『はたらく』を変えよう。
働き方を変えて、
お金にも時間にも縛られない生活を
スタートさせてみませんか?
仕事の悩み解決

【仕事で涙が止まらなかった過去】毎日辛いと感じる人が取るべき行動

【仕事で涙が止まらなかった過去】毎日辛いと感じる人が取るべき行動

こんにちは、働き方アドバイザーの堺です。

仕事に行くのが嫌で、毎日のように涙が止まりません。日々ストレスを感じていて、わけもなく涙が流れてきます。。。
どうにか現状を解決する方法はありませんでしょうか?

今日はこういった疑問にお答えしていきます。

本記事を見てわかること
  • 涙が出るほど辛い仕事は果たして続けるべきか?
  • 仕事で涙が止まらなかった過去について
  • 仕事で涙が止まらない原因
  • 仕事を続けるストレスで辛い人が取るべき

現在僕は複業家として、Webライターやブロガー、人材コンサルティングなどにて生計を立てています。
具体的には人に働き方を伝える、働き方のアドバイザーをさせてもらっています。(※詳しいプロフィールはこちらを御覧ください。)

今までに僕はいろんな仕事をしてきましたが、一生やらないと決めたのが『涙が出てきてしまうほど嫌に感じる仕事』。

仕事のことで涙が流れてしまうというのは異常事態でして、自分が本当にやりたくない仕事だと感じている証拠となります。

「毎日辛いけど、仕事だし行くしかない。。。」と考える人が多いですが、決して今の仕事を続ける必要なんてないんですよ。
悪いのは涙を流させている仕事を与えている会社であり、働いている側には否はありません。

そこで本記事では僕の過去の経験を踏まえて、涙が出るほど辛い仕事は続けなくていい事実を証明していきます。

最後には仕事でストレスを感じていて、辛い日々が続いている人が取るべき行動についてもまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。

涙が出るほど辛い仕事は続けなくていい

涙が出るほど辛い仕事は続けなくていい

冒頭でもお話をしましたが、涙が出るほど辛い仕事というのは続ける必要はありません。

なぜなら仕事というのは、日々の生活を豊かにしていくことができる『お金』を得るための手段となります
欲しいものを買ったりプライベートを充実させたりと、日々の満足度を増やすために人は仕事を頑張るのです。

仕事は自分の生活を豊かにするための手段である

仕事を頑張っている人というのは、働く理由がそれぞれ違うものです。

  • プライベートを充実させるため
  • 家族や大切な人を守るため
  • 買いたいものを好きなように買うため
  • 仕事で働くことで充実感を得たいため
  • 社会貢献をするため

人それぞれ仕事をする理由は異なりますが、少しでも自分の人生を豊かにするために人は仕事を頑張ります。

そんな中、涙を流しながら仕事をしていては、日々の生活が豊かにはならないのは目に見えていますよね。
毎日の生活を豊かにするために仕事を頑張っているはずなのに、日々ストレスをためて辛い仕事をするというのは矛盾しているのです。

さらに涙を流すほど辛い仕事をしている時は、仕事がお休みだったとしても仕事のことで頭がいっぱいになることも少なくありません。
その結果、自分の生活を豊かにするための手段でしかない仕事が『自分の生活を壊している』という結果になってしまうのです。

ラルク
ラルク
辛い仕事をし続けても、悲しい未来しか待っていませんよ。

涙が出るほど辛い仕事に魅力なんてない

涙が出るほど辛い仕事に、自分の人生を豊かにしてくれる要素はないので魅力なんてありません。

魅力的な仕事というのは日々の業務内容に充実感や満足感を感じるものであり、『悲しい』という感情は出ないはずです。

たまに相談をした上司や先輩社員に、「今のその辛いと感じる涙が将来の糧になるから」とさとす人もいますが、いつから仕事場で涙を流すことが正当化されるようになったのでしょうか。

どうせなら涙を流さずに、日々楽しいと感じる仕事をしたいのが働く人の本音と言えるのではないでしょうか。

世の中にはいろんな仕事があり、自分にあった仕事というのは必ずあります。
実際に僕は5回も転職したからこそ分かりますが、人それぞれ「楽しい!」と感じる仕事はたくさんあるものです。

