『言葉の力』で未来を変える。
本サイト『はたらくPRO』は
超初心者の方に向けて
ブログの始め方やWebライターの始め方を
わかりやすく解説していきます。
    ライティング

    【初心者向け】ブログの見出しと本文の書き方【3つのコツを紹介】

    ブログ初心者
    ブログ初心者
    ブログの見出しや本文の書き方が分からない。どうやって書いていけばいいのかな?ブログの見出しや本文の書き方のコツを知りたいな。

    今回はこういった疑問にお答えしていこうと思います。

    本記事を見てわかること
    • ブログ見出しの書き方のコツ3つ
    • ブログ本文の書き方のコツ3つ

    今回は、ブログの見出しと本文の書き方についてです。

    ブログとは「見出し」を書いて「本文」を書くというのが一般的な流れですが、ブログ初心者の方の中にはそもそも書き方が分からないという人も多いのではないでしょうか。

    ただ結論として、以下の見出しと本文の書き方をマネするだけでブログを書いていくことができます。

    【見出しの書き方】

    1. 検索キーワードを入れて書く
    2. 「シンプルに」「分かりやすく」「短い文章で」書く
    3. タイトルに合わせて書く

    【本文の書き方】

    1. 見出しに合わせた記事を書く
    2. PREP法を使って書く
    3. 自分の経験を交えてわかりやすく書く

    ラルク
    ラルク
    実際に僕は上記の方法で記事を書き進めており、今ではブログ飯をするまでに至りました。

    そんな僕が本記事では、詳しいブログの見出しの書き方と本文の書き方を紹介していきます。

    最後にはブログを書く上で大切な考え方もまとめているので、ブログ運営はじめたての初心者はぜひ参考にしてみてくださいね。

    ブログ見出しの書き方のコツ3つ

    ブログ見出しの書き方のコツ3つ

    冒頭にも書きましたが、ブログ見出しの書き方は以下の通りです。

    1. 検索キーワードを入れて書く
    2. 「シンプルに」「分かりやすく」「短い文章で」書く
    3. タイトルに合わせて書く

    基本的なスタイルは、上記に沿って書いていけば問題ありません。

    詳しく詳細を見ていきましょう。

    検索キーワードを入れて書く

    自身が設定した検索キーワードを見出し内に入れることで、同じキーワードをネット上で検索したユーザーに書いたブログ記事をユーザーに見せることができます。

    例えば本記事は、「ブログの見出しと本文の書き方」について書いています。
    そうなると、意識すべき検索キーワードは以下の通りです

    • 「ブログ 見出し 書き方」
    • 「ブログ 本文 書き方」
    • 「ブログ 書き方」
    ラルク
    ラルク
    僕は上記のキーワードを検索している人に自身の記事を見てもらいたいので、見出しには必ず入れるようにしています。

    検索キーワードを入れるだけで、Googleなどの検索エンジンが同じキーワードを検索したユーザーに情報を届けてくれます。

    なので自分が選んだ検索キーワードは、必ず見出しに入れるようにしましょう。

    「大見出し」「中見出し」に検索キーワードを入れよう

    ちなみに見出しには、種類ごとに力関係があります。

    見出しの力の関係性は、『タイトル>大見出し>中見出し>小見出し』となっており、力が強い見出しに検索キーワードを入れておくほどGoogleに検索されやすくなります。

    すべての見出しに検索キーワードを入れる必要はありませんが、最低限「大見出し」と「中見出し」には検索キーワードを入れるようにしましょう。

    「シンプルに」「分かりやすく」「短い文章で」書く

    見出しはそれぞれブログ全体の目次部分にもなるので、「シンプルに」「分かりやすく」「短い文章で」書くのが最適です。

    見出しは読者に「どんな内容の記事か」を簡潔に伝えるためのものなので、難しい言葉や余計な言葉は必要ありません。

    例えば先ほど例に出した本記事の検索キーワードを意識した見出しなら

    • 「ブログ 見出し 書き方」 ⇒ ブログ見出しの書き方
    • 「ブログ 本文 書き方」 ⇒ ブログ本文の書き方
    • 「ブログ 書き方」 ⇒ ブログの書き方

    というシンプルな感じでOKです。

    ラルク
    ラルク
    見出しを書くことの本質は、Googleなどの検索エンジンに検索されやすくするためのものなので、検索キーワード以外の余計な言葉は正直必要ありません。

