働き方を選ぶ

【働き方改革】正社員と派遣の違い|合わないなら働き方を変えよう

どうも、複業家のラルク(@raruku_hataraku)です

2018年、働き方改革が実施されてから働き方に大きな変化を与えるようになってきました。

現代において正社員だけが好条件というわけではなく、派遣でも十分自分の理想となる働き方を目指せれるようになってきているのです。

ラルク
ラルク
現代の働き方は大きく変化してきています。これからは自分のライフスタイルに合わせて働き方を選ぶほうが理想的です。

ただ中には

  • 正社員と派遣の違いがよく分からない
  • 自分の理想となる働き方ってどれ?
  • 自分に合う・合わない働き方ってどうやって分かるの?
  • 自分のライフスタイルに合わせる働き方ってどういうこと?

このような疑問を抱えている人がいるのではないでしょうか?

今回はそんな疑問にすべてお答えしていきます。

正社員や派遣、パートにおける働き方の違いとは

正社員としての働き方

正社員とは、1つの企業と契約を交わして雇用期限を定めず働き続けることができる労働者のことを意味します。

正規で雇用契約を交わしているため「正規社員」とも言われますが、基本的にはフルタイムで会社のために働いたり、残業をしてでも企業に貢献する義務があるのが一般的です。

さらに特徴的なのは、一度正社員として雇用されるとよっぽどのことがないと企業側が解雇することはできません。

ラルク
ラルク
昔は「お前はクビだ!」っていうのがあったけど、労働基準法などが制定されていることから中々言えなくなってきたんだ。
マルもくん
マルもくん
もはやパワハラになっちゃいますもんね。

2019年4月には時間外労働に関する罰則なども定められたから、これから正社員を目指そうと考えている人はしっかりと調べておいたほうがいいですね。

参照:労働基準法36条(36協定) ~36協定で定める時間外労働及び休日労働~

メリット

何より安定した収入を得られる、というのが大きなメリットです。
他にも派遣やパートよりも給料が高くなることが多く、出世することでさらに上乗せされることもあるでしょう。

他にも

  • 転職の際にもスムーズに転職しやすい
  • 同じ仕事仲間ができる
  • 福利厚生がある
  • 退職金がでる
  • カードの審査が通りやすい

などのメリットがあります。

デメリット

ただ大きなデメリットとして、勤務時間が他の雇用形態より長くなるという大きなデメリットがあります。
残業をしたりすることが普通だと考えられており、自分の時間を持ちにくいというのが大きな欠点と言えるでしょう。

他にも

  • 仕事に対する責任が重い
  • 転勤になることがある
  • 仕事を選べない
  • 休日出勤の時もある
  • 会社がつぶれたら次を探しづらい

などのデメリットがあります。

派遣としての働き方

派遣とは、派遣会社に登録をして紹介された仕事をこなしていく働き方になります。
派遣先から仕事を受けるとあって派遣会社から給料をもらうようになりますが、勤務先によって雇用期間が異なるのが特徴的です。

さらには派遣会社に登録するには、それなりのビジネススキルを持ち合わせておく必要があり、それぞれの派遣会社が必要としているスキルに合わせて登録する必要があります。

ラルク
ラルク
例えば接客が得意なら、接客関係の派遣会社。パソコンスキルがあるならパソコンを使う仕事が多い派遣会社、って感じで自分のスキルに合わせて登録をしていくんだ。
マリア
マリア
自分の得意なことや好きなことを仕事にできるんですのね。

さらに2019年度の労働力調査によると、2014年には派遣社員を選ぶ人が119万人だったにも関わらず、2018年には136万人にんという17万人も増える結果となっているのです。

