『言葉とAI』で未来を変える。
AIを使ったブログやライティング術
時間の効率化方法をまとめた
初心者に優しいメディアサイト
    ChatGPT実践マニュアル

    ChatGPT実践マニュアル

    AIライティング PR

    Chatgptの精度を上げるプロンプト10選!打ち方のコツと勉強方法を紹介

    記事内に商品プロモーションを含む場合があります

    「ChatGPTの精度を上げるにはどうすればいい?」「プロンプトの打ち方のコツは?」などと悩んでいませんか?

    ChatGPTの精度を上げるには、具体的な指示や役割の設定、追加情報の要求などが効果的です。プロンプトエンジニアリングの基礎を学んだり、他のユーザーの成功事例を研究しても精度を上げることは可能です。

    本記事では、ChatGPTの精度を向上させるための10のプロンプト技法について解説します。精度を上げるためのコツや勉強法もまとめているため、ぜひ参考にしてみてください。

    ChatGPTの精度を上げる10のプロンプト技法

    ChatGPTの精度を上げる10のプロンプト技法

    ChatGPTの精度を向上させるには、効果的なプロンプト技法を活用することが重要です。適切なプロンプトを使用することで、AIからより正確で有用な情報を引き出せます。

    以下の10の技法を組み合わせれば、ChatGPTの性能を最大限に引き出すことが可能です。

    1. 具体的な指示を与える
    2. 役割を与える
    3. ステップバイステップの指示を出す
    4. 今の状況を伝える
    5. フォーマットを指定する
    6. 例を示す
    7. 制約条件を設定する
    8. フィードバックループを作る
    9. 複数回の質問を重ねる
    10. 最新モデル(GPT-4)を使用する

    上記の方法を適切に使用すれば、ユーザーは目的に応じた高品質な回答を得られるようになります。

    具体的な指示を与える

    ChatGPTに具体的な指示を与えることで、より精度の高い回答を獲得できます。抽象的な質問ではなく、詳細な情報や条件を含めた指示を出すことが重要です。

    例えば、以下のような具体的な内容をまとめたプロンプトを使用します。

    プロンプト例

    2023年の日本における二酸化炭素排出量の削減策を5つ挙げてください。各策について、実施主体、期待される効果、実施にあたっての課題を100字以内で説明してください。

    すると、以下のような形でChatGPTが出力しました。

    このように明確な指示を与えることで、ChatGPTは的確な情報を提供しやすくなります。具体的な指示により、AIは回答の範囲や深さを適切に調整できるようになります。

    役割を与える

    ChatGPTに役割を与えることで、特定の視点や専門知識に基づいた回答を得られます。AIに特定の役割を与えれば、より深い洞察や専門的な情報を引き出すことが可能です。

    例えば、以下のようにChatGPTに役割を与えるプロンプトを使用します。

    プロンプト例

    あなたは環境問題の専門家です。気候変動対策について、一般市民向けに分かりやすく説明してください。専門用語は避け、具体的な事例を3つ以上含めてください。

    すると、以下のような形でChatGPTが出力しました。

    ChatGPTは指定された役割に基づいた回答を生成します。専門家の視点を模倣することで、より信頼性の高い情報を提供できるようになります。

    ステップバイステップの指示を出す

    複雑な質問や課題に対しては、ステップバイステップの指示を出すことが効果的です。段階的な指示を与えることで、ChatGPTはより構造化された回答を提供できます。

    例えば、以下のように段階を踏んだプロンプトを使用します。

    プロンプト例

    新しいビジネスアイデアを考える方法を説明してください。以下の手順に従って回答してください。

    ・問題の定義
    ・市場調査
    ・アイデア創出
    ・実現可能性の検討
    ・ビジネスモデルの構築

    各ステップについて、具体的なアクションと注意点を2〜3文で説明してください。

    すると、以下のような形でChatGPTが出力しました。

    指示の仕方により、ChatGPTは各ステップに沿って詳細な情報を提供してくれます。段階的な指示は、複雑なトピックを理解しやすく整理するのに役立ちます。

    今の状況を伝える

    プロンプトに背景情報や関連する詳細を含めれば、AIはより深い理解に基づいた回答を生成します。

    例えば、以下のようなプロンプトを使用します。

    プロンプト例

    私は30代のIT企業勤務で、最近健康に興味を持ち始めました。デスクワークが多い職場環境で実践できる、効果的な運動習慣について教えてください。時間の制約や運動経験が少ないことを考慮に入れてアドバイスしてください。

