Webエンジニア

Webエンジニアの仕事内容や将来性とは?初心者に分かりやすく解説

Webエンジニアの仕事内容や将来性とは?初心者に分かりやすく解説

どうも、複業家のラルク(@raruku_hataraku)です。

新しい働き方としてWebエンジニアを目指そうと考えているけど、どんな仕事をしていくんだろう?結構大変なイメージだけど、将来的に安定した仕事を得られるかを知りたいかも。

今回はこんな疑問にお答えしていこうと思います。

本記事を見て分かること

・Webエンジニアの仕事内容

・Webエンジニアの将来性

・Webエンジニアに必要なスキル

・初心者がWebエンジニアになるための基本的な流れ

実際に僕もWeb関連の仕事をしているのですが、似た職種の人との交流が自然と増えていきます。

特にWebエンジニアの仕事をしている人と話すときは、常に仕事に関しての話をしたり将来的に仕事がどうなっていくのかを話しているので、聞いている僕としては常に楽しいです。

せっかくならWebエンジニアに関する仕事内容も紹介していきたいと思ったので、今回こちらでまとめさせていただきました。

これからWebエンジニアを目指そうと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアの仕事内容

Webエンジニアの仕事内容ですが、簡単に分けて3つあります。3つの仕事内容は以下の通りです。

  • システムサービスの企画や依頼内容の確認
  • Webサイト作成やプログラミング
  • 実際に作ったサイトの運営や保守
ラルク
ラルク
まずはこの3つの仕事内容について詳しく見ていきましょう。

システムサービスの企画や依頼内容の確認

まずWebエンジニアに求められるのは、クライアントの依頼内容を確認していきシステムサービスの企画をしていきます。

例えばネットでショッピングを楽しめるECサイトや、アプリでゲームを楽しんだりできるソフト開発などもすべてWebエンジニアによって作られています。

サービス内容はクライアントによって異なるので、しっかりと内容を聞き出し企画を提案していくのです。

Webエンジニアとしての技術だけでなく、デザイン性やマーケティングなどの技術も必要とされるので重要な仕事と言えるでしょう。

Webサイト制作やプログラミング

内容を確認し、クライアントとのすり合わせが終わったら、Webサイトの作成やプログラミング作業になります。

ただWebサイトの制作と言っても、主に2種類のエンジニアに分けられるので覚えておきましょう。

まずユーザーが見ている表側の部分を作成する「フロントエンドエンジニア」。そして裏側の部分をサポートをする「バックエンドエンジニア」という分類に分けられます。

簡単に言うと、フロントエンドエンジニアはサイトやアプリを見ている人が目に見えて分かるシステムを構築していく仕事で、バックエンドエンジニアは内部のシステムを構築していくのが仕事になるのです。

両者とも大きな違いがあるので詳しく知りたい方は、他のサイトで分かりやすく書いていた「フロントエンドとバックエンドの違いは?」を参考にしてみてください。

実際に作ったサイトの運営や保守

Webエンジニアの仕事は、ただWebサイトを作って納品をすれば終わりというわけにはいきません。なぜなら実際に作ったサイトの運営や保守をしていかなくてはいけないのです。

主にサイトを作った後は、コンテンツ更新やサイトのメンテナンスを行っていきます。

他の会社に委任するクライアントもいますが、もし運営や保守に携わっていくとなった場合、エンジニアとしての知識だけでなくWeb関連の知識やSEO、マーケティングなどの知識が必要です。

Webエンジニアの将来性や年収

Webエンジニアの将来性
マルもくん
マルもくん
仕事内容は分かりました。でも正直Webエンジニアの将来性ってどうなっているのかな?できるだけ将来性が高い仕事に僕はつきたいと思っているので。。。
ラルク
ラルク
確かに将来性の高い仕事を選ぶことは重要だね。じゃあここでは、Webエンジニアの将来性について解説していくよ!

Webエンジニアの将来性は高い!

結論を申し上げると、Webエンジニアは十分将来性の高い仕事と言えます。なぜならWeb業界は今後も更に進化していくことが予想され、Webエンジニアとしても活躍する場面が増えていくからです。

詳しくはフリーランスとして活躍している、Web業界でも有名なマナブさんの「AI時代において『Web業界の今後』は明るい理由」を御覧ください。

ラルク
ラルク
なぜWebエンジニアが将来性が高いと言えるのかが、はっきりと分かるはずですよ。

平均年収は約450万円前後

IT・Web業界に特化した求人サイト「Find Job!」によると、平均年収は456万円だということが分かっています。

Webエンジニアの平均年収

ただグラフから見ても分かるように年収500万円以上の年収をもらっている人も多く、これからもさらに需要が高くなっていくことから、さらに年収が増えることが予想されますね。

ラルク
ラルク
技術を磨きつつ、自分の年収をあげていきたいという人にはおすすめの職種です。

Webエンジニアに必要なスキル

Webエンジニアに必要なスキル
マルもくん
マルもくん
じゃあWebエンジニアになるためには、どんなスキルが必要になるんでしょうか?
ラルク
ラルク
じゃあここでは、Webエンジニアになるための必要なスキルを紹介していくよ。

企画力やコミュニケーション能力

何より大事になってくるのは、クライアントの要望に応えていくための企画力やコミュニケーション能力になります。よくプログラミングの知識だけ身につけておけばいいと言いますが、何より重要なのはこの2つです。

