『はたらく』を変えよう。
本サイト『はたらくPRO』は
「副業」「在宅ワーク」「ブログ」など、
日々の仕事に役立つ情報をまとめたサイトになります。
ブログの悩み解決

ブログ文字数1000文字は少ない|最適な文字数と記事の書き方

ブログ文字数1000文字は少ない|読者に最適な文字量とSEO対策
ブログを文字数1000文字ぐらいを目安に書こうと思っているけど、文字数ってブログにおいて大事なのかな?
できれば1000文字ぐらいが気持ち的に楽でちょうどいいんだけど、正しいブログの文字数を知りたいな。
あともし1000文字以上書くなら、書くコツとか教えてほしい。

今回はこう言った疑問にお答えしていきます。

本記事を見てわかること
  • ブログ文字数1000文字は少ないと言える理由
  • 読者に最適なブログ文字数【目標は3000文字】
  • ブログ文字数を増やすための記事の書き方のコツ

ブログを書いていくと、どうしても気にしてしまうのが文字数ですよね。

特にブログを書き慣れていない人からすると、「1000文字ぐらいで文字数をおさめたい」と考えるひとも多いでしょう。

ただ結論を言うと、ブログで文字数1000文字というのは少ないです。

正直いうと、最低でも2000〜3000文字は書いてほしいところです。

ラルク
ラルク
実際に僕のブログのほとんどは、少なくても3000文字。多い場合だと、8000文字ほどの文字数で書かれているよ!

ではなぜブログは、文字数が1000文字では少ないと言えるのでしょうか?

そこで本記事ではブログ文字数が1,000文字だと少ないと言える理由や、1000文字以上のブログを書くためにすべきことを紹介していきます。

本記事を読むだけで、ブログにおける文字数とSEOとの関係性が分かるだけでなく、日常的に1000文字を書くためのコツが分かるはずですよ。

ブログ文字数1000文字は少ない

ブログ文字数1000文字は少ない

冒頭でもまとめましたが、ブログ文字数1000文字は正直言って少ないです。

なぜならブログの文字数が少なすぎると情報量が少ないと言えるだけでなく、1000文字ではコンテンツが不十分だとネット上で判断されやすくなってしまうからになります。

コンテンツ不十分と判断されやすい

ブログにおいて上位表示を獲得していくためには、検索エンジンに高い評価を得なくてはいけません。

しかし1000文字でおさまる情報量では、コンテンツ内容が足りない」と判断されることがあるのです。

ちゃんと読者の疑問を解決していたと思っていても、本質的に解決されてはおらず、結果的に検索上位に上がりにくいというリスクを抱えてしまうことになります。

そしてコンテンツを十分なものにしていくためには、文字数を少しでも多くしなくてはいけないのです。

文字数が少ないと悩みを本質的に解決できない

ただ中には、「1000文字で解決できる悩みもあるんじゃない?」と疑問に思う方もいるかと思います。

確かに1000文字で解決できる悩みはあるでしょう。

ラルク
ラルク
「りんごは何色?」という悩みなら、「赤色です」と4文字で解決しますしね。

しかしほとんどの人が抱える悩みというのは、文字数1,000文字でおさまることはありません。むしろ単純な悩みほど、「なぜ?」を繰り返していけばいくほど、どんどん文字数が増えていきます。

