしいとリクエストしてきました。しかし小学生の前田裕二さんは当時その曲を知りません。

ただそこで諦めるのではなく、「曲を覚えてくるので時間をもらってもいいですか?」と女性に言ったそうです。

そして一週間後リクエストされた曲を見事に弾き終え、女性から1万円という小学生にとってはありえない大金を手にしたのでした。

マリア
マリア
小学生時代からこういった経験をしているからこそ、今の前田裕二さんがいるんですわね。

前田裕二さんはこの経験から人への感謝の気持ちも忘れないし、相手が求めていることに答えればちゃんと感謝の気持ちが返ってくることを知っていったのです。

辛い過去を乗り越えてきたという実績があるからこそ、人に好かれるようになり応援される人物になっていったのではないでしょうか?

もし前田裕二さんの過去を詳しく知りたい方は、前田裕二さんが書いた『人生の勝算』にも書いているので、ぜひ読んでみてください。僕が好きな本の中でも、一押しです。

何より優しすぎる

以前僕はこんなツイートを見て、「前田裕二さん優しすぎ!」って思ったのでご紹介します。

これは僕が思うに、「1人だけ仲良くなろうと思うのではなく、みんなが仲良くなれる方が幸せになれるんじゃないかな?」ということを前田さんは伝えたかったんじゃないかな、と感じました。

このように自分のことを考えるのではなく、常に周りのことも考えている前田裕二さんの考え方は、尊敬に値します。

この優しさこそが、本当の人気の理由なのかもしれませんね。

石原さとみさんとの関係

女優でもある石原さとみさんとの恋人関係によって人気になった、というのも有名になった理由の1つでしょう。

2人は恋人同士で実際にお付き合いしていたそうですが、今は破局してしまったんだとか。その真実は定かではありません。

あまりここで2人のことを書いてしまうのは違うと思うので、詳しく知りたい方はGoogleで「前田裕二 石原さとみ」と入力して調べてみてください。

前田裕二さん著「メモの魔力」は100万部が目標

前田裕二さん著「メモの魔力」は100万部が目標

実は前田裕二さんは「メモの魔力」を100万部、つまり100万人に読まれる本にしていきたいという目標をたてているんだとか。

それだけメモによって自分の人生を大きく左右されたという、本人の想いが伝わってきますね。ただ正直ビジネス本で100万部っていわれると難しいと言われているのが現実です。

しかし僕の中で「メモの魔力」とはメモの取り方を書いているだけでなく、これからの自分の夢を叶えたり、自分という存在を知っていき生き方を見つめなおせる重要な本だと思っています。

ラルク
ラルク
実際に僕は、物事の考え方をこの本で学びました。

これから働き方や生き方は、時代の変化に基づいて大きく変化していくことが予想されています。

そんな中、1つでも普段の習慣を変えていくことが、自分を変えていくきっかけとなっていくのではないでしょうか?

そのきっかけ作りとして、「メモの魔力」を選択することを僕はおすすめします。

まとめ|前田裕二さんの活躍にこれからも注目しよう

前田裕二さんの活躍にこれからも注目しよう

改めて本記事のまとめです。

本記事のまとめ
  • 前田さんの魅力は「メモの魔力」以外にもある
  • 前田裕二さんは数々のメディアで活躍する有名人
  • ひたすらに前田裕二さんは優しい
  • 前田裕二さんは「メモの魔力」累計100万部出すことを目標としている

これからも前田裕二さんは活躍していく場面が増えていくことでしょう。そんな時にある程度本人のことを知っていたら、きっと見ている人は自然と応援したくなるはずです。

ぜひ本記事を参考にして、1ファンとして応援してくれる人が増えてくれれば僕は嬉しく思います。これからの前田裕二さんの活躍に期待しましょう!