『言葉の力』で未来を変える。
本サイト『はたらくPRO』は
超初心者の方に向けて
ブログの始め方やWebライターの始め方を
わかりやすく解説していきます。
    ライティング

    「Webライターはやめとけ」は無視して良い理由3つ|現役ライターが解説

    「Webライターはやめとけ」は無視して良い理由3つ|現役ライターが解説

    「Webライターはやめとけ」という意見に対し、「実際はどうなの?」「始めない方がいい?」と悩んでいませんか?

    結論、「Webライターはやめとけ」という意見は無視してOKです。

    なぜなら、以下の理由があるからになります。

    • Webライターで稼げていない人の意見が多い
    • 経験や実績がない人の意見が多い
    • Webライター以外の仕事をおすすめしたい

    「やめとけ」という人のほとんどは、Webライターとして実績がない人ばかりだったりします。

    Webライターに興味があるのであれば、まずは現役で活動している人の意見を聞くことが重要です。

    そこで本記事では、「Webライターはやめとけ」は信じなくていい理由を、現役Webライターの私がくわしく解説していきます。

    Webライターの魅力や稼ぐためにすべきこと、向いていない人の特徴などもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

    「Webライターはやめとけ」は無視して良い理由3つ

    「Webライターはやめとけ」は無視して良い理由3つ

    「Webライターはやめとけ」と言われても、基本的に信じなくてOKです。

    なぜなら、以下の理由があるからになります。

    • Webライターとして稼げていない人の意見だから
    • Webライターとしての経験がない人の意見だから
    • Webライター以外の仕事をおすすめしたい

    それぞれどういった意味か、くわしく見ていきましょう。

    Webライターとして稼げていない人の意見だから

    Webライターとして稼げていないことから、「Webライターはやめとけ」と発言する人は少なくありません。

    自分がWebライターに挑戦し、うまくいかなかった経験から注意喚起をしているケースが考えられます。

    確かに、Webライター初心者の中には「単価が安い」「思ったより稼げない」と言う人は少なくありません。

    しかし、何事も稼ぐまでには時間がかかるもの。いきなり大きなお金が稼げるのは、天才でない限り難しいのが現実です。

    あきら
    あきら
    厳しい意見を言うと、現役でWebライターとして活動している人は最低限の努力をしています。「稼げない=努力をしていない」という可能性が高いので、意見としては参考になりません。

    もちろん、稼げなかったという経験はWebライターの業務を知らない人からすると、参考になるケースもあります。

    しかし、現役で稼いでいる人がいる以上、稼いでいない人の「Webライターはやめとけ」という意見は信じなくてOKです。

    Webライターとしての経験がない人の意見だから

    Webライターとしての経験がない人の「やめとけ」という意見は、基本的に無視しましょう。

    なぜなら、仕事内容もよくわからず、憶測で「やめとけ」と言っている可能性があるからです。

    基本的に、Webライターのことをよりくわしく知りたいなら、現役で活動する人の意見が1番参考になります。

    経験がない人の「やめとけ」という意見は参考にならないので、注意しましょう。

    Webライター以外の仕事をおすすめしたい

    稀に、Webライター以外の仕事をおすすめしたい理由から、「Webライターはやめとけ」という人もいます。

    例えば、Webデザインをやっている人に対し、「Webライターってどう思う?」と聞いたとしましょう。

    すると、100%の確率で「Webライターはやめとけ。Webデザインがいいよ」という返答が返ってくるはずです。

    あきら
    あきら
    もっとも、Webライターで成功しているのであれば、100%の確率で「Webライターはおすすめだよ」という返答が返ってきます。

    人は基本的に、自身の成功体験からアドバイスをするもの。

    不明確なものに対しておすすめはできないことから、「Webライターはやめとけ」という意見が出ている可能性があります。

    ただ、現役のWebライターとして活動している人の意見ではないので、基本的に信じなくてOKです。

    Webライターの魅力・メリットを現役ライターが解説|「やめとけ」という意見は無視

    Webライターの魅力・メリットを現役ライターが解説|「やめとけ」という意見は無視

    Webライターに興味をもっている人が意識すべきことは、現役で稼いでいるライターの意見を聞くこと

    善意のつもりで「やめとけ」と言う人もいるもしれませんが、そのまま鵜呑みにしてしまうと自身の可能性を潰すだけです。

    あきら
    あきら
    私は現役ライターとして活動していますが、魅力たっぷりの働き方なのでやめるつもりはありませんよ。

    Webライターには、以下の魅力・メリットがあります。

    • スタート時は高いスキルが必要ない
    • パソコン1台あればスタートできる
    • 自分らしい働き方を見つけられる
    • 自身の知識や経験がそのまま活かせる
    • 将来的に独立を目指せれる

    この章では、一旦「やめとけ」という意見を無視して、Webライターの魅力やメリットについて解説していきます。

    それでは、それぞれくわしく見ていきましょう。

    スタート時は高いスキルが必要ない

    Webライターとして活動を始める際に、高いスキルは必要ありません。

    • 文章が書ける
    • パソコンでタイピングができる
    • 読解力がある
    • パソコンでの調べものができる
    • 最低限のコミュニケーション能力がある