ラルク
ラルク
仕事は「楽しい!」と感じるものを選んだ方が、ストレスがたまりません。
『辛い涙』を出すよりかは、『嬉し涙』を出せれる仕事をした方が満足感を得られやすいですよ。

なのでまずは、涙を流すほど辛いと感じる仕事は自分にとって魅力がないという思考に切り替えていきましょう。
そうしないと、僕みたいに鬱になってしまいますよ。

仕事が合わないと感じたらストレス溜まって鬱になるよ【対処法あり】
仕事や会社が合わないと感じたらストレスで鬱になるよ【対処法あり】仕事が合わないと感じ、だんだんストレスがたまってきている人はいませんか?際に体験した「仕事が合わない」と感じたまま仕事をしたらストレスをため鬱になった体験談をまとめています。仕事が合わないと感じる理由や対処法もあるので、今を変えたい人は参考にどうぞ。...

仕事で涙が止まらなかった過去

仕事で涙が止まらなかった過去

実際に僕もですが、仕事で涙が止まらなかったという過去があります。

今思えば「あの時はキツかったなぁ」と感じた内容ばかりですが、過去に本当にあった事例を紹介します。

ミスが続いて涙が止まらなかった

新卒の新入社員として、会社に入りたての頃の話です。

もともと要領が悪かった僕は、他の同期に比べると仕事を覚えることが極端に遅かったんですね。
みんなが当たり前だと思ったことを覚えられず、頻繁にミスを起こしてはお客様に迷惑をかけていました。

そしてミスというものは続くものでして、まったく思ったようにうまくいかない。
だんだんと「自分にはこの仕事の才能がないんだ。。。」と、日々涙を流すようになったのです。

ラルク
ラルク
この時は誰にも相談ができず、辛い思いをしました。入りたてだったので相談できる上司や先輩もおらず、唯一相談できそうな同期も、僕のことを馬鹿にした目で見てて相談できなかったですね。

仕事のミスは誰しもがすると思いますが、ミスが続くと人はどんどんマイナスの感情になっていきます。
そんな時に相談できる人を作っておくことが大切ですが、生憎僕にはそのような人がいませんでした。

その後は部署変更をすることでなんとか仕事のミスを減らすことに成功しましたが、その時感じた『辛かった』という記憶は今でも忘れていません。

殴られて涙が止まらなかった

『お酒をつがない』『仕事ができない』という理由で殴られ、涙が止まらなかったということもありましたね。

新入社員歓迎会に参加した時ですが、「上司にはお酒をつげ!」と命令され、頭を叩かれました。
さらには仕事ができないと「お前はなんでできないんだ!」と、頭をクリアファイルで叩かれたという過去もあります。

仕事ができなくて殴られた過去【暴力がある会社でとるべき行動2つ】仕事ができなくて殴られる毎日を過ごしているという人はいませんか?本記事では、実際に仕事ができずに殴られたという過去の経験を踏まえて、対処すべき対処法を2つ紹介しています。仕事ができないという理由だけで理不尽に殴られるという方は、ぜひ参考にしてみてください。...

この時は社会のルールや仕事ができない自分が悪いんだと、泣き虫だった僕は布団の中で日々泣いていましたが、今思うとこれは『パワハラ』です。

ラルク
ラルク
パワハラを正当化する上司や先輩もいましたが、よくよく考えればただの暴力になりますからね。訴えたら、圧倒的にこっちの勝ちだったはずです。

ただパワハラを受ける人というのは、なかなか自分の口から言えることができないもの。
僕のように殴られても何も言えず、ただただ帰っては泣いての繰り返しの人も多いことでしょう。

なのでもし殴ってくるような人が今の職場にいるなら、仕事のあり方や働き方を考え直すべきですよ。

仕事で涙が止まらない原因

仕事で涙が止まらない原因

ここでここまでの話を元に、仕事で涙が止まらない原因についてまとめてみました。

  • やりたくない仕事ばかりしている
  • 仕事のミスが多く自分を追い込んでしまう
  • 相談できる人が周りにいない
  • 日々ストレスをため込んでいる
  • 自分が本当にやりたい仕事ではないと感じている
  • 周りには敵しかいない