    すると、以下のような形でChatGPTが出力しました。

    上記の情報を与えることで、ChatGPTはユーザーの状況に合わせたアドバイスや情報を提供できます。

    コンテキストの提供は、より個別化された、実用的な回答を得るのに役立ちます。

    フォーマットを指定する

    回答のフォーマットを指定することで、より構造化された情報を得ることができます。表やリスト、段落といった希望する形式を明確に指示することが重要です。

    例えば、以下のようなプロンプトを使用します。

    プロンプト例

    効果的な時間管理の方法について説明してください。回答を3つの段落で構成し、各段落の冒頭に見出しをつけてください。また、各段落の最後に、その方法を実践するための具体的なヒントを箇条書きで3つ追加してください。

    すると、以下のような形でChatGPTが出力しました。

    フォーマットを指定すれば、ChatGPTは整理された形式で情報を提供し、ユーザーにとって理解しやすい回答を生成します。指定されたフォーマットは、情報の整理と視覚化を助け、重要なポイントを強調するのに役立ちます。

    例を示す

    ChatGPTに具体的な例を示すことで、より精度の高い回答を得ることができます。抽象的な質問ではなく、具体的な事例や状況を含めた指示を出すことが重要です。

    例えば、以下のようなプロンプトを使用します。

    プロンプト例

    環境問題に関する記事を書いてください。具体的には、地球温暖化の影響として、北極の氷が解けてホッキョクグマの生息地が減少している例を挙げて説明してください。

    すると、以下のような形でChatGPTが出力しました。

    このように具体的な例を示すことで、ChatGPTはより的確な情報を提供しやすくなります。例示により、AIは回答の範囲や深さを適切に調整できるようになります。

    制約条件を設定する

    ChatGPTに制約条件を設定することで、より焦点を絞った回答が獲得できます。制約条件は文字数や形式、使用する言葉遣いなど、様々な要素を指定できます。

    例えば、以下のようなプロンプトを使用したとしましょう。

    プロンプト例

    AI技術の未来について、300字以内で、専門用語を使わずに中学生にもわかるように説明してください。

    すると、以下のような形でChatGPTが出力しました。

    制約条件を設定することで、ChatGPTは指定された条件内で最適な回答を生成します。制約条件の設定は、特定のニーズや対象読者に合わせた回答を得るのに役立ちます。

    フィードバックを行う

    ChatGPTとのやり取りにフィードバックを行えば、回答の質を段階的に向上させることができます。最初の回答に対して評価や追加の指示を与え、改善を重ねていく方法です。

    例えば、先ほど出力された「AI技術の未来」に関する出力結果に対して、以下のようなプロンプトを使用したとします。

    プロンプト例

    先ほどの回答は良かったですが、もう少し具体的な内容にしてほしいです。出力した内容の点数が60点だと仮定して、100点にする内容に直してください。

    すると、以下のような形でChatGPTが出力しました。

    フィードバックを繰り返すことで、ChatGPTは徐々に期待に沿った回答を生成できるようになります。特に、複雑な質問や高度な要求に対応する際に効果的です。

    複数回の質問を重ねる

    ChatGPTに対して複数回の質問を重ねることで、より深い洞察や詳細な情報を引き出すことができます。単一の質問ではなく、関連する質問を段階的に行うことで、テーマを掘り下げていきます。

    例えば、答えを導き出すために以下のようなプロンプトを複数回打ち込みました。

    プロンプト例

    「人工知能の基本的な定義を教えてください。」

    「人工知能の主な種類にはどのようなものがありますか?」

    「機械学習と深層学習の違いを説明してください。」

    質問を重ねることで、ChatGPTはより包括的で詳細な情報を提供してくれます。複数回の質問は、複雑なトピックを段階的に理解する際に特に有効です。

    最新モデル(GPT-4o)を使用する

    ChatGPTの最新モデルであるGPT-4oを使用すれば、より高度で正確な回答を獲得できます。GPT-4oは前バージョンは、より広範な知識と高度な理解力を備えているモデルです。