先程のりんごを例にすると「りんごとは?」という単純な疑問でも、りんごに関するWikipediaでは約20,000文字もの文字数が書かれていたほどです。

つまり悩みをちゃんと本質的に解決していくためには、文字数を少しでも増やしていきながら内容を充実させていく必要があるということになります。

「読みやすい」「分かりやすい」「すぐ解決できる」がSEO対策に

ブログの本質的な考え方として、ブログは「読みやすく」「分かりやすく」「すぐに解決できる」が1番です。

ブログはあくまで読者に読んでもらうものでして、読者のことを考えて文字数を増やすかどうかを考えていく必要があります。

【ブログ記事を書く上でのポイント】

  • どれだけ読みやすい文章を書いているのか
  • 分かりやすく句読点を使って書いているか
  • 結論から書いて解決策を分かりやすく解説してるか

これらを意識しているだけで、読者から愛されるブログになります。

さらに読者が何度も訪れるサイトというのは、検索エンジンのGoogleからも評価を受けやすく、SEO対策にも繋がるのです。

ブログの文字数を気にするのもいいですが、ちゃんと読者の悩みを解決できているかを深掘りしていく必要があります。

「なぜ?どうして?」などを繰り返しながら文章を書いていけば、自然と1000文字以上の記事が出来上がるはずですよ。

ラルク
ラルク
検索エンジンGoogleが推奨するSEO対策を知りたい方がいましたら、『【SEO対策】Googleが推奨するE-A-Tの重要性』にて詳しくまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

読者に最適なブログ文字数【目標は3000文字】

読者に最適なブログ文字数【目標は3000文字】

コンテンツを充実させていくとなると、自然と文字数は増えていきます。「この情報を書いていれば、読者はもっと分かりやすくなる」という内容があるはずです。

ただ本質的な悩みとは違う内容を書いていても、検索エンジンや読者から評価を受けることはありません。

なので最初のうちは、3000文字の文字数でブログ記事を書くのを目標にすることをオススメします。

本格的に上位表示を狙うなら、10,000文字のブログを作ることを目標にするのがいいですが、最初のうちは慣れが必要です。

まずは3,000文字を目標にしつつ、コンテンツ内容に合わせて文字数を増やしていく工夫を施していきましょう。

ラルク
ラルク
もしブログを早く書けるようになりたい方は、以下の記事で3000文字のブログを早く書くコツをまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。
ブログ3000文字をたった1時間で書く5つのコツ【練習あるのみ】
ブログ3000文字をたった1時間で書く5つのコツ【練習あるのみ】ブログ3000文字をたった1時間で書くコツをご存知でしょうか?本記事ではもともとブログを書くのが遅かった筆者が、早く書けれるようになったコツを紹介しています。少しでも早くブログを書きたい方はぜひ参考にしてみてください。...

ブログの文字数を増やすための記事の書き方のコツ

ブログ1000文字以上を書くためにすべきこと

ブログを書いていくなら、最低でも3,000文字は書いてほしいということをお伝えさせていただきました。

ただブログ1000文字を目標にして記事を書いていた人からすると、3,000文字近くの文字数を書いていくのは苦痛に感じるかもしれませんね。

なのでここでは、ブログで文字数を増やすためにすべきことをまとめていきます。

これから取り組む人は、以下の考え方をもちながら記事を書き進めていきましょう。

  • 説明が不十分でないか疑問を常に持ちながら書く
  • 見出しを使って読みやすく書く
  • ただ単に文字を羅列しない

説明が不十分でないか疑問を常に持ちながら書く

コンテンツが不十分だと判断されてしまうと、検索エンジンに評価はされませんし読者から愛される記事を作ることができません。

なので説明が不十分でないか、疑問を常に持ちながら記事を書く必要があります。

疑問の持ち方としては、

  • 「本当にこの文章で解決できている?」
  • 「説明が足りていないのではないか?」
  • 「専門用語を使っていると読者には分かりにくいのでは?」

などと考えていけば、書き直したり言葉を付け足したりするクセがついていきます。

常に「なぜ?」「なぜ?」「なぜ?」を繰り返していきブログを書いていけば自然と文字数は増えるので、1000文字以上のブログもすんなり書くことができるはずですよ。

見出しを使って読みやすく書く

文字数を増やそうと思ってブログを書いていても、見出しを使わずに書いてしまってはただの文字の塊となってしまい、読みにくいブログになってしまいます。

しかしそこで見出しを途中途中で入れていくことで、文章を綺麗にまとめていくことができるので、読みやすいブログを作ることができるんですね。

SEO対策としても、見出しに悩みに関係あるキーワードを入れることによって、上位表示を狙うことができます。

また見出しをつけて文字を分割するのは読者側にメリットがあるだけでなく、ブログを書いている人から見ても全体の流れを見やすくする効果があるのです。

ラルク
ラルク
ちなみに僕は文章が5〜7文になったら、その都度、見出しを入れるようにしているよ。

見出しを入れるのと入れないのとでは、完成度が全然異なります。
なので積極的に見出しは使うようにしていき、文字数が多かったとしても読みやすいブログを作っていきましょう。

読みやすいブログの書き方は以下の記事でまとめていますので、ぜひ一緒にチェックしてみてください。

【読みやすいブログの書き方】8つのコツをプロライターが解説文章が読みやすいブログの書き方を知りたいという方はいませんか?本記事では、読みやすいブログの書き方のコツを、現役でライターをしている筆者がまとめました。読みやすいブログを書いてみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。...

