MENU
『言葉とAI』で未来を変える。
AIを使ったブログやライティング術
時間の効率化方法をまとめた
初心者に優しいメディアサイト
    ChatGPT実践マニュアル

    ChatGPT実践マニュアル

    Webライター PR

    ChatGPTで作る文章はバレる!判定サイトとバレないための対策法を紹介

    ChatGPTで作る文章はバレる!判定サイトとバレないための対策法を紹介
    記事内に商品プロモーションを含む場合があります

    「ChatGPTで文章を作成したらバレてしまうのでは?」「ChatGPTの文章をバレないようにする方法はあるの?」などと悩んでいませんか?

    ChatGPTで作成した文章は、判定サイトを使えばすぐにバレます。ただし、人間らしい表現を加えたり文章構造を変えたりすれば、より自然な文章に仕上げることが可能です。

    本記事では、ChatGPTの文章がバレる理由や判定サイトの紹介、バレないための具体的な対策法を詳しく解説します。さらに、ChatGPTを適切に活用できる場面や倫理的配慮についても触れているため、ぜひ参考にしてみてください。

    ChatGPTで作成した文章がバレる理由とは?

    ChatGPTで作成した文章がバレる理由とは?

    ChatGPTで作成した文章がバレる主な理由は、AIが生成する文章特有の特徴が存在するためです。AIの文章は人間の文章と比較して、一貫性が高く文法的に正確である傾向があります。

    また、ChatGPTの『GPT-4』がもつ学習データは2023年4月までの情報しか含まれていないため、最新の情報や専門的な知識が反映されていない場合があります。

    AIが生成する文章の特徴

    AIが生成する文章は、文法的に正確で論理的な構造を持つ傾向があります。しかし、人間らしい曖昧さや感情表現が不足しがちです。

    例えば、AIの文章は特定のパターンや表現が繰り返し使用される傾向があり、文章全体の一貫性が高すぎる場合があります。また、複雑な比喩や言葉遊びなど、創造的な表現が少ないです。

    こういったChatGPのT特徴は、AIが生成した文章を識別する手がかりとなります。

    人間の文章との違い

    人間の文章は、個人の経験や感情、独自の視点が反映されやすい特徴があります。文法的な誤りや言い回しの揺れが含まれることもあり、これが自然な印象を与えます。

    一方、AIの文章は完璧すぎる傾向があり、人間らしい「ミス」や「個性」が欠如しています。また、人間の文章には文脈に応じた適切な言葉選びや、文化的な背景を踏まえた表現が自然に含まれますが、AIにはこの点が不足しがちです。

    違いが、AIが生成した文章を見分ける手がかりとなります。

    ChatGPTの学習データの限界

    ChatGPTの学習データには時間的な制限があり、『GPT-4』がもつ学習データは2023年4月までの情報のデータで学習されているため、それ以降の情報は含まれていません。

    学習データの制限により、最新のトピックスや専門分野の最新動向について正確に言及することが難しくなります。

    例えば、2024年以降の出来事や技術革新について言及する際に、古い情報や不正確な内容が含まれる可能性があります。この点も、ChatGPTで生成された文章を識別する手がかりの1つとなります。

    ChatGPTの文章がバレる原因となる判定サイト・チェックツールの紹介

    ChatGPTの文章がバレる原因となる判定サイト・チェックツールの紹介

    ChatGPTの文章を見破るための判定ツールが開発されています。判定ツールは、AIが生成した文章の特徴を分析し、人間が書いた文章との違いを識別します。

    代表的なツールをまとめると以下の通りです。

    • GPTZero
    • 生成AIチェッカー
    • Content at Scale

    それぞれ詳しく解説します。

    GPTZero

    GPTZero

    教育機関向けに開発された無料のAI検出ツールです。文章をセンテンス単位で分析し、AIが生成した可能性を色分けして表示します。

    高い精度と使いやすさが特徴で、学生や教育者に人気があります。

    公式サイト:https://gptzero.me/

    生成AIチェッカー

    生成AIチェッカー

    生成AIチェッカーは、株式会社ユーザーローカルが開発した無料のAI検出ツールです。このツールは、ChatGPTなどの生成AIによって執筆された可能性のある文章を判定することができます。

    主な特徴として、日本語の論文やレポートの判定に特化しており、500字以上のテキストを入力することで高い精度での判定が可能です。

    公式サイト:https://ai-tool.userlocal.jp/ai_classifier

    Content at Scale

    Content at Scale

    無料で利用できるAI検出ツールで、最大2,500文字まで分析可能です。AIによる生成の可能性を段階的に色分けして表示し、人間らしい文章への書き換え機能も備えています。

    ブロガーやコンテンツ制作者に適しています。

    公式サイト:https://contentatscale.ai/ai-content-detector/

    ChatGPTで作った文章とバレないようにするための対策法

    ChatGPTで作った文章とバレないようにするための対策法

    ChatGPTで制作した文章とバレないようにするには、以下の対策法を実施しましょう。

    • 人間らしい表現や個性を加える
    • 文章の構造を変える
    • 専門知識や最新情報を追加する
    • 個人的なエピソードや具体例を追加する
    • 口語表現や俗語を適度に使用する