それだけ働き方を見直す人が増えてきているという証拠と言えますね。

参考文献:労働力調査 ~2018年平均速報~

メリット

メリットは何と言っても、自分のスキルや好きなことに合わせて仕事を選べるという部分でしょう。

どうしても正社員だと企業の事情によって仕事内容が左右されることがありますが、派遣社員なら自分のしたい仕事を選べたり、好きなことを仕事にすることも可能です。

他にも

  • 自分の休みたい曜日に合わせて仕事が選べる
  • パートやアルバイトより給料は高め
  • 必ず決められた時間で帰れる
  • サポート体制がしっかりしている(派遣会社による)
  • ライフスタイルに合わせた働き方がしやすい

などのメリットがあります。

デメリット

逆にデメリットとしては、仕事の範囲が定められていることが1つの大きなデメリットです。

自分がやりたい仕事を選んだとしても、企業側から制限されてしまって責任感のある仕事は任せられないという部分があります。

他にも

  • 就業期間が終われば職場が移動になる
  • ボーナスが出ない
  • 色んな場所に派遣に行くこともある

などのデメリットがあります。

ただし2013年には労働契約法の見直しもあって、労働期間が5年連続で継続したら無期雇用の申し出も可能となったので、派遣社員から正社員になる道筋も充分にあり得るのです。

関連資料:厚生労働省 ~派遣で働く皆様へ~

正社員は本当に理想?派遣でも働き方次第で変化する

これからはライフスタイルに合わせる働き方が主流になる

時代は常に変化しています。
それは働き方に対しても言えることで、どれだけ時代の変化を捉えて今のスタイルを変えていくかが理想的な働き方を選べるかが変わってくるのです。

さらに今までの日本の働き方は、どちらかというとライスワークが主流でした。

マルもくん
マルもくん
ライスワーク?
ラルク
ラルク
ライスワークとは生きるため(食べていくため)の仕事のことだね。昔は生きることに必死な人が多かったけど、現代はだいぶ成長して十分な環境が整っている。だからライフワークに合わせて働き方を選ぶ人が増えているんだ。

つまりは生きるための仕事をしていくことが当たり前でしたが、現代においては好きなことでも十分に生きていくことができる世の中となってきているのです。
(詳しくはこちらの記事を御覧ください。)

これからの時代は昔と比べて働き方が多様化しているので、仕事に困るということはほとんどありません。なので無理してライスワークを選ぶ必要がなく、ライフスタイルに合わせて仕事を選んでも問題なく働いていける人が増えていくと言えるのです。

合わない仕事を選ぶ必要はない

人によってはせっかく正社員になっても、合わない仕事をしていることがあるでしょう。

例えばせっかく理想的な会社に正社員として入れたと思っても、自分が考える仕事をさせてもらえなかったり。逆にやりたいことができる会社に入社できることができず、全然違う企業で別のことをしたり。
そうなるとストレスを抱えてしまうという現象に陥ってしまうのです。

しかし現代において、ストレスを抱えてまでやる仕事に何か価値があるでしょうか?
派遣社員でいれば合わない仕事を選ぶ必要がありませんし、自分で派遣先を選んでいくことも可能です。

つまりは、派遣社員の方が自分に合った仕事を探していくことができます。

これらのことから、正社員が必ずしもいいとは限らず、派遣社員でも十分にやりたいことができる環境が整ってきているのです。

正社員でも派遣社員でもライフスタイルに合えばOK

ここまで言うと、派遣社員をおススメしているように思われがちですがそれは違います。

あくまで自分のライフスタイルに合わせて、働き方を選んでいくことが重要だというお話をしていきたいと僕は考えています。

ラルク
ラルク
働き方は人それぞれ。強要するのが一番よくない!

