『はたらく』を変えよう。
働き方を変えて、
お金にも時間にも縛られない生活を
スタートさせてみませんか?
仕事の悩み解決

仕事が精神的にきついと感じる時の5つの対処法【実体験から判明】

仕事が精神的にきついと感じる時の5つの対処法【実体験から判明】

こんにちは、働き方アドバイザーの堺です。

今の仕事が精神的にきついです。もう仕事を辞めたいとも感じていて、正直行きたくありません。
なんのために働いているのか分からなくなってきたのですが、今後私はどうしていけばいいのでしょうか?い

今回はこういったお悩みにお答えしていきます。

本記事を見てわかること
  • 仕事が精神的にきついと感じる時の5つの対処法
  • 仕事が精神的にきついと感じてしまう原因
  • 精神的にきつい仕事から脱するためにすべき行動

日々精神的にきついと感じる仕事をしていると、だんだんとイライラやストレスが溜まっていき、日々辛いと感じてしまいますよね。

実際に僕もサラリーマン時代、入社して1年半ぐらいは精神的にきつい仕事をし続けた結果、鬱になってしまったという経験があります。

しかし今となっては、仕事に対しての向き合い方を変えることによって、フリーランスとして精神的苦痛を感じない仕事をする毎日です。

そんな僕が本記事では、仕事が精神的にきついと感じる時の対処法を5つ紹介しつつ、今すぐ取るべき行動をまとめました。

日々の仕事が精神的にきついと感じてしまう原因や、実際に精神的負担が大きい仕事をし続けた結果など体験談もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事が精神的にきついと感じる時の5つの対処法

仕事が精神的にきついと感じる時の5つの対処法

結論として、対処法は以下の5つです。

  • 会社に今の精神状態を伝える
  • 上司や同僚に相談をする
  • 長期間の休みを取る
  • 違う収入源を作る
  • 病院に行く

僕は転職を5回繰り返した経験があるのですが、精神的にきついと感じた瞬間、上記の方法で対処してきました。

それぞれどういった意味か、解説していきます。

会社に今の精神状態を伝える

まずは会社に対して今の精神状態を伝えて、仕事に対して辛い毎日を過ごしているという事実を共有しておくようにしましょう。

仮に自分が仕事に対して精神的苦痛を感じていたとしても、会社側としては仕事をしている人全員の精神状態を把握していないので、『仕事が精神的にきつい』という感情を共有することで初めて理解してくれることが多いんですね。

実際に僕は「日々の仕事が精神的にきついので辞めようと思っています。」ということを伝えると、そこで始めて会社側が対策を考えてくれたという経験があります。

ラルク
ラルク
結果的にその時は『部署変更』によってストレスが溜まる仕事から逃れることができたのですが、自分の仕事に対する想いを伝えていなければ、さらに追い込まれていたはずですよ。

会社側に対してちゃんと仕事に対するクレームを申し立てなくては、今の状況が改善することはありません。

良心的な会社であれば、違う部署に変更させてもらえるか、「精神的にきつい」と感じさせない仕事を割り当ててくれるはずですよ

上司や同僚に相談をする

上司や同僚に相談をする

もし相談しやすい上司や同僚がいるというなら、今の精神状態を正直に話して相談にのってもらいましょう。

同じ仕事をしている上司や同僚なら、「どうやって精神的にきつい状況を乗り越えているか」「どうすれば今の状態から脱することができるのか」などの相談にのってくれやすい部分があります。

実際に僕は上司に相談をして、仕事に対する向き合い方を教わることで、辛い仕事でも毎日続けていける理由を知ることができました。

他にも悩みを相談できる同僚を作ったことで、日々の愚痴や悩みを吐き出すことができ、仕事ストレスを溜め込まない生活を手に入れることができたのです。

ラルク
ラルク
仕事の悩みは1人で抱えがちだけど、誰かに話すだけで心が楽になるものですよ!

もちろん中には相談する人がいないという人もいるでしょうが、誰かに話を聞いてもらうことが重要なので、上司や同僚以外の方でも問題ありません。

仕事に対しての考え方がしっかりしている人や、仕事において辛い過去を乗り越えた人などに相談をするだけでも、現状を変えるきっかけを掴むことができますよ。

長期間の休みを取る

あまりにも精神的にきついということなら、長期間の休みをとりましょう。

いったん仕事に追われる毎日から離れることで、仕事のことを忘れ、冷静に今後のことを考えるきっかけを作ることができます。

実際に私も仕事がきついと感じていたときは、仕事をズル休みして、1週間遊び呆けたことがありました。

会社のズル休みはよくないですが、日々辛い仕事をしているなら誰からも怒られません。もし心配なら、ちゃんと休むための権利である有給休暇を消化してもいいでしょう。

ラルク
ラルク
あくまで傷ついた体や心を癒すことが大事なので、長期の休暇は辛い時にとてもおすすめですよ!