    また本文の内容によっては見出しが多少長くなることもありますが、長すぎは禁物。普段本とかを読んでいても、長い目次なんて見ることないですからね。

    タイトルに合わせて書く

    タイトルに合わせて書くのも1つの書き方です。

    見出しを考える時間を短縮することにも繋がりますし、何より検索キーワードを意識した見出しを書くことができます。

    例えばブログのタイトルが、
    「【超重要】ブログタイトルの付け方のコツ15選【実例タイトル付き】」
    だったとしましょう。

    ここから見出しを考えると、書き方例は以下の通り。

    • ①「ブログタイトルの付け方や決め方が超重要な理由」
    • ②「ブログタイトルの付け方や決め方のコツ15選」

    タイトルをそのままマネすればいいだけなので、見出しを考える時間もなくなります。

    もちろん状況によって見出しを付け足す必要はありますが、タイトルには検索キーワードがすでに入っているのでそのままマネするだけでSEO対策にもなります。

    見出しを書くのに時間を書けるより記事を量産するほうがよっぽど大切なので、作業効率UPをしたい人はぜひお試しください。

    タイトルの書き方については、以下の記事にまとめているので一緒にチェックしてみてください。

    【超重要】ブログタイトルの付け方のコツ15選【実例タイトル付き】
    【超重要】ブログタイトルの付け方のコツ15選【実例タイトル付き】ブログタイトルの付け方が分からないという方はいませんか?本記事ではブログタイトルの書き方を、実例を用いて解説しています。ブログのタイトルを書くことに抵抗を持っている方はぜひ参考にしてみてください。...

    ブログ本文の書き方のコツ3つ

    ブログ本文の書き方のコツ3つ

    ここまでブログの見出し部分の書き方を紹介してきました。

    次は見出しの下に書いていく本文の書き方についてです。

    冒頭にも書きましたが、あらためてブログ本文の書き方をまとめると以下の通り。

    1. 見出しに合わせた記事を書く
    2. PREP法を使って書く
    3. 自分の経験を交えてわかりやすく書く

    上記の通り。
    順番に見ていきましょう。

    見出しに合わせた記事を書く

    本文を書いていく際には、必ず見出しに合わせた記事を書かなくてはいけません。

    なぜなら見出しの内容にそぐわない文章を本文に書くと、検索エンジンの評価が下がったり読者に違和感を与えてしまうきっかけになるからです。

    例えば、見出しが「ブログの始め方は簡単」という内容だったとしましょう。

    ここで本文の内容が「プログラミングで稼ぐ方法」について書いていたら、見出しと内容が合っていなくて違和感を感じてしまいますよね。

    ラルク
    ラルク
    少し例が極端ではありますが、要は「書く内容は両方合わせましょうね」というお話。

    検索エンジンが検索キーワードを意識するのは見出し部分が先なので、見出しに合わせた記事を書いていくのが本文では求められます。

    本文と見出しが合っているかの確認を必ずしよう

    ブログ始めたての場合、本文を書いていたらいつの間にか見出しの内容とずれてしまうことは多々あります。

    ラルク
    ラルク
    ブログを日々書いている僕でも、いまだに内容とずれてしまうことがあるほどです。

    ただブログを書いている時のあるあるに近い行動なので、必ず本文と見出しが合っているかの確認を最後にするクセをつけておきましょう。

    そうすることでミスのない本文を作っていくことができますよ。

    PREP法を使って書く

    PREP法とは、ブログ以外でも使える文章校正方法の1つです。

    分かりやすく言うと、読者に分かりやすい言葉で説明をする『文章テンプレート』でもあります。

    【PREP法の意味】

    • P=Point(結論)
    • R=Reason(理由)
    • E=Example(事例、具体例)
    • P=Point(結論を繰り返す)

    読みやすい文章を書いていくなら、覚えておくべき書き方ですね。

    書き方例

    本記事にて書いている文章を例に、PREP法の書き方を見ていきましょう。

    例は「見出しに合わせて記事を書く」という見出しの文章を例にします。

    P(結論):本文を書いていく際には、必ず見出しに合わせた記事を書かなくてはいけません。

    R(理由):なぜなら見出しの内容にそぐわない文章を本文に書くと、検索エンジンの評価が下がったり読者に違和感を与えてしまうきっかけになるからです。

    E(具体例):例えば、見出しが「ブログの始め方は簡単」という内容だったとしましょう。ここで本文の内容が「プログラミングで稼ぐ方法」について書いていたら、見出しと内容が合っていなくて違和感を感じてしまいますよね。

    P(結論):検索エンジンが検索キーワードを意識するのは見出し部分が先なので、見出しに合わせた記事を書いていくのが本文では求められます。

    ラルク
    ラルク
    先に結論をつけることで、何を伝えたいのかがすぐに分かりますね。

    さらに理由をつけ、具体例を出すことで信頼性を上げる文章になるのです。

    文章の書き方の基本でもあり、プレゼンなどにも使える技術なのでぜひ覚えてみてください。

    自分の経験を交えてユーザー目線で分かりやすく書く

    ブログを書くなら、自分の経験を交えつつもユーザー目線で分かりやすき記事を書かなくてはいけません。

    なぜなら経験を交えていくことで記事の信用度があがり、ユーザー目線で書いた記事のほうが上位表示にあがる可能性が高くなるからです。

    実際にGoogleが掲げる10の事実では、「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」と明言しています。