仕事に生きたいなら正社員。
自分のしたいことやビジョンに合わせたいなら派遣、など。

このように考えながら働き方を考えましょう、ということをお伝えしていきたいのです。人それぞれでライフスタイルは異なるのですから。

正社員、派遣から理想の働き方見つける方法

マルもくん
マルもくん
じゃあどうやって正社員と派遣とで働き方を選んでいくべきなんですか?
マリア
マリア
正直よくわかりませんわ。。。
ラルク
ラルク
大事なのは、今後どんな人生を送っていきたいかで合わせるべきなんだ。順番に説明していくね。

自分の価値観から働き方を選ぶ

人によって価値観は異なります。例えば仕事に生きたい人がいたり、家族を大事にしたいという人もいますがそれぞれ価値観は異なり、それによって働き方も変化していくことでしょう。

なのでまずは、自分の価値観に合わせて働き方を選んでいくことをおススメします。(ちなみに、僕が考える価値観による働き方は以下の通りです。)

【正社員】

  • 仕事が好きで仕事に生きたい
  • お金を稼いで家族を大切にしたい
  • 一緒に働く仲間が欲しい
  • 企業に貢献して自分の可能性を見つけていきたい
  • 自由な時間があるより時間が決められている方がいい
    etc.

【派遣社員】

  • 少しでも自由な時間が欲しい
  • そこそこのお金でもいいから時間を大切にしたい
  • 1つのスキルではなく色んなスキルを身につけていきたい
  • 自分で生活スタイルを決めたい
  • 企業に雇われているという感覚を捨てたい

自分のやりたいことから働き方を選ぶ

人によってやりたいことは異なります。
仕事でやりたいことがあるのか、日常生活においてやりたいことがあるのか。
考え方は様々です。

ちなみに僕の場合は自由な時間をできるだけ多く取っていき、空いている時間に他の勉強をしたりお花を趣味で生ける時間を増やしたりしたかったので、今の複業家という道を選んでいます。

僕のプロフィールはこちら↓

「働くプロ」ラルクのプロフィール
「はたらくPRO」ラルクのプロフィール自分の働き方に関して、理想となる働き方は何になるか考えたことはありませんか?本記事では、働き方に関してのアドバイスをしている「ラルク」のプロフィールをまとめています。働き方アドバイザーとして活動しているラルクのプロフィールをぜひご覧ください。...

また、たまにではありますが面白そうだと感じたら派遣を選んでしたりしている身からすると、結構色んな経験を積めるぶん色んな事をできる派遣社員はおすすめです。

でも正社員でも在宅OKだったり、フレックス制度が整っている環境があるなら、全然正社員に戻ってもいいと考えています。

と言ったように、現代は臨機応変に働き方を変えていってもいい、ということをお伝えしたいのです。

今後のビジョンに合わせて働き方を選ぶ

そして最後は自分の今後のビジョンに合わせて仕事を選ぶという方法です。

会社員だと時間が縛られている分、どうしても本当にやりたいことというのができない可能性が高くなってしまいます。

しかし派遣社員の場合だと、時間に余裕がある分、自分が本当にしたいことに力を注いでいくことが可能です。

しかし、何度も言いますが考え方は人それぞれ。

正社員でしか叶えられないビジョンもあるでしょうし、派遣でないと叶えられないビジョンもあるでしょう。

ラルク
ラルク
ちなみに僕のビジョンは、いつか家族を作って世界を回ることなんだ。正社員だとどうしても難しいからね。
マルもくん
マルもくん
僕は正社員で安定した収入を得ながら、企業に貢献できる人材になっていきたいかも。
マリア
マリア
私のビジョンは、何と言っても世の男たちを蹂躙すること!正社員でも派遣社員でも、叶うならどちらでもいいわ!
マルもくん
マルもくん
・・・。(こわっ!)

このように人によって考え方は異なります。

まずは、自分の今後していきたいビジョンを見つけてから、働き方を選んでみてはいかがでしょうか?

正社員も派遣社員も合わないなら働き方を変えるべき

今回のまとめとして

  • 正社員でも派遣でも自分の理想となる働き方ができるほうを選ぶ
  • 合わない仕事を無理に選ぶ必要はない
  • 価値観ややりたいこと、ビジョンから働き方を選ぶ

ということをお伝えしてきました。

どちらがいいとか悪いとかではなく、どちらが自分に合っているかで判断していくことが重要です。

まずは自分の今後していきたい働き方を見返してみてから、正社員か派遣社員を選んでみてはいかがでしょうか?

https://hatarakupuro.com/gendaiworking/