なぜならどれだけ依頼主の要望に応えて企画をたてていき、ちゃんと説明ができるかというコミュニケーション能力が大切になってくるからになります。

例えばプログラミングに対して何も分からない依頼主に対して、どんなプログラミングを作っていき最終的にはどのような形で仕上げていくかをしっかりと企画し提案していかなくてはいけません。

そのためには自らが企画を立てて、分かりやすく説明できる能力が必要となってくるのです。

プログラミングの知識やスキル

次にWebエンジニアになるためには、プログラミングの知識やスキルが必須となります。案件によって使うスキルは異なりますが、主には以下のスキルが必要です。

  • CSS
  • HTML
  • Ruby
  • JavaScript

フロントエンドエンジニアがよく使用するのがCSSやHTML、JavaScriptとなりますがバックエンドエンジニアも理解しておく必要があります。

開発していくサイトやアプリに合わせて、必要なスキルは異なっていくのです。

データベースに関しての知識やスキル

これはバックエンドエンジニアとして活躍していきたい場合ですが、データベースに関する知識やスキルが必須になります。

データベース

データベース(英: database, DB)とは、検索や蓄積が容易にできるよう整理された情報の集まり。 通常はコンピュータによって実現されたものを指すが、紙の住所録などをデータベースと呼ぶ場合もある。コンピュータを使用したデータベース・システムでは、データベース管理用のソフトウェアであるデータベース管理システムを使用する場合も多い。
引用元: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

作るWebサイトやサービスにもよりますが、莫大な量のデータを裏側に保管していることがあるので、管理できるだけの能力も必要ですが知識も持っておかなくてはいけません。

またデータベースを知っていくにあたって、SQLという言語も覚えておくと良いでしょう。

セキュリティに関しての知識やスキル

Webサイトを制作していくにあたって、何より心配なのがウィルス感染です。
ウィルスに感染すると個人情報が漏洩したり、サイト内のデータが消えてしまうという問題が起きてしまいます。

なので外部からのサイト内への侵入を防ぐためのセキュリティに関する知識をしっかりと身につけておかなくてはいけません。

もしセキュリティを破られたりでもしたら、責任問題にもなりかねないので必ず覚えておきましょう。

LAMP環境における知識やスキル

LAMPとは分かりやすく言うと、Webサイトをネット上に公開したい時やアプリの開発をしていく際に必要となるオープンソフトを意味します。

4つのオープンソフトの頭文字を合わせており、

  1. 「Linux」・・・サーバーで使用するOS
  2. 「Apache」・・・Webサーバー
  3. 「MySQL」・・・SQL言語を使ったデータベース
  4. 「PHP」・・・バッグエンドで使用されるプログラミング言語

という意味となっているのです。

ラルク
ラルク
ちなみにこの4つの知識やスキルを持っていれば、自分でもWeb開発ができるようになると言われているんだ!

それぐらい重要なスキルとなるので、Webエンジニアを目指そうと考えた人は、まずこのLAMP環境に関しての知識やスキルを身につけていきましょう。

初心者がWebエンジニアになるための流れ

初心者がWebエンジニアになるための流れ
マルもくん
マルもくん
じゃあ初心者がWebエンジニアを目指そうと考えたときは、どのような流れでスキルを磨いていけばいいんでしょうか?
ラルク
ラルク
じゃあここでは、初心者がWebエンジニアになるための大まかな道のりを説明していくね。

未経験OKなエンジニア系の会社に入社する

Webエンジニアと聞くと、ある程度の知識や経験を積んでおかなくてはいけないと思われがちですが、未経験でも募集している会社はあります。

Webエンジニアとは常に人材が求められている職種でもあるので、今後も未経験OKなエンジニア系の会社は増え続けていくでしょう。

ただ僕が思うに、まったくの未経験でエンジニアの会社に入るのはかなりリスキーなので、ある程度の知識を身につけてから転職や就職を考えていくことをおすすめします。

独学で勉強をしてフリーランスへ

Webエンジニアは独学でも勉強ができるジャンルでもあります。なのでもし自分でやってみたいという人は、独学で勉強していきWebエンジニアを目指していきましょう。

Webエンジニアになるための専門の本も本屋に行けば多数揃っていますし、今となっては詳しく教えてくれるWebスクールなどもあるので簡単に学べる環境を作ることができます。

さらにWebエンジニアに依頼する案件がそろっているクラウドサービスを利用すれば、フリーランスWebエンジニアとしても活躍していくことも十分可能です。

まずは自分に合った方法で勉強をしていき、フリーランスを目指すか転職を考えるのもいいのではないでしょうか?

本気でWebエンジニアを目指したいならこちら
【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】

まとめ|Webエンジニアは将来性のある魅力ある職種

Webエンジニアは将来性のある魅力ある職種

Webエンジニアを含めて、Web関連の仕事は将来性のある仕事ばかりです。

どの職種を選んでいくかは自分自身ですが、何より重要なのは変わりゆく日本において将来性のある仕事のスキルを身につけれているかが重要になると僕は考えます。

どんどんAIの時代へと変化していく中で、どんな仕事がこなせるかによって毎日が楽しくなるかも変わってくることでしょう。

ラルク
ラルク
僕もWeb関連の仕事をしていますが、毎日が楽しいですよ。

ぜひWebエンジニアを目指していき、一緒にWeb業界を盛り上げていきましょう!