『言葉の力』で未来を変える。
本サイト『はたらくPRO』は
超初心者の方に向けて
ブログの始め方やWebライターの始め方を
わかりやすく解説していきます。
    ライティング

    【SEO対策用】メタディスクリプションの理想的な文字数や書き方

    【SEO対策用】メタディスクリプションの文字数や書き方【ブログ飯してる僕が解説】
    SEO対策用で、メタディスクリプションのちゃんとした書き方を知りたい。メタディスクリプションには理想的な文字数や書き方などはあるのでしょうか?現役で記事を書いている人に意見を聞いてみたいな。

    今回はこういった疑問にお答えしていこうと思います。

    本記事を見てわかること
    • メタディスクリプションの重要性【SEO対策になる】
    • メタディスクリプションにおける理想的な文字数
    • メタディスクリプションの書き方

    今回の記事は、SEO対策になるメタディスクリプションの文字数や書き方についてです。

    サイト運営をしていくとなるとメタディスクリプションを書かなくてはいけませんが、どれぐらいの文字数でどうやって書いたらいいか分からないですよね。

    ただ結論として、メタディスクリプションはSEOに評価される重要な要素で、文字数を意識しつつ思わずクリックしたくなるような文章を書かなくてはいけません。

    なので本記事では、実際にブログ飯をしていている僕が、『思わずクリックしたくなるようなメタディスクリプションの書き方』を紹介していきます。

    本記事を読めばメタディスクリプションの理想的な文字数や書き方が分かり、SEO対策を実施することができるので、ぜひ参考にしてみてください。

    メタディスクリプションとは?

    メタディスクリプションとは?

    メタディスクリプションとは、「meta description」または「ディスクリプション」とも言います。

    簡単に意味をまとめると、『記事の内容を簡潔にまとめた説明表記』です。

    メタディスクリプションは記事の内容をまとめた説明表記

    例えば以下のように「ブログ Wikipedia」と検索したとしたら、以下のような画面が出てきます。

    検索欄の下に表記されている説明表記が、『メタディスクリプション』です。

    調べ物をしている人が最初に見るサイトの説明表記でもあるので、開くとどんな内容の記事が書かれているかを分かりやすく示さなくてはいけません。

    そして分かりやすいメタディスクリプションは、読者だけでなく検索エンジンにも良い評価を受ける結果となるので、SEO対策にも繋がってきます。

    なのでメタディスクリプションの理想的文字数や書き方を覚えることは、サイト運営において非常に重要な項目と言えるのです。

    ラルク
    ラルク
    メタディスクリプションはサイト作成初心者が一番軽視しがちな部分でもありますが、SEO対策にも繋がるのでぜひ本記事で覚えていきましょう。

    メタディスクリプションにおける理想的な文字数

    メタディスクリプションにおける理想的な文字数

    結論、理想的な文字数は以下の通りです。

    • パソコンユーザー向けのメタディスクリプション・・・110~130文字(120文字程度)
    • 携帯(スマホ)ユーザー向けのディスクリプション・・・80~100文字(90文字程度)

    上記の通り。

    メタディスクリプションの理想的な文字数とは、説明表記枠いっぱいに収まる最大文字数によって決まります。

    短い文字数だと説明が足りない場合が多いので、できる限り画面いっぱいに書いたほうが検索エンジンからの評価が高くなるのです。

    ただ画面を見る媒体によって表示される最大文字数が異なるので、どちらのユーザー向けのサイトを意識しているかによって理想的文字数が変化します。

    媒体別でメタディスクリプションに表記される文字数が異なる

    例えばパソコンの場合の表記は以下の通り。

    パソコンユーザー向けのメタディスクリプション

    サイトの説明欄に表記されている最大文字数が120文字前後になるので、理想的な文字数は「110~130文字」となるわけです。

    次に携帯(スマホ)の場合の表記は以下の通り。

    携帯(スマホ)ユーザー向けのディスクリプション

    同じ内容のメタディスクリプションでも、表記される最大文字数が90文字前後になります。

    なのでもし携帯ユーザー向けの記事を作っていくなら、理想的な文字数は「80~100文字」となるわけです。

    【注意】半角文字を入れると表示できる文字数が増えることもある

    ただし半角文字でメタディスクリプションを書いた場合、記載できる文字数が増えることがあります。

    半角文字で入力すると文字が小さくなるので、説明表記枠に記載できる文字数が全角文字で書いてしまうと自然と増えるんですね。

    なのでメタディスクリプションの理想的な文字数とは、前提として『すべての文字が全角文字』という条件があってのもの。

    もし半角文字を使う場合は、文字数が大きく変化することがあるので注意しましょう。

    読まれるメタディスクリプションの書き方

    読まれるメタディスクリプションの書き方

    ここまでメタディスクリプションの文字数について解説してきました。
    次は書き方について解説していきます。

    結論、以下の型に合わせてメタディスクリプションを書けば問題ありません。

    1. 検索キーワードに合わせた読者への質問
    2. サイトの内容解説
    3. 読者がサイトの記事を見ることのメリット提示

    上記の通り。

    メタディスクリプションは、SEO対策用に検索キーワードを意識した書き方をしなくてはいけません。

    検索キーワードを文章内に入れながら書くのが、上位表示を狙っていくためのカギを握りますよ。

    書き方例➀「検索キーワード:メタディスクリプション 書き方」

    本サイトのメタディスクリプションを例にして、書き方を解説していきます。

    実際に以下の内容が、本記事のメタディスクリプションです。

    メタディスクリプションの理想的文字数や書き方を知りたい方はいませんか?本記事ではSEO対策にもなるメタディスクリプションの書き方や理想的な文字数についてまとめています。これからブログやサイト運営をしていく人が覚えておく必須知識なので、ぜひ参考にしてみてください。