結果的に長期の休暇を取ったおかげで、今後のことを見つめ直すことができ、自分が本当にやりたい仕事を見つけることもできました。

日々仕事に追われていると毎日の仕事のことばかりを考えがちなので、いったん休息を入れて自分を見つめ直す時間を作ることが大切ですね。

違う収入源を作る

違う収入源を作る

違う収入源を作っておき、金銭的不安をなくすことも対処法の1つです。

仕事が精神的にきついけど今の会社を辞めれないという人の中には、「無職になるかもしれない」「給料が下がるかもしれない」などの金銭的不安を持っている人が多いと思います。

実際に私も無職になった経験がありますが、不安と絶望の毎日でした。
お金が入ってこないので、「前の仕事を頑張っていればよかった。。。」と後悔したことがあるんですね。

ただそんな時に違う収入源を確保できる状態を作っておけば、金銭的不安をなくすことができます。

ラルク
ラルク
主には副業などを始めておけば、いつ仕事を辞めても大丈夫な状態を作ることも可能ですよ。

もちろん中には「副業をする時間がない」「会社の規定があってできない」という人もいると思いますが、大切なのは今の仕事にこだわりすぎないことです。

今の時代、いつ会社が倒産するかもわかりませんので、複数の収入源を確保して金銭的不安を無くしておくことは、もはや必須事項と言えますよ。

病院に行く

あまりにも仕事に対して精神的負担を感じているということなら、病院へいきましょう。

「仕事のストレスとかで病院に行くなんて。。。」と思う人もいるかもしれませんが、決して軽視してはいけません。

冒頭でもお話しましたが、僕はきつい仕事を続けた結果、うつ病になりました。
その結果、日々の仕事もできないだけでなく、仕事に行こうとするだけで吐き気や頭痛が続くといった経験をしたのです。

仕事が合わないと感じたらストレス溜まって鬱になるよ【対処法あり】
仕事や会社が合わないと感じたらストレスで鬱になるよ【対処法あり】仕事が合わないと感じ、だんだんストレスがたまってきている人はいませんか?際に体験した「仕事が合わない」と感じたまま仕事をしたらストレスをため鬱になった体験談をまとめています。仕事が合わないと感じる理由や対処法もあるので、今を変えたい人は参考にどうぞ。...
ラルク
ラルク
この時は、早めに病院にいって診察してもらえばよかったと本気で感じましたね。

仕事ストレスが溜まっていけば、イライラが溜まるだけでなく、絶望感を感じて自殺を選んでしまうという人も少なくありません。(実際に葬儀会社に勤めていた時には、自殺する若者が搬送されることもありました。)

なのであまりにも精神的にきつい状態が続いているということでしたら、まずは病院に行くことをおすすめしますよ。

仕事が精神的にきついと感じてしまう原因

仕事が精神的にきついと感じてしまう原因

ここまで仕事が精神的にきついと感じる時の対処法についてまとめていきました。

ここで改めて、仕事が精神的にきついと感じてしまう原因を深掘りしてみましょう。

仕事が精神的にきついと感じる理由
  • 日々の仕事が楽しくない
  • 嫌な仕事を、無理してでも続けている
  • 仕事場に行くだけで嫌な気持ちになってしまう
  • 毎日の仕事が忙しくて頭が回らない
  • 仕事とプライベートの両立ができていない
  • 人間関係に問題がある
  • 金銭的な不安や不満がある

あくまで僕の経験則から原因をまとめましたが、ほぼほぼ合っていると思います。

人によって仕事がきついと感じる原因は異なるでしょうが、本質的な部分を見ると『日々の仕事に対しての嫌悪感』から精神的にきついという感情が生まれるものです。

なのでもし日々仕事をしている人の中で「精神的にきつい」という状態が続いているという人は、何が原因でそう感じているのかを見つめ直すところから始めましょう。

そこから最適な改善策を見つけていき、現状から脱するための行動をしていくことをおすすめしますよ。

精神的にきつい仕事から今すぐ脱するためにすべき行動

精神的にきつい仕事から今すぐ脱するためにすべき行動

ここまで、仕事が精神的にきついと感じる原因についてまとめていきました。

原因が分かったら、あとは対策を施していけばいいだけなのですが、どのような対策をしていけばいいのでしょうか?

