『言葉とAI』で未来を変える。
ブログやWebライターの始め方、
AIで文章を書く方法を
わかりやすく伝えるサイト
    AIライティング PR

    ChatGPTでブログ記事を量産し上位表示させる方法を紹介!

    ChatGPTでブログ記事を量産し上位表示させる方法を紹介!
    記事内に商品プロモーションを含む場合があります

    「ChatGPTでブログ記事を量産できる?」「ChatGPTで量産したブログは上位表示される?」といった疑問を抱えていませんか?

    結論、ChatGPTでブログ記事の量産は可能です。ただし、作られた文章をそのままコピペしてブログを作っただけでは、品質が低く上位表示されないため注意しましょう。

    この記事では、ChatGPTを用いたブログ記事の量産方法と品質維持の秘訣、SEO対策のポイントを具体的に解説します。ブログ量産の実践例や注意点もまとめているため、ぜひ参考にしてください。

    ChatGPTでブログ記事の量産は可能

    ChatGPTでブログ記事の量産は可能

    ChatGPT(チャットGPT)を用いることで、ブログ記事の量産は十分に可能です。ChatGPTはテキスト生成の能力を活用して、短時間で多数の記事を作成できます。

    特に、アイデアの生成、初稿の作成、さらにはSEO対策においても大きな助けとなるため大変便利です。ただし、ChatGPTが生成する内容は人間の監修と編集が必要であり、完全自動化には至らない点に注意が必要です。

    ChatGPTを活用したブログ記事量産の流れ

    ChatGPTを活用したブログ記事量産の流れ

    ChatGPTを活用してブログ記事を量産する流れをまとめると以下の通りです。

    1. 目的・テーマ・執筆キーワードの設定
    2. ChatGPTを用いた構成案の作成
    3. ブログ記事の全体文を作成
    4. タイトル・導入文・メタディスクリプションの生成
    5. 事実確認・コピペチェック

    それぞれ詳しく解説します。

    1. 目的・テーマ・執筆キーワードの設定

    ブログ記事を量産する前に、まずはブログを書く目的やテーマ、そして執筆に使用するキーワードを明確に設定しましょう。決める内容は以下の通りです。

    目的記事が達成しようとする具体的な目標
    (例:製品の紹介、教育的情報の提供など)
    テーマ記事の中心となるトピック
    キーワード検索エンジンにてターゲットが検索するであろうキーワード

    記事の方向性を決定し、読者に対して明確なメッセージを伝えるための基盤となります。それぞれ内容が決まったら、ChatGPTに設定内容を覚え込ませて、どんな記事を書いてもらいたいかを伝えましょう。

    2. ChatGPTを用いた構成案の作成

    次に、ChatGPTにテーマや目的を入力し、適切な構成案を提案してもらいましょう。ChatGPTを使用して記事の構成案を作成すれば、記事作成の効率を大幅に向上させます。

    例えば、「ブログ 書き方」というキーワードの構成案を提案してもらいたい場合、以下のようなプロンプトを入力しましょう。

    【ブログ 書き方】というキーワードにて記事を書くことにしました。次に、このチャットでタイトルと記事内の見出しタグを作ってゆきます。
    ユーザーの検索意図を満たし、SEOでも上位表示できるH2タグとH3タグの組み合わせを提案してください。
    なお、構成は順を追って理解できるようにし、読み込んだ記事と同一にしたり内容が重複するものは作らないでください。

    上記を入力すれば、ChatGPTが記事の大まかな流れやセクションの分け方などを提案し、記事の骨格を作成してくれます。作られた構成案はブログ記事全体の流れをスムーズに理解するための基盤です。

    他の上位記事と見比べて足りないところはないか見比べながら、最適な構成案を作ってもらいましょう。

    3. ブログ記事の全体文を作成

    構成案が完成したら、次はChatGPTを使用して記事の初稿を作成します。作った構成案をそのままにして、以下のプロンプトを入力しましょう。

    以下の構成案を元に、詳細文をまとめてください。

    (※ChatGPTで作られた構成案)

    ChatGPTをが自動的にテキストを生成し、記事の基本的な枠組みを提供してくれます。全体の内容と流れを確認するための初稿が完了したら、足りない部分を補う形でChatGPTに指示出しをしましょう。

    あきら
    あきら
    文章量が足りない場合は「もう少し詳しく文章をまとめてください」と指示すれば、さらに細かく書いてくれるよ。

    4. タイトル・導入文・メタディスクリプションの生成

    全体の文章が完成したら、タイトルや導入文、メタディスクリプションを制作しましょう。タイトルは全体の文章が完成した後に「本文に合うタイトルを考えて」と指示するだけで作ってくれます。

    導入文も同様に、「本文を元に、記事の概要がわかる導入文をまとめて」と指示すれば問題ありません。メタディスクリプションは記事全体の要約文をまとめたものなので、導入文が完成したら「導入文を100文字以内に収めて要約してください」と指示すれば制作してくれます。

