30代の働き方

【仕事したくない20代・30代へ】もう働きたくない人が生きる方法

【仕事したくない20代・30代へ】働きたくない人が生きていく方法

こんにちは、働き方アドバイザーのラルクです。

30代男
30代男
仕事をしたくないってずっと思っているんだけど、働きたくないと思っている人ってこの先、生きていくことってできますか?正直もう働きたくないと思っていて、すごく悩んでいます。。。
20代女
20代女
正直働きたくないと思っています。でもこのままではいけないとは思っているけど、何をしたらいいのかが分からない。どう動いていけばいいでしょうか?

今回はこんな疑問にお答えしていきます。

本記事を見て分かること
  • もう仕事したくない・働きたくない人が生きる方法
  • もう仕事したくない・働きたくないと感じる理由
  • もう仕事したくない・働きたくないと感じていても前に進む方法

僕もむかし社会人になりたての頃、何度も仕事をしたくないと感じては親に説得され、なんとか仕事をこなしてきました。

今となっては仕事が楽しくなってきて落ち着きましたが、今でも「仕事をしなくても生きていける方法があるのか?」と考えるときがあります。

そこで実際に気になって調べてみたのですが、働かなくても生きていくための方法があるということが分かりました。

ラルク
ラルク
調べれば出てくるものです。

そこで今回は、仕事をしたくない・働きたくないと感じている20代30代の人に向けて、心を込めて今後生きていくための方法を解説していきます。

仕事したくない人が生きていく方法

仕事したくない人が生きていく方法が実はあるが・・・

結論を先に申し上げますと、実は仕事をしたくない・働きたくないという人でも生きていく方法があります。

ただ今回ご紹介する方法は、あくまで「仕事をしたくない人が生きていくための方法」であって、決しておすすめできる方法ではありません。
その点をはっきりと理解したうえで読み進めていただけると幸いです。

親からの資金援助によるニート生活

文字通り、親からの資金を援助してもらう方法になります。
生活費や食費、日常的な生活用品。ありとあらゆるものを親に頼って生活をしていく方法です。

実際に芸人のクロちゃん(@kurochan96wawa)も芸人をしている一方で、毎月親の仕送りをもらっているというニュースが話題になりましたね。

クロちゃんの場合は仕事をしているのでニートとは言えませんが、周りから「クズすぎる」という声に対して何にも感じない人は、親の資金援助によってニート生活していくことが可能です。

ただ心配しなくてはいけないのが、親が亡くなった時や親が働けなくなった時に資金援助がストップしてしまうこと。
また1年間110万円以上の資金援助となると、贈与税が発生するので注意が必要になります。
⇒参考:親からの資金援助、2019年10月まで待ったほうが贈与税はおトク?

このようにニートの末路とは悲惨なものが待っているので、もしニート生活を望むなら十分考えて選びましょう。

▼ニートの末路に関する記事はこちら

【ニートの末路は悲惨】引きこもりを脱出するにはフリーターが第一歩
【ニートの末路は孤独死】引きこもりを脱出するにはフリーターが一番ニートの末路がどうなるかご存知ですか?本記事では、ニートの末路について解説しつつ、ニートや引きこもり生活を脱出するためにはフリーターをおススメしている理由についてまとめています。今すぐニートを脱したいという方は、参考にしてみてください。...

専業主婦・専業主夫になる

専業主婦・専業主夫になって仕事をしない生活をしていくことも可能です。
しかし専業主婦・専業主夫になったとしても、中で仕事をしていく時間は十分に生まれるので、付き合う人によってはヒモ扱いをされてしまいます。

ラルク
ラルク
ただ「ヒモ扱いを受けても大丈夫」という、屈強な心を持った人におすすめの方法ですね。

専業主婦・専業主夫に関して知りたい方は、以下の記事が読みやすかったので参考にしてみてください。
⇒参考:専業主婦は楽しいの!
⇒参考:主夫の日々

ベーシックインカム制度の導入の可能性

ベーシックインカムとは近年注目を集めている政策のことで、Wikipediaでは以下のような内容で説明されています。

ベーシックインカム(basic income)とは、最低限所得保障の一種で、政府がすべての国民に対して最低限の生活を送るのに必要とされている額の現金を定期的に支給するという政策。

引用元:ウィキペディア(Wikipedia)~ベーシックインカム~

つまり分かりやすく言うと、「働かなくても一定の資金を毎月保証してくれる」という政策のことを意味します。ちなみに資金額は生活できるぐらいの資金は保証されるそうです。

実際に導入されている国もあり、今後日本でも導入が検討されているんだとか。

しかし必ず導入されると決まっているのではなく、あくまで可能性があるという不確かなもの。

国民投票などにて、ベーシックインカム政策を推進する政党が出てきたら、全力で応援していくと叶うかもしれませんね。

※詳しくベーシックインカムにて知りたい方は、以下のサイトが読みやすかったので参考にしてみてください。
⇒参考:ベーシックインカムが日本で導入されたらどうなるかを考えてみよう