中には「転職をすればいい」という人もいますが、選択肢はそれだけではありません。

ラルク
ラルク
選択肢を転職1つのみにするのは、本当のアドバイスではないと思っています。

なので以下には、僕が実際に僕が行った行動を紹介していきます。
以下の対処法を行ったことで、「精神的にきつい仕事を続ける」状態から脱することができたので、ぜひ参考にしてみてください。

精神的に負担を感じない仕事を職場内で見つける

まずは精神的に負担を感じない仕事を、職場内で探すところから始めていきましょう。

何も仕事というのは会社に1つだけではないので、自分に合う仕事もあれば合わない仕事もあるんですね。

実際に僕は葬儀スタッフとして働いていた時は、日々精神的にきつい日々を過ごしましたが、葬儀の祭壇にお花を生ける仕事がある部署に変更したことで仕事が楽しくなったという経験があります。

もちろん中には「私が仕事場を変えることで、同じ部署の人に迷惑をかけてしまう」と感じる人もいるかもしれませんが、はっきり言うと代わりの人はいくらでもいます。

会社側としても「精神的に日々の仕事がきつい!」と感じながら仕事をされる方が迷惑に感じるものなので、正直に会社側に伝えて精神的負担を感じない仕事を探すことが最初にすべき行動ですよ。

仕事に対する向き合い方を変えて働き方を変える

仕事に対する向き合い方を変えて働き方を変える

仕事に対する向き合い方を変えて、働き方を変えることを考えるのも1つの手段ですね。

世の中には『会社員』が一般的な働き方だと考えて選択肢を狭める人もいますが、色々な働き方を経験してきた僕からすると、そうではないと断言できます。

例えばですが残業が多い仕事場で辛い毎日を過ごしている人なら、残業が少ない派遣社員をに切り替えてもらったり、パートに変えてもらえば苦痛から逃れることが可能です。

他にも仕事場に行くことが精神的負担を感じるということなら、在宅勤務を申請したり、仕事場に行かなくても済む方法を考えていけば問題ありません。

ラルク
ラルク
要は「自分が働きやすいと感じる環境とは何かを考えて、自分が働く環境を整え直す努力をする」ということになりますね。

働き方改革が行われて以降、会社員ばかりが何も正しい働き方とは言い切れなくなってきました。

なのでまずは、「仕事に対して何を求めるのか?」を一度考えてみてはいかがでしょうか。

日々の仕事に悩んでいるあなたに質問

仕事をしていく中で、お金を得たいのかプライベートを大事にしたいのか。
それとも人間関係を大事にしていくのか、自分の時間を大切にするのか。

人それぞれ価値観は違い、求めるものも違います。
あなたはどの価値観が大切だと感じますか?

【必読】生き方が働き方の時代へ|4つの生き方から働き方を考えよう昔は「働き方から生き方」を決めていくのが普通でしたが、近年において考え方が変わり「生き方から働き方」を考えていく人が増えてました。しかし実際にはどのようにして働き方を決めていいのかが分からないという人もいるのではないでしょうか?今回は自分の生き方を見つける4つの方法から働き方を考える方法をご紹介していきます。...

本当に今の職場が合わないと感じたら転職する

本当に今の職場が合わないと感じ始めている状態なのであれば、ここで改めて転職を考えるようにしていきましょう。

未来性がない会社にいたり、自分にとって負担にしかならない仕事をしている毎日なのであれば、どれだけ頑張っても今の状況が変わるということはありません。

ラルク
ラルク
毎日ストレスを抱えていて職場に行くのも嫌になっているのであれば、もはや仕事や職場に対しての魅力はまったくないんだと思います。

なので本当に今の職場に自分ができることがないと感じたら、最終手段として転職をしましょう。

毎日嫌な職場に行き、ストレスをためこんで鬱になってしまうほうが、身体的にも将来的にもよくありません。(経験者は語る、です。)

なので

  • どんな仕事が世の中にあるのか?
  • 自分に合う仕事とは何なのか?
  • 理想的な仕事とは何なのか?