改めて見ていくと、『今の仕事や職場が自分に合っていないから涙が出る』というのが本質的な問題なのではないでしょうか。

ただ冷静に考えれば仕事をしてて涙が出るというのは危険な状態でして、精神的な病気をいつ発症してもおかしくありません。

ラルク
ラルク
精神的な病は気づかないことが多いです!実際に僕は鬱になった経験がありますが、診断されるまで気付きませんでしたよ。

もし本当に毎日が辛いというなら、早急に対策を考えましょう。

涙が出るほど仕事が辛いと感じる人が取るべき行動

涙が出るほど仕事が辛いと感じる人が取るべき行動

結論、取るべき行動は以下の3つです。

  • 長期休暇を取る
  • 仕事に対する向き合い方を変えて働き方を変える
  • ストレスを感じない職場に転職をする

上記の通り。
順番に解説していきます。

長期休暇を取る

まずは疲れた心を癒すためにも、長期休暇をとりましょう。

休暇を取ることで精神的な疲れを癒すだけでなく、今後のことを考えるきっかけを作ることが可能です。

実際に僕は退職をしようか迷った時に、2週間ほどの有給休暇をとった結果、部署変更をしてもらうことで辛い仕事から逃れたことがありました。

ラルク
ラルク
日々仕事のことばかり考えていると思い出したくないことも思い出しがちですが、長期休暇を取ることで冷静に今後のことを見つめ直すことができるんですね。

もしかしたら「休暇を取ることで会社に迷惑をかけてしまうかも。。。」と思おう人がいるかもしれませんが、1人抜けたところで会社に負担はありません。

むしろ涙を流すほど辛い仕事をさせている会社側には、『負担をかけさせているお詫び』をさせる必要があるので、心置きなく休んでしまいましょう。

仕事に対する向き合い方を変えて働き方を変える

仕事に対する向き合い方を変えて働き方を変える

休暇中にもし余裕があるなら、仕事に対する向き合い方を変えて、働き方を変えることも考えていきましょう。

世の中には『会社員』が一般的な働き方だと考えて選択肢を狭める人もいますが、色々な働き方を経験してきた僕からすると、そうではないと断言できます。

例えばですがフリーランスなら、自分の好きな時に仕事ができて、好きな時に休むことができるのでストレスがかかりにくいというメリットがあります。

他にも仕事場に行きたくないなら、在宅勤務を申請したり、仕事場に行かなくてもすむ職場を選べばいいのです。

ラルク
ラルク
要は「自分が働きやすいと感じる環境とは何かを考えて、自分が働く環境を整え直す努力をする」ということが大事ですね。

昔なら会社員が当たり前の時代になってきましたが、仕事の価値観が変わってきた現代においては、何も会社員ばかりが正しい働き方とは言い切れなくなってきました。

なのでまずは、「仕事に対して何を求めるのか?」を一度考えてみてはいかがでしょうか。

日々の仕事に悩んでいるあなたに質問

仕事をしていく中で、お金を得たいのかプライベートを大事にしたいのか。
それとも人間関係を大事にしていくのか、自分の時間を大切にするのか。

人それぞれ価値観は違い、求めるものも違います。
あなたはどの価値観が大切だと感じますか?

【必読】生き方が働き方の時代へ|4つの生き方から働き方を考えよう昔は「働き方から生き方」を決めていくのが普通でしたが、近年において考え方が変わり「生き方から働き方」を考えていく人が増えてました。しかし実際にはどのようにして働き方を決めていいのかが分からないという人もいるのではないでしょうか?今回は自分の生き方を見つける4つの方法から働き方を考える方法をご紹介していきます。...

ストレスを感じない職場に転職をする

仕事で涙を流す根本的な原因は、日々のストレスにもなるので、ストレスを感じない職場に転職をすることも考えていきましょう。

精神的に追い込まれる職場というのは、今後の自分の人生を左右しかねませんし、どれだけ同じ職場で働き続けても環境が変わることはほぼありません。

ラルク
ラルク
転職を5回繰り返したからわかりますが、「ここだったら働きやすそう」と感じる会社はたくさん見つかりましたよ!