ただ単に文字を羅列しない

1000文字以上のブログをいざ書こうとなると、むりやりに文字数を増やしていこうとする人も少なくありません。

しかし文字数をただ増やしたからといっても、コンテンツの質が悪くてはブログの評価が低いままです。

また読者の疑問に対してまったく関係のないブログを書いても、Google側からしたら「本質をついていない」と判断され、評価が下げられる可能性があります。

もちろん文字数が多いに越したことはありませんが、「何でもかんでも書けばいい」というわけではないんですね。

なので決して文字を羅列しないようにして、読者の疑問に対する解答を書いていきましょう。

まとめ|ブログで1000文字以内の記事を作るのは止めよう

ブログで1000文字以内の記事を作るのは止めよう

ブログを最初書いていくとなると、どうしても慣れていないせいもあって、1000文字以内でおさめてしまう人も少なくありません。

1000文字以内のブログを書いていると、「あれ、意外と楽じゃん!」と思ってしまうことがあります。

しかしちゃんとブログで上位表示を狙ってたくさんの読者に見られるためには、文字数を増やしつつも読者が満足のいくコンテンツを提供し続けることが大切です。

そのためにも文字数は多いに越したことはなく、ブログ記事の質が重要視されます。

なのでぜひこの機会に、ブログで1000文字以内の記事を書くのは止めて、3000文字を目標としたブログを書いていきましょう。

以下の記事ではブログの文字数を意識した結果、ブログで収益化できたまでの体験談をまとめているので、気になる方はこちらもチェックしてみてください。

【体験談】ブログ収益化までの目安期間は?【結論:2ヶ月~6ヶ月】
【体験談】ブログ収益化までの目安期間は?【結論:2ヶ月~6ヶ月】ブログの収益化までの期間は、どれぐらいの期間かかるのかの目安を知りたいという方はいませんか?本記事では、ブログ収益化までの目安期間について、体験談を元にまとめました。ブログで収益を得たいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。...
ABOUT ME
堺 彬(WorkLifeスタイリスト)
28歳まで冠婚葬祭の会社にてお花を生ける仕事をするも、未来に不安を感じ東京に上京。未経験のままWebライターを志し、約6ヶ月で月20万円を稼ぐまでになる。 30歳を期に独立。現在は『WorkLifeスタイリスト』として、人の理想的な働き方や生き方を見つけてもらいつつ、後悔のない生涯を過ごしてもらうためのサポートをする毎日。

仕事をしたくない・働きたくないと感じている方へ朗報です。

パソコンが苦手で、20代で転職を5回も繰り返し、ダメダメ人生だったサラリーマンだった僕でも自動で月10〜20万円の副収入をPC1代で得られるようになった方法をメルマガにて紹介しています。

  • 毎日『やりたくもない仕事』をしていて辛い
  • 今の会社で、ずっと働き続けることができるのか不安
  • お金のためにも、嫌な仕事を我慢しながら働いていて辛い
  • 会社に縛られている今の生活に、不満を感じている
  • 将来に向けて、手に職を持てるようにしておきたい
  • 今の時代、外での仕事は怖いから在宅で働けるようになりたい
  • 働き方や生き方を変えて、今までの自分を変えたい

もし上記に当てはまるという方は、メルマガを読むことで未来を変えるきっかけを掴めるかもしれません。

今なら期間限定で『アフィリエイトで5〜10万円の資金をわずか20分の作業ですぐ手に入れられる方法』をまとめたテキストなどを含めて、3つの無料特典をつけさせていただいています。

ぜひ以下のボタンからお受け取りください。

 

 

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です