『はたらく』を変えよう。
本サイト『はたらくPRO』は
「副業」「在宅ワーク」「ブログ」など、
日々の仕事に役立つ情報をまとめたサイトになります。
仕事の悩み解決

【仕事を辞めたいと言えない人へ】退職通知が怖い人が取るべき対策法

【仕事を辞めたいと言えない人へ】伝えるのが怖い人が取るべき対策法

こんにちは、働き方アドバイザーのラルクです。

仕事を辞めたいけど、なかなか言えないでいます。周りに迷惑をかけてしまうと思うと、なかなか言い出しにくくて。。。
どうしても辞めたいと思っているんですが、どうすればいいでしょうか?
仕事を辞めたいけど、上司が怖くて言い出しにくい状態です。。。
私が辞めたいと伝えるだけで、すぐに怒られそうで本当に怖いです。どうすれば怖がらずに辞めることを伝えることができるでしょうか?

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

本記事を見てわかること
  • 「仕事を辞めたい」「退職したい」と怖くて言えない人が持つべき考え方
  • 「仕事を辞めたい」「退職したい」と伝えるのが怖い理由
  • 怖がらずに「仕事を辞めたい」「退職したい」と伝える方法
  • 「仕事を辞めたい」「退職したい」となった後にすべき行動

仕事を辞めたいけど、なかなか言い出せないことって多いですよね。

実際に僕も転職活動を5回も繰り返してきましたが、毎回毎回「辞めたいです!」と伝えるのはかなり勇気が入りました。

しかし実際に何度も辞めてきたからこそ分かるのですが、仕事を辞めることは簡単でして、何も怖がることはないということわかりました。

ラルク
ラルク
仕事を辞めるのに怖がる必要なんてないんです。

そこで本記事では僕の実体験を交えながら、仕事を辞めたいと言えない人が持つべき考え方や、退職を伝えるのが怖いと感じる人が怖がらずに済む方法を紹介していきます。

辞めた後の行動の仕方もしっかりと解説していくので、仕事を辞めた後のアフターフォローもしっかりしたいという方はぜひ参考にしてみてくださいね^ ^

「仕事を辞めたい」「退職したい」と怖くて言えない人が持つべき3つの考え方

「仕事を辞めたい」と言えない人が持つべき3つの考え方

先にお伝えしておくと、仕事を辞めることなんて簡単です。
「辞めます」と伝えるか、退職届を提出するだけなので。

しかし「上司が怖いから」とか「私がいなくなると周りが迷惑かかるから」とか、いろんな理由で辞められないという過去の僕みたいな人も多いことでしょう。

そんな仕事を辞めたいけど言えない人は、実際に僕が辞める時に思っていた3つの考え方を持つのがおすすめです

  • 本当に辞めたいならすぐに辞めてる
  • 伝えるのが『怖い』と感じるのは一瞬
  • 仕事を辞めても会社が困ることはない

辞めるかどうかに至っての『持つべき考え方』を紹介していきます。

本当に辞めたいならすぐに辞めてる

まずは「本当に辞めたいのか?」と、1度自分の考えを疑うところから始める必要があります。
なぜなら本気で辞めたいと思っているなら、思い立ったその日にすぐにでも辞めるはずだからです。

実際に僕の周りにも「辞めたい」と言ってはいるものの、なかなか辞めない人はたくさんいます。
話を聞くと「でも生活が。。。」とか、「辞めたら迷惑が。。。」とかいろんな言い訳をしてくるんですね。

しかし本当に仕事を辞めたいと感じた人というのは、そんな言い訳なんか言わず「我慢できない!」となって辞めていくことがほとんどのはず

ラルク
ラルク
僕が辞めた時もそうでしたしね。

「仕事を辞めたい」という言葉は愚痴として便利に使えますが、すぐに辞めれないなら本気で会社に不満はないんだと思います。

会社は辞めたいけど、「給料がいい」とか「人間関係がいい」とか、「仕事は楽しい」とか。不満の裏には、仕事においてちょっとした幸福が眠っている可能性があるんだと思います。

なのでもし仕事を辞めたいけど言えないという人は、改めて「本当に辞めたいのか?」を考え直してみてはいかがでしょうか。

伝えるのが『怖い』と感じるのは一瞬

会社を辞めたいと伝えるのが怖いという人もいますが、怖いのは一瞬です。
ただ「会社を辞めたいです!」と伝えるだけで終わりでして、それ以上自分の言葉を加える必要はありません。