    1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

    Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

    引用先:Google が掲げる 10 の事実

    分かりやすく解釈すると、『ユーザー目線で記事を書くことで、検索順位もついてくるし読者もついてくる』という意味です。

    ブログ初心者が本文を書いていくときに忘れがちなのは、読者がいるということ。

    読者のことを考え、どんな内容の記事を書けば悩みを解決できるかを真剣に考えれば、自然と良記事が書けるはずですよ。

    まとめ:読まれるブログは見出しと本文の書き方で決まる

    読まれるブログは見出しと本文の書き方で決まる

    ここまでブログの見出しと本文の書き方を解説してきました。

    基本的な書き方の解説は以上でして、あとはブログをひたすら書いていくだけです。ただブログを書いていくにあたって、3つほどお伝えしたいことがあります。

    • ➀テクニックではなく基本を忠実に書こう
    • ②読者の悩みを解決するライティングを心がけよう
    • ③「量⇒質」を意識しよう

    順番に見ていきましょう。

    ➀テクニックではなく基本を忠実に書こう

    ブログには基本的な書き方があり、基本に合わせつつ内容を変えていくことで、自分らしい記事が完成します。

    ブログの書き方の基本とは本記事で解説した通りで、見出しの場合は以下の内容を守って書けば問題ありません。

    • 検索キーワードを入れて書く
    • 「シンプルに」「分かりやすく」「短い文章で」書く
    • タイトルに合わせて書く

    そして本文の場合は、以下の通りです。

    • 見出しに合わせた記事を書く
    • PREP法を使って書く
    • 自分の経験を交えてわかりやすく書く

    自分なりのストーリーを交えつつ、一工夫を入れていくことでオリジナリティあふれる見出しと本文を書いていくことができます。

    ②読者の悩みを解決するライティングを心がけよう

    僕は見出しや本文を書く時には、常に読者の悩みを解決できるように意識してブログを書いています。

    自分よがりなブログは、もはや日記です。

    自問自答をしながら、読者の悩みを解決できるようにしっかりと考えながら、ブログを書いていきましょう。

    ※日記とブログの違いが分からない方は、「ブログと日記の違い【結論:読者ファーストかどうかだけです】」にて解説しているのでチェックしてみてください。

    ③「量⇒質」を意識しよう

    ブログを書き始めると「量」か「質」かみたいな論争がありますが、僕の自論としては両方を意識すべきだと思っています。
    量をこなさなくては質を上げることはできないので、量から質を意識したブログ運営が大切です。

    数を意識しすぎるとキュレーションサイトのようになってしまい、誰でも書ける質のない記事になってしまいます。逆に質を意識しすぎると、サイトの評価が下がる恐れがあるのです。

    どちらにせよブログを日々書き続けないと両方を意識することはできないので、ブロガーを目指すなら「量⇒質」を意識できるまでブログを書き続けていきましょう。

    ラルク
    ラルク
    以上、ブログの書き方や覚えておくべきことは以上です。

    本サイトではタイトルや導入文、メタディスクリプションの書き方についてもまとめているので、一緒に書き方を知りたい方は参考にしてみてください。

    ABOUT ME
    堺 彬
    仮想通貨&NFTライター|作成記事数 500記事以上|検索順位1〜3位の記事を100記事以上作成|本サイトにて月間売上100万円を達成|月間300万PVの結婚メディアサイトにて、累計PV数47万PVを達成(2019年3月〜2022年5月)|クラウドファンディングの執筆代行を請け負い、関わったプロジェクトは達成率100%を継続中|お仕事は文字単価3円〜から受付中
    公式メルマガへの招待状

    「Webライターとして活動を始めたけど、なかなかお金が稼げない…。」

    「できれば家にいながら、ライティングのお仕事で月20万円〜30万円は稼ぎたい。」

    こんなお悩みをお持ちではありませんか?

    そこで今回、実際にWebライターとして活動している僕が、どうやって手取りで月30万円を稼げるようにまでなったのか。

    メルマガ内で発信をしていきます。

    メルマガ登録は簡単!

    以下のボタンをクリックし、必須事項をご入力いただき、「送信」ボタンをクリック(タップ)してください。

    送信後に、あなたのメールアドレスに、僕が月30万円を稼ぐまでにやってきた3つのポイントを共有していきます!

    DoCoMo、au、softbankのキャリアメール及びiCloudのメールアドレスは届かない可能性が非常に高い為、必ずGmailやプロバイダーが提供するPCで受信可能なメールアドレスをご入力ください。

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。