生活保護金の受給

どうしても仕事ができなくなってしまったという人には、生活保護金を受け取れる義務が日本には設けられています。ただ生活保護とは「仕事をしたくない・働きたくない」という人に対して支給されるものではないので注意が必要です。

部屋から動けなくなるほど足腰が弱くなってしまったり、仕事がまったくできなくなってしまう人が受けれる制度になるので、最終手段として選ぶようにしていきましょう。

もし生活保護金を受給しなくてはいけない状況なのであれば、以下のサイトが読みやすかったので、参考にしてみてください。
⇒参考:生活保護を受ける条件を徹底解説!受給金額がいくらになるのか計算してみた

ホームレス生活

ホームレス生活は家を必要としないので、必要最低限の住む場所と食料を日々確保していけば問題ありません。
さらに世間にはあえてホームレス生活を選んでいる人がおり、代表的な人物としてホームレス小谷さん(@kotanimakoto)がいらっしゃいます。

この方はまさにホームレス生活をしているのですが、1日を50円で売っていき「信用」というお金に換えられないものを日々獲得しています。彼の生きざまはまさに現代の人が真似すべき存在と言えるでしょう。

他にも芸人の麒麟・田村さんも、中学生の頃ホームレスとして生活をしていましたね。

詳しい生活風景は、語るよりも田村さんが出している本を見たほうが早いので、どのような生活をしていたのか興味のある方は読んでみてください。

ラルク
ラルク
結構、波乱万丈ですよ。

もし仕事をしたくない・働きたくないという人は、彼らの生きざまを少し真似してみてはいかがでしょうか?

20代30代でもう仕事したくない・働きたくないと思う理由

20代30代で仕事したくない・働きたくないと思う理由

仕事をしたくないと感じる人は現代においてたくさんいますが、主な理由は以下の通り。

  • 会社へのストレス
  • 仕事がめんどくさいと感じる
  • やりたい仕事が見つからない
  • 朝起きるのが辛い
  • 仕事に自信が持てない
  • 無職の期間が長い
  • ただ単に働きたくない
  • 仕事中怒られたくない
  • 社畜になりたくない
  • 給料が安い
    etc.

働きたくない・仕事をしたくない主な理由は、仕事に対する嫌悪感です。
仕事に対する嫌悪感が増していくとだんだん仕事に対してのモチベーションが下がっていきます。

そしてモチベーションが下がっていくとストレスも溜まりやすく、鬱になってしまうんです。

ラルク
ラルク
実際に鬱になった経験を以下の記事にてまとめました。
仕事が合わないと感じたらストレス溜まって鬱になるよ【対処法あり】
仕事が合わないと感じたらストレス溜まって鬱になるよ【対処法あり】仕事が合わないと感じ、だんだんストレスがたまってきている人はいませんか?際に体験した「仕事が合わない」と感じたまま仕事をしたらストレスをため鬱になった体験談をまとめています。仕事が合わないと感じる理由や対処法もあるので、今を変えたい人は参考にどうぞ。...

鬱になってしまうと働くことに対しての必要性を考え始めたり、もっと楽な方法はないかという意味で自分自身で逃げ道を探しているのです。

ただ働きたくない・仕事したくないと考えていた人も、最終的には「仕事をしなくちゃいけないな」と考えるようになります。
なぜなら最終的に「このままではダメだ」という罪悪感にかられるようになっていき、遅かれ早かれ現実と向き合うようになるから。

結局は働きたくないと思っていても、「行動しなくてはいけない」という感情が勝ってしまいます。

仕事をしたくないと考える理由を詳しく話すと長くなるので、詳しく知りたい方はリクナビが発表した記事を参考にどうぞ。
⇒参考:転職理由と退職理由の本音ランキングBest10

20代30代で仕事したくない人がすべき行動

20代30代で仕事したくない人がすべき行動

では仕事をしたくない20代・30代の人がすべき行動とは何になるのか?
その回答が以下の通り。

  1. いったん会社を辞める
  2. 仕事をしないで遊びを仕事にする方法を知る
  3. 働きやすい会社に転職する

上記の通り。

それぞれ詳しく解説していきますね。

いったん会社を辞めるのもアリ

仕事をしたくない・働きたくないと考えていても、なかなか会社を辞めるのは現実的に難しいと思いがち。
ただ転職を5回繰り返した僕としては、いったん会社を辞めてしまい、まったく仕事がない状態を作ってしまうのもアリだと思っています。

なぜなら会社を辞めてしまえば、今まで苦しんでいた仕事から解放され、自分の今後を見つめなおす時間を作ることができるからです。

※以下の記事には、「会社を辞めた後も楽しく仕事をする働き方」について書いているので参考にどうぞ。

仕事が楽しくないなら会社を辞めるのもアリ|楽しく仕事をする働き方
仕事が楽しくないなら会社を辞めるのもアリ|楽しく仕事をする働き方仕事をしていても、毎日が楽しくないと感じてしまうことはありませんか?本記事では、仕事が楽しくない理由や仕事をいっそ辞めたほうがいい理由を解説しつつ、毎日を楽しく過ごすための3つの選択肢を用意しました。仕事が楽しくないと感じている人は、ぜひご覧ください。...