この疑問を持ちながら、転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

実際に僕が活用した転職サイトを紹介

ちなみに僕が実際に活用した転職サイトが以下の通りです。

すべて登録は無料でして、5分もあれば登録は完了しますので、気になるサイトがあればまずはチェックするところから始めてみてください。

マイナビエージェント
おすすめレベル
よく利用する年齢層20代〜30代
サポート内容・『応募書類のアドバイス』
・『人柄や志向を自分の代わりに企業に伝え、選考通過を後押し』
・『面接前後のきめ細かいフォロー』
特徴業界最大級の求人数

マイナビエージェント公式HPへ

 

リクナビNEXT
おすすめレベル
よく利用する年齢層20代〜40代
サポート内容・『中小企業の強い味方!掲載企業は100名以下が6割以上』
・『スカウト登録で企業や転職エージェントから直接オファーが届く』
・『グッドポイント診断で、自分の強みを分析』
特徴限定求人が約85%

リクナビNEXTの公式HPへ

doda
おすすめレベル
よく利用する年齢層20代〜30代
サポート内容・『応募書類のアドバイス』
・『面接前後のきめ細かいフォロー』
・『人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押し』
特徴転職成功者の実績・評判が共に高い。

doda(デューダ)の公式HPへ

転職サイトはどれを使っても大差なし

ちなみに1つお伝えしておくと、転職サイトはどれを使っても大差はありませんが、今回は「精神的な苦痛を感じさせない会社を転職サイトで見つけられるか」が重要なポイントになります。

僕はもともと働きやすい会社を求めて転職サイトを活用していた」という部分があるで、他のサイトに比べると、今回紹介した転職サイトはかなり使いやすいかなと。

気になる案件がメールで流れてきたら、とりあえず問い合わせしてみる、という感覚で始めてみるのもいいと思います。

行動すれば前に進むもの

また少し言葉を選ばずにお話をすると、「今働いている環境で仕事をしたくない」と感じているなら、今の会社に居続けるのは非効率かなと。

問題は早めに「仕事したくない」「働きたくない」と感じる状況を打破することなので、まずは『ちょっとした前向きな行動』が大事だったりします。

ラルク
ラルク
今の状況を打破するための転職と考えれば、重たい腰もゆっくりあがるものです。

なのでまずはちょっとずつでも行動に移して、動きながら今の状況を打破していくことを考えてみましょう!(‘◇’)ゞ

まとめ|精神的にきついと感じる仕事は続ける必要なし

精神的にきついと感じる仕事は続ける必要なし

ここまで仕事が精神的にきついと感じる人がすべき対処法や、原因・行動すべき内容についてまとめていきました。

今となっては仕事の幅が広がってきているということもあるので、自分に合った仕事というものは必ずあるはずです。

精神的にきついと感じている仕事というのは、続けていても自分にとってなんのプラスにもなりませんので、続ける必要はありません。

なのでぜひ本記事でまとめた対処法や今すべき行動内容を参考にして、今後の仕事における向き合い方を変えていってみてくださいね。

それでは以上です。
ありがとうございました( ´ ▽ ` )

ABOUT ME
堺 彬(WorkLifeスタイリスト)
28歳まで冠婚葬祭の会社にてお花を生ける仕事をするも、未来に不安を感じ東京に上京。未経験のままWebライターを志し、約6ヶ月で月20万円を稼ぐまでになる。 30歳を期に独立。現在は『WorkLifeスタイリスト』として、人の理想的な働き方や生き方を見つけてもらいつつ、後悔のない生涯を過ごしてもらうためのサポートをする毎日。

仕事をしたくない・働きたくないと感じている方へ朗報です。

パソコンが苦手で、20代で転職を5回も繰り返し、ダメダメ人生だったサラリーマンだった僕でも自動で月10〜20万円の副収入をPC1代で得られるようになった方法をメルマガにて紹介しています。

  • 毎日『やりたくもない仕事』をしていて辛い
  • 今の会社で、ずっと働き続けることができるのか不安
  • お金のためにも、嫌な仕事を我慢しながら働いていて辛い
  • 会社に縛られている今の生活に、不満を感じている
  • 将来に向けて、手に職を持てるようにしておきたい
  • 今の時代、外での仕事は怖いから在宅で働けるようになりたい
  • 働き方や生き方を変えて、今までの自分を変えたい

もし上記に当てはまるという方は、メルマガを読むことで未来を変えるきっかけを掴めるかもしれません。

今なら期間限定で『アフィリエイトで5〜10万円の資金をわずか20分の作業ですぐ手に入れられる方法』をまとめたテキストなどを含めて、3つの無料特典をつけさせていただいています。

ぜひ以下のボタンからお受け取りください。

 

 

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です