    詳しく解説します。

    人間らしい表現や個性を加える

    人間らしい表現や個性を加えることは、ChatGPTの文章をより自然に見せる重要な方法です。具体的には、感情表現を適切に使用したり、個人的な意見や経験を織り交ぜたりします。

    例えば、「私は〜だと思います」や「〜に感動しました」といった主観的な表現を加えることで、文章に人間らしさが生まれます。また、比喩や言葉遊びを使用することも効果的です。

    人間らしい表現を適度に取り入れることで、AIが生成した文章に個性と魅力を与えられます。

    文章の構造を変える

    文章の構造を変えることは、ChatGPTの特徴的な文体を避けるために有効な方法です。AIの文章は一貫性が高すぎる傾向があるため、意図的に変化をつけることが重要です。

    具体的には、短い文と長い文を混ぜたり、段落の長さを変えたりします。また、疑問文や感嘆文を適度に使用することで、文章にリズムを与えることが可能です。

    さらに、話題の転換を自然に行えば、人間が書いたような流れのある文章を作成できます。

    専門知識や最新情報を追加する

    専門知識や最新情報を追加することは、ChatGPTの文章の信頼性と説得力を高める効果的な方法です。AIの学習データには制限があるため、最新の情報や専門的な知識を人間が補完することが重要です。

    具体的には、最新の統計データや研究結果を引用したり、業界固有の専門用語を適切に使用したりします。また、最近の出来事や技術動向に言及すれば、リアルタイムの情報を届けられます。

    以上の要素を加えれば、AIが生成した文章をより深みのあるものにできます。

    個人的なエピソードや具体例を追加する

    個人的なエピソードや具体例を追加することは、ChatGPTの文章に人間味を与える効果的な方法です。AIは一般的な情報を生成することはできますが、個人的な経験を創作することは困難です。

    例えば、「私が学生時代に経験した〜」や「先日、友人と話していて気づいたのですが〜」といった具体的なエピソードを挿入します。また、抽象的な概念を説明する際に、日常生活からの具体例を用いることで、読者の理解を深めることが可能です。

    文章に独自性と説得力が生まれるため、個人的なエピソードは加えていきましょう。

    口語表現や俗語を適度に使用する

    口語表現や俗語を適度に使用することは、ChatGPTの文章を自然に見せるための有効な方法です。AIの文章は往々にしてフォーマルすぎる傾向があるため、意図的にカジュアルな表現を取り入れることが重要です。

    具体的には、「〜だよね」「〜じゃない?」といった話し言葉を適度に使用したり、業界や年代に応じた俗語を取り入れたりします。ただし、使用しすぎると不自然になるため、文脈に応じて適切に使用することが大切です。

    読者に親近感を与えることで、より人間らしい文章を作成できます。

    ChatGPTを適切に活用できる場面

    ChatGPTを適切に活用できる場面

    ChatGPTは多様な業務で効果的に活用できます。特に以下の項目では優れた性能を発揮します。

    • アイデア出しや下書き作成
    • データ分析や要約
    • 反復的なタスクの自動化

    詳しく解説します。

    アイデア出しや下書き作成

    ChatGPTはアイデア出しや下書き作成に非常に有効です。ブレインストーミングのパートナーとして機能し、多様な視点からのアイデアを提供します。

    例えば、新商品の企画や記事のアウトライン作成において、ChatGPTに「〇〇に関する新商品のアイデアを5つ挙げてください」と指示すると、短時間で多様なアイデアを得られます。

    アイデアを基に、創造的な成果物を生み出せます。

    データ分析や要約

    ChatGPTはデータ分析や長文の要約作業を効率化します。大量のデータや長文を瞬時に処理し、重要なポイントを抽出する能力に優れています。

    例えば、長文のレポートや論文の要約を依頼すると、主要な論点や結論を簡潔にまとめてくれます。また、数値データの傾向分析や可視化のアイデアを提案することも可能です。

    ただし、ChatGPTの分析結果は必ず人間が精査し、正確性を確認する必要があります。

    反復的なタスクの自動化

    ChatGPTは反復的で時間のかかるタスクを自動化し、業務効率を大幅に向上させます。定型文書の作成やデータ入力の補助など、幅広い用途に活用可能です。

    例えば、顧客対応のメールテンプレート作成や、FAQの自動生成などに利用できます。これにより、人間は創造的な業務や戦略的な思考に時間を割けます。

    ただし、自動化されたタスクの品質管理は欠かせません。定期的に出力内容をチェックし、必要に応じて調整することが重要です。

    ChatGPTの文章を使用する際の倫理的配慮

    ChatGPTの文章を使用する際の倫理的配慮

    ChatGPTの文章を使用する際は、倫理的な配慮が不可欠です。著作権と知的財産権の尊重、透明性の確保、人間の創造性との共存を意識することが重要です。

    倫理的配慮を怠ると、バレるという以前の問題として、法的問題や社会的信頼の喪失につながる可能性があるため注意しましょう。

    著作権と知的財産権の問題

    ChatGPTが生成した文章の著作権や知的財産権の扱いには、注意が必要です。基本的に、ChatGPTの出力結果の著作権はユーザーに帰属しますが、学習データに含まれる著作物の権利には十分な配慮が必要です。