また冒頭で説明した「仕事をしたくない人が生きていく方法」を実践してみるのもいいですし、貯金が20万あれば少なからず2ヶ月はゆっくり考える時間ができます。

そこから今後を考えて、いま何を優先的にしていくかを考えてみてはいかがでしょうか。

仕事をしないで遊びを仕事にする方法もある

僕の本音としては、仕事をしたくないなら遊びが仕事になる働き方を選べばいいと本気で考えています。
今は働き方が多様化しており、「YouTuber」や「e-sports」など遊びが仕事に成り代わっていくこと時代へとなってきました。

仕事がしたくないという人も、普段行っている遊びが仕事になっていく可能性も充分に考えられるのです。

そのためにも今自分が持っている能力はなんなのか、どんな遊びが仕事になっていくのか。働き方が多様化している今だからこそ、働くことのイメージを変えてみてはいかがでしょうか。

働きたくない人は仕事の概念を変えよう|遊びを仕事にする方法もある
働きたくない人は仕事の概念を変えよう|遊びを仕事にする方法もある仕事をしていると「働きたくない」って感情になりませんか?本記事では働きたくないと考える人に、仕事という概念を変えるべき理由や、遊びを仕事にしていく方法についてまとめています。仕事の概念を変えて、遊びながら生きていきたいという人は必見です。...

働きやすい会社に転職を行う

仕事をしたくないという人の中には、自分に合っていない仕事を選んでいる可能性があります。
つまり「働きたくない」「仕事をしたくない」という人の中には、今働いている環境で仕事をしたくない、という感情が働いている可能性があるんですね。

なのでそんなときは働きやすい会社を選んで、仕事が楽しいものだと認識を変えれる場所に転職をするのがいいかなと思います。

実際に現代は働き方改革も行われ、ホワイト企業や以下のようなユニークな会社も増えてきましたよ。
(⇒参考:見ているだけで転職したくなる!今を時めく企業のユニークな会社制度・取組み24選

ラルク
ラルク
世の中にはいろんな会社があります。

20代30代なら十分にやり直しはききますし、自分に合った仕事を見つけるまで探し続けてみてはいかがでしょうか。

ちなみに僕が実際に活用した転職サイトが、以下になります。

転職サイト・転職エージェントは一度登録してしまえば、メールの確認と興味ある案件に応募するだけです。どのサイトも登録自体3~4分程で終わるので気軽にできますよ

転職サイトはどれを使っても大差なし

ちなみに1つお伝えしておくと、転職サイトはどれを使っても大差はありませんが、今回は「働きやすい会社を転職サイトで見つけられるか」が重要なポイントになります。

僕はもともと働きやすい会社」を求めて転職サイトを活用していたので、他のサイトに比べると参考の転職サイトは使いやすいかなと。

気になる案件がメールで流れてきたら、とりあえず問い合わせしてみる、という感覚でいいと思います。

行動すれば前に進むもの

また「今働いている環境で仕事をしたくない」と感じているなら、今の会社に居続けるのは非効率かなと。

ただ問題は早めに「仕事したくない」「働きたくない」と感じる状況を打破することなので、まずは行動が大事だったりします。

ラルク
ラルク
今の状況を打破するための転職と考えれば、重たい腰もゆっくりあがるものです。

なのでまずは行動に移して、動きながら今の状況を打破していくことを考えてみましょう!(‘◇’)ゞ

まとめ|仕事したくない人でも生きる道はある

仕事したくない・働きたくない人でも生きる道はある

仕事をしたくないと感じる感情は、一時的なものがほとんどです。
仕事に対しての嫌悪感だけなので、最悪仕事をしないという選択肢を取るのも問題ないでしょう。

ただし選んでいるのは自分自身なので、選んだ道は自分自身で責任を取っていかなくてはいけません。
今回の記事で新しい仕事の在り方を見つけた方は、まず行動してみてください。

仕事をしたくない・働きたくないという感情は、社会人になりたての20代や仕事に慣れてきた30代どちらにも起こりうる現象です。
ぜひ仕事と言う概念を見つめなおし、自分らしい働き方や生き方を見つけていってくださいね。

30代男性の転職理由は「不満か成長」【理由から考える仕事選び】
30代男性の転職理由は「不満か成長」【理由から考える仕事選び】30代男性が転職を考える際、どのような理由で転職したいと考えるかご存知でしょうか?本記事では、30代の男性が転職する理由や選ぶべき職種・業種、理由から考える仕事選びの方法について解説しています。転職を考える30代男性は必見です。...

ちなみに上の記事も参考になると思います。
30代の方が転職する理由について書いているので、30代の方は必見ですよ。