    最新モデルを使用すれば、より複雑な質問や高度な分析にも対応できるため、精度が向上します。

    ChatGPTの精度を上げるプロンプトの打ち方のコツ

    ChatGPTの精度を上げるプロンプトの打ち方のコツ

    ChatGPTの精度を向上させるには、適切なプロンプトの作成が不可欠です。効果的なプロンプトを使用することで、AIからより正確で有用な情報を引き出せます。

    プロンプトの打ち方のコツをまとめると以下の通りです。

    • 明確で簡潔な文章を心がける
    • キーワードを適切に配置する
    • 文脈を考慮した質問を行う
    • 適切な長さと詳細さのバランスを取る

    詳しく解説します。

    明確で簡潔な文章を心がける

    ChatGPTに対して明確で簡潔な指示を与えることが、高精度な回答を得るための第一歩です。抽象的な表現を避け、具体的な言葉を使用することが重要です。

    例えば、「環境問題について教えて」ではなく、「2023年の日本における二酸化炭素排出量の削減策を5つ挙げてください」というように、具体的な指示を出します。

    具体性を持たせれば、ChatGPTはより焦点を絞った、的確な情報を提供できるようになります。

    キーワードを適切に配置する

    プロンプト内でキーワードを適切に配置することで、ChatGPTの理解を助け、より精度の高い回答を引き出せます。重要なキーワードは文章の冒頭や最後に置くと効果的です。

    例えば、「ChatGPTの精度を上げる方法について、プロンプトの観点から5つ説明してください」というプロンプトでは、「ChatGPT」「精度」「プロンプト」という重要なキーワードが適切に配置されています。

    正しくキーワードを配置すれば、ChatGPTは質問の意図を正確に把握し、的確な回答を生成できます。

    文脈を考慮した質問を行う

    ChatGPTに対して文脈を考慮した質問を行うことで、より深い洞察や詳細な情報を引き出すことができます。前後の会話の流れを踏まえ、関連する情報を提供することが重要です。

    例えば、「先ほどの回答を踏まえて、さらに詳しく説明してください」や「前回の質問に関連して、具体的な事例を3つ挙げてください」といった形で質問を重ねていきます。

    文脈を意識すれば、ChatGPTはより詳細な情報を提供できるようになります。

    適切な長さと詳細さのバランスを取る

    プロンプトの長さと詳細さのバランスを適切に取ることで、ChatGPTからより質の高い回答を得ることができます。短すぎるプロンプトは曖昧な回答を招き、長すぎるプロンプトは焦点がぼやける可能性があります。

    例えば、「AIの倫理的問題について、具体的な事例を2つ挙げながら300字程度で説明してください」というプロンプトは、適切な長さと詳細さのバランスが取れています。

    理想的なプロンプトの長さは、通常2〜3文程度です。

    バランスの取れたプロンプトにより、ChatGPTは的確かつ充実した回答を生成できます。

    ChatGPTの精度向上に役立つ勉強方法

    ChatGPTの精度向上に役立つ勉強方法

    ChatGPTの精度を向上させるには、プロンプトの作成技術だけでなく、継続的な学習と実践が重要です。

    具体的な勉強方法をまとめると以下の通りです。

    • プロンプトエンジニアリングの基礎を学ぶ
    • 他のユーザーの成功事例を研究する
    • OpenAI社の公式ドキュメントを確認する
    • 実践を通じて経験を積む
    • プロンプトに関するサイトを見て勉強する

    上記の勉強方法を組み合わせることで、ChatGPTの精度を大幅に向上させることが可能になります。詳しく解説します。

    プロンプトエンジニアリングの基礎を学ぶ

    プロンプトエンジニアリングとは、AIから望む出力結果を得るために、最適な指示や命令を設計したり最適化するためのスキルです。プロンプトの構造や効果的な指示の出し方、AIの特性などの基本的な知識を身につけることが重要です。

    例えば、プロンプトエンジニアリングに関する専門書籍を読むことで、基礎的な構造の作り方を習得できます。また、Udemyといったオンラインコースや動画講座を活用することで、体系的に学習可能です。

    基礎知識を身につけることで、より効果的なプロンプトを作成できるようになります。

    他のユーザーの成功事例を研究する

    他のユーザーの成功事例を研究することで、効果的なプロンプトの作成方法や、ChatGPTの活用テクニックを学ぶことができます。様々な分野での活用例を参考にすることで、自分の目的に合わせたプロンプトの作成ヒントを得られます。

    例えば、promptiaPrompt Plusなどのプロンプト共有サイトを活用し、高評価を得ているプロンプトを分析しましょう。また、ChatGPTの活用事例をまとめたブログ記事や書籍を参考にすることで、多様な活用方法を学ぶことができます。

    事例研究を通じて、自分のプロンプト作成スキルを向上させることができます。プロンプト事例をまとめたChatGPTマニュアルも配布しているので、ぜひこの機会にお受け取りください。

    >>ChatGPTマニュアルのダウンロードはこちらをクリック

    OpenAI社の公式ドキュメントを確認する

    OpenAIが提供する公式ドキュメントやガイドラインを活用することで、ChatGPTの最新の機能や推奨される使用方法を学べます。実際に、OpenAI社のHP内にあるドキュメントでは、プロンプトの書き方が詳細に解説されています。