    5. 事実確認・コピペチェック

    最後に、ChatGPTによって生成された内容の事実確認とオリジナリティのチェックを行います。

    AIが生成したテキストは、時に誤った情報や既存のコンテンツとの類似性を含む可能性があるため、事実確認は非常に重要です。内容が事実かどうかを証明するため、実体験や参考文献を記載しましょう。

    コピペチェックは、オリジナルコンテンツの維持と著作権侵害の回避を目的としています。コピペチェックツールを活用して、他の記事と被っていないかチェックをしましょう。

    あきら
    あきら
    あとは同じ作業を繰り返していくことで、ブログ記事を量産させれるよ。

    ChatGPTで量産したブログ記事を上位表示させる方法

    ChatGPTで量産したブログ記事を上位表示させる方法

    ChatGPTを使えばブログ記事を量産できますが、ただ書き写しただけでは上位表示されません。ブログを読んでもらうためにも、以下のポイントを押さえることが大切です。

    • ChatGPTにユーザーの求める情報と検索意図を明確に伝える
    • 上位表示されている記事をChatGPTに覚え込ませる
    • 実体験を盛り込む
    • 参考文献を記述する
    • Q&Aを盛り込む

    それぞれ詳しく解説します。

    ChatGPTにユーザーの求める情報と検索意図を明確に伝える

    SEOにおいて最も重要なのは、ユーザーが何を求めているかを理解し、ニーズに応えることです。ChatGPTにて記事を作成させる際には、ユーザーがどのような情報を求めているのか、どのような質問に答えたいのかを明確に伝える必要があります。

    例えば、「初心者向けの株式投資ガイド」や「健康的な食生活のための簡単レシピ」といった具体的なテーマを設定します。結果、ChatGPTはより関連性の高い、ユーザーにとって有益なコンテンツを生成できます。

    上位表示されている記事をChatGPTに覚え込ませる

    既に検索エンジンで上位表示されている記事を分析し、その要素をChatGPTに学習させることも重要です。覚え込ませる内容は、特定のキーワードや記事の構造、使用されている言語スタイルなどが含まれます。

    上位表示されている文章、またはURLをChatGPTに覚え込ませることでどんな内容がユーザーに響くのか判断してくれます。覚え込ませる情報が多ければ多いほどChatGPTは賢くなるため、必要な情報はどんどん覚え込ませましょう。

    あきら
    あきら
    ChatGPTを有料版にしないと、URLを読み込ませることはできないから注意してください。

    実体験を盛り込む

    AIによって生成された記事に個人的な体験や視点を加えることは、記事に独自性と信頼性をもたらします。実体験は読者との共感を生み出し、記事に深みを与えることが可能です。

    たとえば、自分自身の経験に基づいたアドバイスや、特定の製品やサービスの個人的なレビューを含めるのが良いです。今回まとめている記事も、私の実体験のもと作られています。

    これにより、記事は単なる情報の提供を超え、読者に実際の価値を提供するものとなります。

    参考文献を記述する

    信頼性の高い情報源からの参考文献を記事に含めることは、記事の信頼性を高めるのに役立ちます。例をまとめると以下の通りです。

    • 学術論文
    • 業界の専門家の引用
    • 信頼できるニュースソース

    参考文献を提供することで、読者は提供された情報が検証され、信頼できるものであると感じます。ただ文章をまとめただけでは上位表示されなくなってきているので、ブログを量産する際には注意しましょう。

    Q&Aを盛り込む

    記事にQ&Aセクションを追加することは、ユーザーの具体的な疑問に直接答える効果的な方法です。読者が一般的に持つ可能性のある質問に答えることで、記事の有用性を高めます。

    例えば、「ブログ 書き方」と検索してみると、関連性の高い検索結果として以下が表示されます。

    顕在ニーズとして、「日常ブログの書き方を知りたい」「ブログの書き方に関する本を知りたい」があるとわかります。離脱率を下げるためにも、見出しの最後にQ&Aとして回答してあげると読者に親切です。

    ChatGPTだけではすべての顕在ニーズを探し出すことは難しいため、自分で調査をしてまとめることが大切です。

    ChatGPTによるブログ量産の実践例

    ChatGPTによるブログ量産の実践例

    私は普段仕事として、クライアントの依頼によりブログ記事を書いています。定期的にブログ制作の依頼があるため、ChatGPTで記事を書くための条件が揃っている状態です。

    以下の記事は「探偵」をメインキーワードとしてChatGPTで量産したものです。

    制作時間はそれぞれ30分〜1時間程度で、クライアントから修正依頼は入りませんでした。参考文献や表などは自身で挿入しましたが、他はほぼChatGPTに作ってもらった形です。

    ChatGPTは難しいテーマにもすんなり対応できるため、ライター業にも役立っています。

    Webライター必見!ChatGPTを使った効果的な記事作成方法と事例を紹介
    Webライター必見!ChatGPTを使った効果的な記事作成方法と事例を紹介「WebライターはChatGPTをどう活用すれば良いのか?」「ChatGPTで記事は書ける?」などと悩んでいませんか? この記事で...

