副業

時間の使い方が上手くなる7つの行動【効率の良い時間の使い方】

時間の使い方が上手くなる7つの行動【効率の良い時間の使い方】

どうも、複業家のラルク(@raruku_hataraku)です。

時間の使い方が上手くなりたいけど、なかなか効率よく時間を使うことができません。。。
時間の使い方が下手くそな私ですが、時間を効率よく使っていくためには何をしていくべきなのでしょうか?

今回はこんな疑問にお答えしていこうと思います。

本記事を見て分かること
  • 時間の使い方が上手くなると得られる変化
  • 時間の使い方が上手くなる7つの行動
  • 時間の使い方が上手い人と下手な人との違い

時間の使い方が上手くいかず、悩んでいるという人はたくさんいます。

僕も社会人時代は時間の使い方が下手くそで、何をしていけば効率よく作業が進むかをずっと考えていました。

しかし時間の使い方を学んできたおかげで、今となってはダラダラと仕事をすることがなくなり、タスク管理もしやすくなってきたのです。

そんな僕ですが、今回は時間の使い方を上手くなるために実際にしてきた行動を7つ紹介していきます。

これまで時間の使い方が上手くいかなかったという人は、ぜひ試してみてください。

時間の使い方が上手くなると得られるメリット

時間の使い方が上手くなると得られる変化

まず時間の使い方が上手くなるための行動を知っていく前に、体感的にどのような変化が得られるかを知っておくべきです。

時間の使い方を知ることで充実した毎日に

実際のところ時間の使い方が上手くなると、体感的に以下の変化が見受けられます。

  • 仕事の効率化
  • 仕事上で起こりうる問題点の早期発見
  • 仕事を早く終わらすことができる
  • 他のタスク攻略もできる
  • 自分のプライベートの時間が持てる
  • スケジュール管理がしっかりできる
    etc.

社会人になると常に時間に追われるようになっていき、自然と時間を気にするようになっていきます。

そんな時に時間の使い方を理解しておくのとしていないのでは、仕事の作業時間や仕事の質に大きな変化をもたらすのです。

仕事だけでなくプライベートでも役立つ

ラルク
ラルク
時間の使い方とは仕事だけでなくプライベートにも関係してくるので、使い方が上手になると大変便利ですよ。

例えば、時間の使い方が上手くなればスケジュール管理ができるようになるので、予定にズレを作らなくなります。

そうすると大事なデートでの遅刻が減ったり、空いている時間に何をすべきなのかを明確にしていくことができるのです。

なのでどれだけ時間の使い方を理解しているかで、毎日を楽しく過ごせるかが変わってくると言っても過言ではないでしょう。

それだけ時間の使い方を覚えていくのは重要なことなのです。

時間の使い方が上手くなる7つの行動

時間の使い方が上手くなる7つの行動

では時間の使い方が上手くなるためには、どのようなことをしていけばいいのでしょうか?

ラルク
ラルク
そこでここでは僕が実際に行ってきた、時間の使い方が上手くなる7つの行動を紹介していくね。

1.仕事やプライベートの予定を明確化する

仕事やプライベートどちらにおいても、まずは予定を明確化していくことが重要です。
なぜなら時間の使い方が下手な人ほど、何を先にしていけばいいのかが分かっていない人が多いからです。

例えば仕事に取り掛かろうとしても、まったく予定が立っていない人は以下のような現象になりがちです。

今日しなくちゃいけない仕事って何だっけ?

今日は18時には帰りたいなあ。。。
(何も考えていない)

また今日も残業だ。仕事が多すぎるんだよなあ。。。
(周りは仕事が終わっている)

これは何を優先的にしていけばいいのか分からず、結果的に仕事が遅れてしまったといった事例ですね。

マルもくん
マルもくん
これは僕もよくやるパターンだ。。。

なのでまずは予定を明確化していき、一日にしなくてはいけないことをはっきりと見える状態にしておくことが重要です。

1日の予定を明確化し、目に見える形で残しておくこと。
タスク管理がおススメ!

2.明確化した予定に優先順位をつける

1日かならずしなくてはいけないことが明確化したら、次は優先順位をつけていきましょう。

優先順位をつけていくことで最初に取り組まなくてはいけないことがはっきりと分かり、迷うことなく仕事を進めることができるという効果があります。

ちなみに優先順位のつけ方は、緊急性が高いか低いかによって決めていきましょう。

  • 緊急性大 ⇒ 優先度大(先に済ませる)
  • 緊急性小 ⇒ 優先度小(後でもOK)

仕事を例にとると、仕事内容にはそれぞれ優先度があるので、緊急性が高いものから終わらせるのが定番です。

時間の使い方が下手な人は、仕事の優先度がわかっていない場合があるので注意しましょう。

仕事における優先度がわからない場合は、素直に上司に聞くのがベスト。

「この仕事とこの仕事、どちらを優先的に済ませばいいでしょうか?」
この質問だけで、たいていの優先順位がわかります。

3.1日のスケジュールを組んでみる

優先順位が分かったら、1日のスケジュールを優先順位に従って組んでいきましょう。

スケジュールを組んでいけば、1つ1つの予定にかけるべき時間が予測できます。

ラルク
ラルク
実際に僕も1日のスケジュールを組み始めたことによって、時間の使い方が劇的に変化していったんだ!