実際に僕は過去に会社を辞めたときは、「会社を辞めたいです。」と伝えて退職届を出すと、あとは何も喋りませんでした。

上司から怒られたりはしましたが、退職することを強制的に止めることはできないので、退職届を出したらあとは何もしなくていいのです。

ラルク
ラルク
辞める会社のことや上司のことを気遣っても、なんの得もありません。

もちろん状況によっては退職を伝えることが困難な人もいるでしょうが、大事なのは自分が会社を辞めたいと本気で思っているかどうかです。

むしろ考えるべきは自分だけでして、どれだけ怖い思いをせずに、退職の意思を伝えれるかが大切になりますよ。

仕事を辞めても会社が困ることはない

よく「仕事を辞めると迷惑がかかる」などの意見もありますが、そんなことはありません。
はっきり申し上げてしまうと、1人が欠けたところで会社が困ることはありません。

実際に僕は独立して仕事を委託することもあるので分かるのですが、1人仕事ができなくなっても他の人に依頼をすれば済む話で、代わりを探そうと思えばいくらでも見つかります。

もちろんすぐに人を採用できない場合もありますが、それは会社に魅力がないという証拠でもあるので、辞めてしまってもなんら問題はありません。

会社関係なく、自分が本当に辞めたいかどうかが大事

中には「会社を辞めると周りに迷惑がかかる」などの理由で、辞めた後のことを深く考える人もいるでしょうが、深く考える必要はないです。
実際に僕が会社を辞めた後なんかは、会社からなんの連絡も来なくなりましたが、一緒に働いていた会社仲間とは普通に今でも飲みに行っています。

「お前のせいで仕事が終わらないんだ!」なんて理不尽なことは言われませんし、むしろ会社に対しての向き合い方を見直すきっかけともなったので、両方にいい効果がありました。

ラルク
ラルク
会社を辞めたことで、身の回りの大切な人にいい効果を与えるきっかけにもなったよ。

先ほども申しましたが、生きていく上で大切なのは自分自身です。

会社は個人を守ってくれないので、会社を本気で辞めたいと思ったときが縁の切れ目だと考えましょう。

「仕事を辞めたい」「退職したい」を伝えるのが怖い理由

「仕事を辞めたい」と言うのが怖いと考える理由

ここまで仕事を辞めたいと考える人が持つべき考え方を紹介してきました。

では「仕事を辞めたい」と言いたいけど、なかなか怖くて言えない理由とはなんなのでしょうか?
簡単に以下にまとめてみました。

  • 臆病・気が小さい
  • 上司を怖がっている
  • 引き留められることを怖がっている
  • 周りから非難されるのが怖い
  • 職場に迷惑をかけてしまうのが申し訳ない
  • 会社を辞めた後のことを心配している
  • 会社を辞めた後に自分が役立てるか不安

総合してまとめると、会社を辞めたいけど言えない人というのはなにかしら『怖い』という感情を持っているんですね。

辞めるのも怖いし辞めることを言うのも怖い。
さらに辞めた後のことを考えるのも怖い。

いろんな感情があって、なかなか辞めたいと伝えられないんだと思います。

ラルク
ラルク
しかし人間いつしか限界がくるものです。

実際に僕は、過去に仕事が合わないと感じて鬱になった経験があります。
今は元気になりましたが、辞めていなくてはもしかしたら体調を崩して、仕事どころではなくなっていたかもしれません。

怖いのは一瞬です。
もし本当に辞めたいと思っているなら、鬱になる前に辞めたほうがいいというのが僕からの助言になります。

仕事が合わないと感じたらストレス溜まって鬱になるよ【対処法あり】
仕事や上司が合わないと感じたらストレスで鬱になるよ【対処法あり】仕事や上司が合わないと感じ、だんだんストレスがたまってきている人はいませんか?本記事では実際に体験した「仕事が合わない」と感じたまま仕事をしたらストレスをため鬱になった体験談をまとめています。仕事が合わないと感じる理由や対処法もあるので、今を変えたい人は参考にどうぞ。...