1個の会社にしか属したことがないと、どうしても「今の仕事しか私にはできない。」と思いがちですが、世の中にはストレスを感じさせない仕事や会社がたくさんあります。

なので本当に今の職場が自分にとって居心地が悪い場所だと感じているなら、最終手段として転職を考えていきましょう。

実際に活用した転職サイトを紹介

ちなみに僕が実際に活用した転職サイトが以下の通りです。すべて登録は無料でして、5分もあれば登録は完了します。

気になるサイトがあればまずはチェックするところから始めてみてください。

  • マイナビエージェント
    ※安定の転職サイト「マイナビ」ですね。
    80~90%が他の転職サイトで掲載されていない非公開求人。
    何よりキャリアカウンセリングによって、企業と求職者自身のミスマッチを防いでくれるのが大きい。
  • リクナビNEXT
    ※「マイナビ」と同じく大手で、安心安全の転職サイト「リクナビ」ですね。「掲載企業数No.1」「先輩が利用した就活サイトNo.1」というのが特徴的ですね。
  • doda
    ※CMでも話題になってきている転職サイト。
    『Amazon』や『Yahoo!』といった大手企業の求人が多数あるのが特徴的。「転職者満足度No.1」というのが、転職希望者には嬉しいところですね。

ちなみに「まずは動き出す」という気持ちが大切です。

  • 休暇を取ろうと思ったのなら、次の日には有休を取る。
  • 働き方を見直したいなら、世の中にはどんな働き方があるかを調べてみる。
  • 転職を考えているなら、本記事を見た後に転職サイトに登録をしてみて、どんな仕事があるかを調べる。

厳しい言葉かもしれませんが、結局は行動しなくては今の現状を変えることはできません。

ただ本記事を最後まで見てくださっているということであれば、気づいていないだけで気持ちは前に動いているはずです。

なのであとは、行動に移すだけ。

行動に移すだけで未来は大きく変わっていくので、本気で現状を変えたいという人だけどんどん行動に移しちゃいましょう!( ̄^ ̄)ゞ

まとめ|涙が出るような仕事は早めにやめよう

涙が出るような仕事は早めにやめよう

ここまで涙が止まらない仕事に魅力がない理由や、実際に僕が体験した過去や涙が出る原因、今取るべき行動についてまとめていきました。

今となっては仕事に対する向き合い方が変わったおかげで、日々楽しく仕事ができるようになりました。

結局は自分のやりたいことや、自分が将来的になりたい姿に合わせて仕事を選んでいった方が、ストレスのない日々を過ごすことができます。

会社員でもフリーランスでも在宅勤務でも、人それぞれ働きやすい環境というものは異なるもの。
なのでぜひ本記事を参考にして、自分らしい働き方はなんなのか、理想的な仕事はなんなのかを考えてみてくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました( ´ ▽ ` )

ABOUT ME
堺 彬(WorkLifeスタイリスト)
28歳まで冠婚葬祭の会社にてお花を生ける仕事をするも、未来に不安を感じ東京に上京。未経験のままWebライターを志し、約6ヶ月で月20万円を稼ぐまでになる。 30歳を期に独立。現在は『WorkLifeスタイリスト』として、人の理想的な働き方や生き方を見つけてもらいつつ、後悔のない生涯を過ごしてもらうためのサポートをする毎日。

仕事をしたくない・働きたくないと感じている方へ朗報です。

パソコンが苦手で、20代で転職を5回も繰り返し、ダメダメ人生だったサラリーマンだった僕でも自動で月10〜20万円の副収入をPC1代で得られるようになった方法をメルマガにて紹介しています。

  • 毎日『やりたくもない仕事』をしていて辛い
  • 今の会社で、ずっと働き続けることができるのか不安
  • お金のためにも、嫌な仕事を我慢しながら働いていて辛い
  • 会社に縛られている今の生活に、不満を感じている
  • 将来に向けて、手に職を持てるようにしておきたい
  • 今の時代、外での仕事は怖いから在宅で働けるようになりたい
  • 働き方や生き方を変えて、今までの自分を変えたい

もし上記に当てはまるという方は、メルマガを読むことで未来を変えるきっかけを掴めるかもしれません。

今なら期間限定で『アフィリエイトで5〜10万円の資金をわずか20分の作業ですぐ手に入れられる方法』をまとめたテキストなどを含めて、3つの無料特典をつけさせていただいています。

ぜひ以下のボタンからお受け取りください。

 

 

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です