時間の使い方が上手い人は必ずと言っていいほどスケジュールを組んでいるので、今までしていなかった人はぜひ取り組んでみてください。

4.分単位で予定を立てる

分単位で予定を立てる

次に時間を調整していくのですが、ここで大切なのは分単位で予定を立てていくことが大切です。

たまに時間単位で予定を立てたほうがいいという記述もありますが、分単位のほうが圧倒的に時間管理能力が高まります。

分単位のメリット

  • 細かい時間を刻むことで時間管理能力が高まる
  • 体感的に時間への意識がいくようになる
  • 集中力が高まり、行動が早くなる

時間の使い方が上手い人は分単位で行動していることが多く、下手な人はざっくりとした時間単位で予定を組んでいることがあるのです。

これから時間の使い方を上手くしていきたいなら、分単位でのスケジュールを組んでいきましょう。

5.無理な予定を組まないようにする

これは僕が時間の使い方が下手だったときに起こった現象ですが、無理な予定を立てすぎて仕事が終わらなかった、という事例があります。

スケジュールを組んでいった最初の頃は時間の使い方が下手くそな状態だったので、無理な予定を詰め込みがちです。

しかしスケジュール管理に慣れるまでは、予定通りに進まないことがほとんどとなります。

マリア
マリア
何事も無理は禁物ですわね。

なのでまずは余裕の持ったスケジュール管理を心がけましょう。

  • 1時間で予定が終わりそう ⇒ 1時間ちょっとの時間確保
  • 2時間で予定が終わりそう ⇒ 2時間半の時間確保

慣れてきたら少しずつ確保している時間を変えていき、最初に組んだ予定と同じ時間で終わらせれるよう努力していきましょう。

6.予定を先延ばししない

時間の使い方が下手な人は予定を先延ばししてしまい、後になって苦労するという人がいます。

いつかはやらなくてはいけない予定なのであれば、内容によっては先延ばししないようにしたほうが圧倒的にいいです。なぜなら人間は、優先度の低いものからどんどん忘れる傾向にあるからになります。

ラルク
ラルク
予定が分かっているなら早めに終わらす。時間の使い方を上手くしていくための大事な項目だよ。

めんどくさいと思って先延ばしすると、後になっても結局後回しにしてしまいがちです。どうせなら優先順位を高くして、早めに終わらせるようにしましょう。

7.毎週(毎日)の予定をパターン化していく

1日のスケジュールを組むのに慣れてきたら、今度は毎週(毎日)の予定を組んでみましょう。

中には「1週間後の予定なんてわかんない」という人もいるでしょうが、毎週(毎日)必ずやらなくてはいけないという項目が必ずあるはずです。例えば

  • 睡眠
  • 食事
  • 風呂
  • 電車の通勤時間
  • 毎週見ているテレビ
    etc.

これらは定期的に訪れる消費時間と言えます。

時間の使い方が上手い人は消費時間をスケジュールに入れて、下手な人は予定に入れません。

なのでもしスケジュールを組んでいくのに慣れてきて毎週(毎日)必ず行う予定があるようでしたら、まずはスケジュールを埋めていくようにしていきましょう。

目に見えている予定を組んで、毎週の予定をパターン化してしまえば時間の使い方に慣れるのはあっという間ですよ。

毎週行われる予定を知ってしまえば、後はパターン化していくだけ。

時間の使い方を学んで効率化を図ろう

時間の使い方を学んで効率化を図ろう

本記事のまとめです。

本記事のまとめ
  • 時間の使い方が上手くなると仕事でもプライベートでも役立つ
  • 時間の使い方が上手くなるには7つの行動をとること
  • 時間の使い方が上手い人と下手な人とでは作業効率の差が出てくる

時間の使い方を覚えていけば仕事をしている人もそうですが、プライベートにおいても活用していくことができます。

どれだけ時間通りに活動していけるかによって、時間を効率的に使えるかどうかが決まってくると言えるでしょう。

時間の使い方が苦手だという人も、まずは7つの行動を試してみてください。
試していく中で少しでも時間への向き合い方が変わってきたら、それは大きな変化と言えるはずです。

ぜひ時間の使い方をマスターしていき、仕事にもプライベートにも活かしてくださいね。