怖がらずに「仕事を辞めたい」「退職したい」と伝える方法

怖がらずに「仕事を辞めたい」と伝える方法

「仕事を辞めたい」と言うのは誰しもが怖いと感じるでしょうが、怖がらずに伝える方法というものがあります。
それが以下の通り。

  • 退職届と辞めたい理由を書いた手紙を渡す
  • 退職代行を利用する

上記の通り。

順番に見ていきましょう。

退職届と辞めたい理由を書いた手紙を渡す

もし口頭で伝えるのが難しいということなら、退職届とセットで辞めたい理由を書いた手紙を渡しましょう。
辞めることを伝えるのが怖いと感じるのは、上司にいろいろ言われたりするのが怖いと感じるからになります。

なので退職届とセットで辞めたい理由を書いた手紙を渡せば、余計な追求をされずに辞めたいという意思を伝えることが可能です。

ラルク
ラルク
「辞めたい理由はその手紙に書いているので。」と言って渡せば、あとは上司の目の前から去りましょう。

これだけで余計に怖がらず、退職届を渡すこともできるので、すぐに会社を辞める手続きを進めることができます。

退職代行を利用する

もし直接退職届を出すのも辞める意思を自分から伝えるのも辛いと感じるなら、退職代行を利用しましょう。
依頼をするだけで代わりに退職の意思を伝えてくれる他、即日退職も可能でして、『就業規則で〇ヵ月前に申告』という規則があってもすぐに辞めることができます。

ラルク
ラルク
例えば【退職代行ガーディアン】などが退職代行として有名でして、東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合が行っていたりするんですね。

実際に退職代行を利用している人も増え続け、事業者数は30社ほど、利用者数は3万人を超えるまでとなっています。(参照:退職代行の生みの親・新野俊幸が肯定「幸せのために辞めていい」

なのでもし辞めるのが怖いというなら、完全に人任せにしてしまって今いる会社を辞めるのも1つの方法ですよ。

「仕事を辞めたい」「退職したい」となった後にすべき行動

仕事を辞めたいとなった後にすべき行動

ここまで、怖がらずに「仕事を辞めたい」と伝える方法を紹介してきました。
ただ仕事を辞めるとなっても、次の仕事を探してから辞めなくては意味がありません。

なのでもし仕事を辞めるという決断を持ったら、転職活動を始めていきましょう。

転職活動をしていくコツとしては、

  • どんな仕事が世の中にあるのか?
  • 自分に合う仕事とは何なのか?
  • 理想的な仕事とは何なのか?

などの疑問を持ちながら転職活動をしていくことが大切です。

実際に活用した転職サイト紹介

ちなみに僕が実際に活用した転職サイトが、以下になります。

ラルク
ラルク
すべて無料で登録可能です。

また転職活動をするポイントは、

「辞めたい」と思ったらすぐに利用してみて、自分がこんなところで働いてみたいというイメージを持つこと

転職サイトは見てみるだけでも楽しいですが、現状を変えなくては時間の無駄遣いになってしまいます。
厳しい言葉かもしれませんが、本気で仕事を辞めたいなら、まずは最初の一歩を踏み出さないとなにも変わりません。

なのでまずは「仕事を辞めたい」となったときは、さっさと転職サイトを活用して自分にぴったりの仕事を探すのが1番ですよ。
そして自分のやってみたい仕事が見つかれば、改めて今の仕事を辞める意思を固めていきましょう。

それでは以上です。
ありがとうございました。

ABOUT ME
堺 彬(WorkLifeスタイリスト)
28歳まで冠婚葬祭の会社にてお花を生ける仕事をするも、未来に不安を感じ東京に上京。未経験のままWebライターを志し、約6ヶ月で月20万円を稼ぐまでになる。 30歳を期に独立。現在は『WorkLifeスタイリスト』として、人の理想的な働き方や生き方を見つけてもらいつつ、後悔のない生涯を過ごしてもらうためのサポートをする毎日。

仕事をしたくない・働きたくないと感じている方へ朗報です。

パソコンが苦手で、20代で転職を5回も繰り返し、ダメダメ人生だったサラリーマンだった僕でも自動で月10〜20万円の副収入をPC1代で得られるようになった方法をメルマガにて紹介しています。

  • 毎日『やりたくもない仕事』をしていて辛い
  • 今の会社で、ずっと働き続けることができるのか不安
  • お金のためにも、嫌な仕事を我慢しながら働いていて辛い
  • 会社に縛られている今の生活に、不満を感じている
  • 将来に向けて、手に職を持てるようにしておきたい
  • 今の時代、外での仕事は怖いから在宅で働けるようになりたい
  • 働き方や生き方を変えて、今までの自分を変えたい

もし上記に当てはまるという方は、メルマガを読むことで未来を変えるきっかけを掴めるかもしれません。

今なら期間限定で『アフィリエイトで5〜10万円の資金をわずか20分の作業ですぐ手に入れられる方法』をまとめたテキストなどを含めて、3つの無料特典をつけさせていただいています。

ぜひ以下のボタンからお受け取りください。

 

 

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です