    上記のメタディスクリプションは、型に合わせて以下のようなイメージで作成しました

    • 検索キーワードに合わせた質問の提示 ⇒ 「メタディスクリプションの理想的文字数や書き方を知りたい方はいませんか?」
    • サイトの内容解説 ⇒ 「本記事ではSEO対策にもなるメタディスクリプションの書き方や理想的な文字数についてまとめています。」
    • 読者がサイトの記事を見ることのメリット提示 ⇒ 「これからブログやサイト運営をしていく人が覚えておく必須知識なので、ぜひ参考にしてみてください。」
    ラルク
    ラルク
    「メタディスクリプション」と「書き方」というキーワードが、文章内に多めに書かれていることが分かりますね。

    基本的に自分で意識した検索キーワードを意識して書いていけば、メタディスクリプションは作ることが可能です。
    型に当てはめて書いていけばいいので、簡単に書いていけますよね。

    では練習のために、もう1個例を見ていきましょう。

    書き方例②「検索キーワード:Wordpressブログ 始め方」

    例えば検索キーワードを、「Wordpressブログ 始め方」としたとしましょう。その場合のメタディスクリプション例は以下の通り。

    WordPressブログを始めてみようと考えている方はいませんか?本記事では、Wordpressブログをブログ初心者が簡単に開設するための方法を、画像付きで分かりやすく解説しています。これからWordpressブログでお金を稼いでいきたい方は参考にしてみてください。

    上記のメタディスクリプションは、型に合わせて以下のようなイメージで作成しました。

    • 検索キーワードに合わせた質問の提示 ⇒ 「Wordpressブログを始めてみようと考えている方はいませんか?」
    • サイトの内容解説 ⇒ 「本記事では、Wordpressブログをブログ初心者が簡単に開設するための方法を、画像付きで分かりやすく解説しています。」
    • 読者がサイトの記事を見ることのメリット提示 ⇒ 「これからWordpressブログでお金を稼いでいきたい方は参考にしてみてください。」

    上記の感じで、型に合わせつつ検索キーワードを意識しながら書いていくのがコツです。

    文字数を意識しながらも、検索キーワードを入れた文章を書いていきましょう。

    まとめ:読まれるメタディスクリプションを書いて差別化を図ろう

    読まれるメタディスクリプションを書いて差別化を図ろう

    基本的なメタディスクリプションの解説は以上となります。

    型さえ理解できれば簡単にメタディスクリプションは書けますし、文字数も説明表記枠に入りきるかどうかの文字数を意識していれば問題ありません。

    ただ『読まれるメタディスクリプションを書きたい』と思っているなら、少し話は変わってきます。

    ただの説明表記ではメタディスクリプションは読まれない

    ただつらつらと記事の内容説明が書かれていても、よっぽどの魅力ある表記をしない限り読みたいと思わないものです。

    どんな記事が書いていて、記事を読むことでどんなメリットがあって、どんな内容が書かれているかを細かく書かなくてはいけません。

    しかし文字数も限られてくるとあって、少ない文字数で「読みたい!」と思わせる文章を書く必要があるのがメタディスクリプションなのです。

    あくまで読者に寄り添ったライティングをすべき

    ただ読みたいと思わせる文章を書いていくには、あくまで読者に寄り添ったライティングを心がけていくべきです。

    メタディスクリプションを軽視する人が多いですが、ブログ記事を書くのと同じように読者ファーストの説明ができているかを自問自答しながら書いていかなくてはいけません。

    最初は難しいかもしれませんが、『書きながら覚えていく』という姿勢が大事かなと思います。

    結局のところ、「読者がどんな悩みを持っているか」「どんな解決策を提示できるか」は記事を書きつつ読者のことを考えることで導き出されるものです。

    自分よがりではなく読者目線でのメタディスクリプションを書こう

    自分よがりのメタディスクリプションでは、誰も興味を持ってくれません。

    ブロガーさんは企業サイトとの差別化を図るためにも、軽視しがちなメタディスクリプションに力を込めていくべきです。

    なのでぜひ自分らしくもあり、読者のことをしっかりと考えたメタディスクリプションを書いていきましょう。

    本サイトではタイトルや導入文、見出し本文の書き方についてもまとめているので、一緒に書き方を知りたい方は参考にどうぞ。

    ABOUT ME
    堺 彬
    仮想通貨&NFTライター|作成記事数 500記事以上|検索順位1〜3位の記事を100記事以上作成|本サイトにて月間売上100万円を達成|月間300万PVの結婚メディアサイトにて、累計PV数47万PVを達成(2019年3月〜2022年5月)|クラウドファンディングの執筆代行を請け負い、関わったプロジェクトは達成率100%を継続中|お仕事は文字単価3円〜から受付中
    公式メルマガへの招待状

    「Webライターとして活動を始めたけど、なかなかお金が稼げない…。」

    「できれば家にいながら、ライティングのお仕事で月20万円〜30万円は稼ぎたい。」

    こんなお悩みをお持ちではありませんか?

    そこで今回、実際にWebライターとして活動している僕が、どうやって手取りで月30万円を稼げるようにまでなったのか。

    メルマガ内で発信をしていきます。

    メルマガ登録は簡単!

    以下のボタンをクリックし、必須事項をご入力いただき、「送信」ボタンをクリック(タップ)してください。

    送信後に、あなたのメールアドレスに、僕が月30万円を稼ぐまでにやってきた3つのポイントを共有していきます!

    DoCoMo、au、softbankのキャリアメール及びiCloudのメールアドレスは届かない可能性が非常に高い為、必ずGmailやプロバイダーが提供するPCで受信可能なメールアドレスをご入力ください。

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。