    OpenAI社が発表している「より良い結果を得るための6つの戦略」をまとめると、以下の通りです。

    1. 明確な指示を書く
    2. 参照テキストを提供する
    3. 複雑なタスクをより単純なサブタスクに分割する
    4. モデルに「考える」時間を与える
    5. 外部ツールを使用する
    6. 変更を体系的にテストする

    定期的に公開されるアップデート情報を確認することで、新機能や改善点を把握し、より効果的にChatGPTを活用できるようになります。

    参考:OpenAI Platform

    実践を通じて経験を積む

    ChatGPTを実際に使用し、様々なプロンプトを試すことで、実践的な経験を積むことができます。理論だけでなく、実際の使用を通じて学ぶことで、より効果的なプロンプトの作成スキルを身につけることができます。

    例えば、日常的な質問から複雑な課題まで、様々なシナリオでChatGPTを使用してみます。また、同じ質問でも異なるプロンプトを使用して結果を比較することで、どのような表現や構造が効果的かを学ぶことができます。

    このような実践的なアプローチを通じて、ChatGPTの特性をより深く理解し、精度の高い回答を引き出すスキルを磨くことができます。

    ChatGPTの精度を上げる際の注意点

    ChatGPTの精度を上げる際の注意点

    ChatGPTの精度を向上させる際には、以下の点に注意しましょう。

    • 個人情報や機密情報の取り扱い
    • 著作権や倫理的配慮
    • AIの限界を理解する

    適切な使用方法を理解し、潜在的なリスクを最小限に抑えることが重要です。

    個人情報や機密情報の取り扱い

    ChatGPTに個人情報や機密情報を入力することは避けるべきです。入力された情報はクラウド上で保管され、学習に使用される可能性があるためです。

    例えば、顧客の個人情報や会社の機密データをChatGPTに入力すると、情報漏洩のリスクが生じます。代わりに、一般的な質問や架空のデータを使用して、必要な情報を得るようにしましょう。

    著作権や倫理的配慮

    ChatGPTの出力結果を使用する際は、著作権や倫理的な問題に注意を払う必要があります。AIが生成したコンテンツの著作権は不明確な部分があり、法的な問題を引き起こす可能性があります。

    また、AIが生成した内容が倫理的に問題がないかを確認することも重要です。例えば、差別的な表現や誤った情報が含まれていないか、常に人間の目でチェックする必要があります。

    ChatGPTの出力はあくまで参考程度にとどめ、最終的な判断は人間が行うべきです。

    AIの限界を理解する

    ChatGPTは非常に優れたAIツールですが、完璧ではありません。AIの限界を理解し、適切に活用することが重要です。ChatGPTは古い情報しか持っていないため、最新の情報や専門的な知識には対応できない場合があります。

    また、文脈理解や複雑な推論にも限界があり、利用はバレることも多いです。例えば、高度な専門知識を要する医療や法律の分野では、ChatGPTの回答を鵜呑みにせず、必ず専門家の意見を求めるべきです。

    AIを補助ツールとして活用し、人間の知識や判断力と組み合わせることで、最大限の効果を得ることができます。

    まとめ

    ChatGPTは強力なAIツールですが、適切に使用するためには注意点を理解し、慎重に活用することが重要です。ChatGPTを補助ツールとして活用し、人間の知識や判断力と組み合わせることで、業務効率の向上や創造的な問題解決が実現できます。

    ただし、精度を上げていくためには正しいプロンプトの打ち方を理解しておくことが大切です。私が作ったChatGPTマニュアルでは、プロンプトの基礎的な打ち方を掲載しております。

    本格的にAIを取り入れていきたい方は、ぜひ以下からダウンロードを進めてみてください。

    ABOUT ME
    堺 彬
    仮想通貨&NFTライター|作成記事数 500記事以上|検索順位1〜3位の記事を100記事以上作成|本サイトにて月間売上100万円を達成|月間300万PVの結婚メディアサイトにて、累計PV数47万PVを達成(2019年3月〜2022年5月)|クラウドファンディングの執筆代行を請け負い、関わったプロジェクトは達成率100%を継続中|お仕事は文字単価3円〜から受付中
    ChatGPT実践マニュアルの無料配布

    ChatGPT実践マニュアル

    「ChatGPTの使い方がわからない」「ChatGPTの実用性がわからない」

    そんな声にお答えして、約70ページにわたる『ChatGPTの使い方完全マニュアル』を作りました!

    1度受け取ったら、古い情報に左右される心配はなくなります。本気でChatGPTを使いたい方のみ、ぜひ以下からお受け取りください。

     

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です