    ChatGPTでブログ記事を量産する際の注意点

    ChatGPTでブログ記事を量産する際には、以下の点に注意しましょう。

    • ChatGPTの無料版と有料版とで質が異なる
    • 出力された記事をコピペすると品質とオリジナリティの確保ができない
    • 完全な自動化はできない

    それぞれ詳しく解説します。

    ChatGPTの無料版と有料版とで質が異なる

    ChatGPTは無料版と有料版(プレミアム版)の両方が提供されており、提供されるサービスの質には差があります。無料版は基本的な質問回答を行ってくれますが、有料版ではより高度なカスタマイズオプション、APIアクセスなどの追加機能が提供されます。

    また、有料版ではURLやPDFファイルを読み込むプラグインが利用できるため、自分の要望に合わせてカスタマイズが可能です。そのため、有料版の方がよりユーザーの検索意図に合わせたブログ記事を量産できます。

    ブログ記事を量産する際には、これらの違いを理解し、必要に応じて有料版を検討することが重要です。

    出力された記事をコピペすると品質とオリジナリティの確保ができない

    ChatGPTを使用して生成された記事をそのままコピー&ペーストして使用することは、品質とオリジナリティの確保ができません。AIによって生成された文章をそのまま使用すると、オリジナルコンテンツとしての価値が低下する可能性が高いです。

    また、AIが生成した内容は必ずしも正確であるとは限らず、事実確認が足らず誤った情報を含むリスクもあります。したがって、AIによって生成された記事はあくまで基盤作りとして利用し、人間による編集や改善を行うことが重要です。

    完全な自動化はできない

    ChatGPTを使用してブログ記事を量産する際には、完全な自動化はできません。AIは効率的に大量のテキストを生成することができますが、すべてが高品質であるとは限らないのです。

    Pythonといった外部ツールを使えば完全自動化は可能ですが、ブログの質は低くなります。また、特定のトピックや最新のトレンドには対応できないのが現状です。

    ただし、大枠の文章をChatGPTで作り一手間を加えた『半自動化』という形であれば可能です。完全自動化と比べてスピード感はやや落ちますが、それでも通常時の2〜3倍速ほどのスピード感でブログが作成できます。

    ChatGPTだけでブログ作成の完全自動化は可能?作成方法と実例を紹介
    ChatGPTだけでブログ作成の完全自動化は可能?作成方法と実例を紹介この記事では、ChatGPTを使ったブログ作成の半自動化プロセスを解説し、テーマ選定から品質管理、メリットとデメリットまでを紹介します。効率的なブログ運営の方法を学べます。...

    ChatGPTでブログ記事量産に関するよくある質問

    ChatGPTでブログ記事量産に関するよくある質問

    ChatGPTでブログ記事を量産する際によくある質問に回答します。

    • ChatGPTの登場でブログはオワコン化する?
    • ChatGPTで書いたブログでも稼げる?

    ChatGPTの登場でブログはオワコン化する?

    ChatGPTでブログ記事を量産しても、ブログがオワコン化する可能性は低いと考えられます。理由をまとめると以下の通りです。

    • オリジナリティが低い
    • 違和感のある日本語を使う
    • 読者の興味を引く内容にはならない

    ChatGPTは学習したデータに基づいて文章を生成するため、オリジナリティが低くなる可能性があります。また、ChatGPTは英語圏で開発されたこともあり、日本語で出力すると違和感の文章を生成することが多いです。

    読者の気持ちを考えない機械的な文章を生成してしまうため、ブログが完全にオワコン化する心配はないと言えるでしょう。

    ChatGPTで書いたブログでも稼げる?

    ChatGPTで書いたブログでも稼ぐことは十分可能です。実際に私は、しかし、以下の点に注意が必要です。

    • ターゲット層を明確にする
    • SEO対策を行う
    • SNSで拡散をする

    ChatGPTで書いたブログで稼ぐためには、SEOの基礎知識は理解する必要があります。ただ、文章を書くだけでは決して稼げないため注意しましょう。

    ChatGPTでブログを量産した後は品質に注意しよう

    ChatGPTでブログを量産した後は品質に注意しよう

    ChatGPTでブログ記事の量産はできます。ただし、作られた文章をそのままコピペしてブログを作っただけでは、品質が低く上位表示されないため注意が必要です。

    ChatGPTはあくまで情報をまとめるためのツールとして、最後は人の手で手直しをしましょう。ぜひ本記事を参考にして、読者が読みたいと思われるブログを書くようにしてみてください。

    Webライター必見のAIライティングとは?おすすめツールや今後の動向を紹介
    Webライター必見のAIライティングとは?おすすめツールや今後の動向を紹介「AIライティングってなに?」「AIはWebライターにとって脅威的な存在になる?」などと気になっていませんか? Webライターにと...
    ABOUT ME
    堺 彬
    仮想通貨&NFTライター|作成記事数 500記事以上|検索順位1〜3位の記事を100記事以上作成|本サイトにて月間売上100万円を達成|月間300万PVの結婚メディアサイトにて、累計PV数47万PVを達成(2019年3月〜2022年5月)|クラウドファンディングの執筆代行を請け負い、関わったプロジェクトは達成率100%を継続中|お仕事は文字単価3円〜から受付中

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です