    最低限、上記のスキルがあればWebライターを始めることは可能です。

    あきら
    あきら
    もちろん、稼いでいくためにはSEOやWordPress、文章の型などの知識も覚えておくと稼ぎやすくなります。

    しかし、エンジニアやWebデザインといった学ぶのにお金がかかる専門スキルは最初から必要ありません。

    最低限のライティング知識があれば、Webライターはすぐにスタートできます。

    パソコン1台あればスタートできる

    Webライターは、パソコン1台あればすぐにスタートできる職業です。

    パソコンがあれば、家の中だけでなく外でも仕事ができます。

    あきら
    あきら
    私はよく、スタバのWi-Fiを利用して働いてたりもしますよ。

    高いパソコンも必要なく、ネット環境さえちゃんと整っていれば働くのに困ることはありません。

    自分らしい働き方を見つけられる

    Webライターを始めれば、自分が本当に目指したい働き方を見つけることが可能です。

    例えば、昼はゆっくりして夜に仕事をしたり、3時間だけ働いたり。はたまた、旅先で働いてみたり。

    基本、指定の日までに仕事を終わらせればいいので、自分の好きな時間に働くことが可能です。

    あきら
    あきら
    実際に私は、どうしても「自宅で働きたい!」という欲求があったからWebライターを選びました。

    今は会社に行かなくても、お金を稼げる時代になりました。

    働き方も多様化され始めている中で、Webライターは自分らしい働き方を見つけるきっかけ作りにもなります。

    自身の知識や経験がそのまま活かせる

    Webライターの仕事は、自身の知識や経験がそのまま活かせるお仕事です。

    例えば、趣味としてキャンプが好きなのであれば、キャンプ系のメディアにて十分な力を発揮できます。

    もしオタク並みの知識をもっているジャンルがあれば、業界未経験でも企業に採用される可能性は十分にあるのです。

    あきら
    あきら
    企業が求めているのは、ライティングスキルではなかったりします。どれだけ知識や経験があるかなんです。

    そのため、常に新しいことを知ることが好きな人は、Webライターに向いていると言えます。

    将来的に独立を目指せれる

    Webライターは稼げないという人もいますが、そんなことはありません。

    Webライターとして活動をすれば、将来的に独立を目指せれます。

    あきら
    あきら
    実際に私はWebライターとして活動している人と繋がりをもっていますが、月に30・50・100万円と稼いでいる人は普通にいます。

    大きく稼ぐ方法をまとめると、以下の通り。

    • 文字単価の高い案件を受ける
    • 特化型ライターを目指す
    • SEOコンサルタントを目指す
    • メディアのディレクション業務を請け負う
    • Webライターの講師を目指す

    上記いずれかができていれば、独立を目指すことは十分に可能です。

    ただし、Webライターとして活動し始めたとしても、いきなり大きく稼ぐことはできません。

    そこで次の章では、Webライター初心者が稼ぐために最低限すべきことを解説していきます。

    Webライター初心者が稼ぐために最低限すべきこと

    Webライター初心者が稼ぐために最低限すべきこと

    前章でお話したように、Webライターという働き方は魅力やメリットに溢れています。

    ただ、Webライターは稼ぎにくいと思われていることから、「やめとけ」という意見が出てしまうのもまた事実。

    そこで、以下にWebライターとしてどうやれば稼げるようになるのか、詳しくまとめてみました。

    • 稼ぐために必要なスキル・知識を身につける
    • 文字単価1円以上の案件に挑戦する
    • 実績を作って信頼を獲得していく
    • 社会人としてのマナーをしっかり守る
    • 自ら提案・営業をしっかりと行う
    あきら
    あきら
    私の経験に基づいて、それぞれ詳しく解説していきます。

    稼ぐために必要なスキル・知識を身につける

    まずは、稼ぐために必要なスキルを身につけることが大切です。

    先述したように、Webライターとして活動する際に高いスキルは必要ありません。

    しかし、稼ぐためには以下のスキル・知識を身につける必要があります。

    • SEOライティング
    • コピーライティング
    • ブラインドタッチ
    • PREP法などの文章の型
    • WordPressの基本的な操作