    例えば、ChatGPTが生成した文章をそのまま商用利用する場合、元となった学習データの著作権侵害のリスクがあります。そのため、ChatGPTの出力を利用する際は必ず人間が内容を精査し、必要に応じて適切な引用や許諾を得ることが重要です。

    また、AIが生成した内容であることを明示することも、透明性の観点から推奨されます。

    透明性の確保

    ChatGPTを使用する際は、使用を明示し、透明性を確保することが重要です。AIが生成した内容をそのまま人間が作成したかのように提示することは、倫理的に問題があります。

    例えば、ビジネス文書や学術論文でChatGPTを利用した場合、その旨を明記することが求められます。「本文書の一部はAI(ChatGPT)を使用して作成されています」といった注釈を加えれば、読者に対して誠実な態度を示せます。

    透明性の確保は、AIの利用に対する社会的信頼を築く上で非常に重要です。

    人間の創造性との共存

    ChatGPTは優れたツールですが、人間の創造性や批判的思考を完全に代替するものではありません。AIと人間の能力を適切に組み合わせ、相乗効果を生み出すことが重要です。

    例えば、記事作成においてChatGPTを利用する場合、AIが生成した文章を単に転載してはいけません。人間の視点で内容を精査し、独自の洞察や経験を加えることが求められます。

    このように、AIを補助ツールとして活用しつつ、最終的な判断や創造性は人間が担うという姿勢が、倫理的なAI利用の基本となります。

    ChatGPTの使用がバレるかどうかでよくある質問

    ChatGPTの使用がバレるかどうかでよくある質問

    最後に、ChatGPTバレを防ぐためのよくある質問について解説します。

    • 大学レポートでChatGPTを使うとバレる?
    • 就活にChatGPTを使うと企業にバレる?

    大学レポートでChatGPTを使うとバレる?

    ChatGPTを大学レポートで使用すると、バレる可能性はありますが、完全に防ぐことは難しいのが現状です。多くの大学がAI検出ツールを導入していますが、ツールの精度は完璧ではありません。

    バレないようにするためには、以下の方法が効果的です:

    • ChatGPTの出力をそのまま使用せず、自分の言葉で書き直す
    • 個人的な経験や具体例を追加する
    • 最新の情報や専門知識を盛り込む
    • 文章構造に変化をつける
    • 引用や参考文献を適切に記載する

    多くの大学がAIの使用を完全に禁止しているわけではありませんが、使用する場合は教授に相談し、適切な引用を行うことが重要です。ChatGPTはあくまでも補助ツールとして使用し、最終的な仕上げは学生自身で行いましょう。

    就活にChatGPTを使うと企業にバレる?

    就活でChatGPTを使用しても、直接的にバレる可能性は低いですが、注意が必要です。多くの企業はAI検出ツールを使用していませんが、経験豊富な採用担当者はAI生成の文章を見分けられる場合があります。

    ChatGPTを就活に活用する際のポイントは以下の通りです。

    • エントリーシートや履歴書の下書き作成に利用する
    • 企業研究や業界分析のサポートツールとして使用する
    • 面接の練習や想定質問の準備に活用する
    • AI生成の文章をそのまま使用せず、自分の言葉で書き直す
    • 個人的なエピソードや具体的な経験を必ず盛り込む

    また、一部の企業ではAIツールの使用スキルを評価する動きもあります。そのため、ChatGPTを適切に活用できることをアピールポイントとして使うこともできるでしょう。

    まとめ

    ChatGPTで作成した文章は、判定サイトを使えばすぐにバレます。ただし、人間らしい表現を加えたり文章構造を変えたりすれば、より自然な文章に仕上げることが可能です。

    ただし、綺麗な文章を仕上げるためにはプロンプトの打ち方や基本的なChatGPTの使い方を理解することが大切です。本サイトでは、ChatGPTの使い方をまとめた完全マニュアルを配布しております。

    受け取りは無料となっているため、ぜひこの機会に受取を進めてみてください。

    ABOUT ME
    堺 彬
    仮想通貨&NFTライター|作成記事数 500記事以上|検索順位1〜3位の記事を100記事以上作成|本サイトにて月間売上100万円を達成|月間300万PVの結婚メディアサイトにて、累計PV数47万PVを達成(2019年3月〜2022年5月)|クラウドファンディングの執筆代行を請け負い、関わったプロジェクトは達成率100%を継続中|お仕事は文字単価3円〜から受付中
    ChatGPT実践マニュアルの無料配布

    ChatGPT実践マニュアル

    「ChatGPTの使い方がわからない」「ChatGPTの実用性がわからない」

    そんな声にお答えして、約70ページにわたる『ChatGPTの使い方完全マニュアル』を作りました!

    1度受け取ったら、古い情報に左右される心配はなくなります。本気でChatGPTを使いたい方のみ、ぜひ以下からお受け取りください。

     

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です