    稼げているWebライターは、上記のスキルや知識をすべて身につけているものです。

    「習得に時間がかかる」と思うかもですが、3ヶ月ほどマジメに仕事をこなし勉強をすれば、自然と習得できます。

    最初のうちは稼げず辛いでしょうが、稼ごうと思うのではなく勉強だと思って案件に携わるのが継続のコツです。

    文字単価1円以上の案件に挑戦する

    稼いでいきたいのであれば、文字単価1円以上の案件に挑戦するようにしましょう。

    0.5円や0.7円といった文字単価の低い案件を続けても、ただ疲弊して終わるだけです。

    しかし1円以上であれば、Webライターとして生きていける基準値をギリギリ満たしています。

    あきら
    あきら
    ちなみに、クラウドソーシングであれば、初心者だったとしても1円の案件を任せてもらえることはあるよ。

    稼ぐためには、文字単価を上げていくことが鍵を握ります。

    実績を積むために文字単価の低い案件を受けるのはいいですが、慣れてきたら1円以上の案件しか受けないようにしていきましょう。

    実績を作って信頼を獲得していく

    実績のない人に、いきなり仕事を任せることはありません。

    そのため、Webライターとして稼いでいくためにも、まずは実績づくりに励みましょう。

    実績の作り方は意外と簡単。

    • 単価の安い案件を請け負う
    • 自身でブログを書く

    実績が集まってきたら、ポートフォリオにまとめることが大切です。

    どんな記事を書いているのかを示せば、クライアントから依頼が来やすくなります。

    社会人としてのマナーをしっかり守る

    Webライターに最も多いのが、途中で案件を投げ出すという人です。

    ネット上で完結する仕事という理由で途中離脱するWebライターもいますが、社会人としてはマナー違反になります。

    あきら
    あきら
    マナー違反をしている人は、どんどん信頼を失っていきますよ!

    他にも「納期を守る」「報連相はしっかりと行う」「嘘はつかない」など、社会人として当然のマナーを守ることが大切です。

    意外とできていないWebライターが多いので、マナーがしっかりしている人には仕事が舞い込んでくる傾向にあります。

    自ら提案・営業をしっかりと行う

    稼ぐWebライターは、自ら提案をしたり営業したりすることで仕事を獲得しています。

    逆に稼げていないWebライターというのは、「誰か仕事くれないかな」と受動的になっているケースがほとんどです。

    あきら
    あきら
    厳しい意見を言うと、待っているだけではWebライターの仕事が来ることは絶対にありません。

    企業に魅力のある提案をしたり営業を繰り返すことで、初めて仕事をいただけるようになります。

    そのため、日々提案や営業を繰り返していき、案件獲得に励みましょう。

    こんな人はやめとけ!Webライターが向いてない人の特徴

    こんな人はやめとけ!Webライターが向いてない人の特徴

    前章の「Webライター初心者が稼ぐために最低限すべきこと」を意識すれば、Webライターとして稼ぐことは十分に可能です。

    ただ、以下に該当する場合、Webライターに向いていない可能性もあります。

    • 文章を書くこと・読むことが苦手
    • 勉強・新しいことを学ぶのが苦手
    • 自己主張ばかりをしてしまう
    • 約束を平気で破る
    • 愚痴ばかりをいう人
    • 報連相ができない
    • 目先の利益ばかりに目がいってしまう
    あきら
    あきら
    私としてはWebライターをおすすめしたいのですが、上記に当てはまっている場合はそもそも不向きな可能性もあります。

    Webライターという働き方には、向き・不向きがあるのも事実です。

    文章をそもそも書くのが苦手なのであれば、Webライターはやめた方がいいでしょう。

    ただし、上記に当てはまらないのであれば、「やめとけ」という意見は聞かずに挑戦する価値が十分にあります。

    自分の得意・不得意や価値観などを踏まえて、最適かどうかを考えることが大切なので、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

    まとめ|「Webライターはやめとけ」という意見は無視してOK

    まとめ|「Webライターはやめとけ」という意見は無視してOK

    「Webライターはやめとけ」という意見は信じなくて良い理由について解説しつつ、Webライターの魅力や稼ぐためにすべきことをまとめていきました。

    「やめとけ」という人のほとんどは、Webライターとして実績がない人ばかりだったりします。

    Webライターに興味があるのであれば、まずは現役で活動している人の意見を聞くことが重要です。

    ぜひ本記事を参考にして、Webライターの魅力や稼ぎ方をご理解いただき、挑戦をしてもらえたら嬉しく思います。

    ABOUT ME
    堺 彬
    仮想通貨&NFTライター|作成記事数 500記事以上|検索順位1〜3位の記事を100記事以上作成|本サイトにて月間売上100万円を達成|月間300万PVの結婚メディアサイトにて、累計PV数47万PVを達成(2019年3月〜2022年5月)|クラウドファンディングの執筆代行を請け負い、関わったプロジェクトは達成率100%を継続中|お仕事は文字単価3円〜から受付中
    公式メルマガへの招待状

    「Webライターとして活動を始めたけど、なかなかお金が稼げない…。」

    「できれば家にいながら、ライティングのお仕事で月20万円〜30万円は稼ぎたい。」

    こんなお悩みをお持ちではありませんか?

    そこで今回、実際にWebライターとして活動している僕が、どうやって手取りで月30万円を稼げるようにまでなったのか。

    メルマガ内で発信をしていきます。

    メルマガ登録は簡単!

    以下のボタンをクリックし、必須事項をご入力いただき、「送信」ボタンをクリック(タップ)してください。

    送信後に、あなたのメールアドレスに、僕が月30万円を稼ぐまでにやってきた3つのポイントを共有していきます!

    DoCoMo、au、softbankのキャリアメール及びiCloudのメールアドレスは届かない可能性が非常に高い為、必ずGmailやプロバイダーが提供するPCで受信可能なメールアドレスをご入力ください。

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。